月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

2GB/月の高速通信を使える格安SIMを比較

スマートフォンの利用が少なめの方であっても、1GBじゃちょっと足りない…という声はそれなりにある模様だ。そういった方にとって2GBという容量は、多すぎず、少なすぎずのベストな量となりうることだろう

2GB/月のプランは数年前は主流であったが、多くの格安SIMが3GB/月に増量したために種類が減少した。とはいえ継続して提供しているところはあるので安心して欲しい。

nuroモバイル

新しくユニークなサービス。基本無料の「0 SIM」も!

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。1GBきざみのシンプルでわかりやすいプラン仕様の「nuroモバイル」がメイン。難しいことを考えずに使えるのは魅力。一定時間だけ無制限にデータ通信ができる「時間プラン」「深夜割」といったユニークなプランも用意されている。月に500MBまでなんと無料で使える「0 SIM」は登場した時、その斬新さで一躍話題となった。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
nuroモバイル データ 2GB700円2GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 2GB 1,400円2GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

nuroモバイルで一番データ容量の少ないプランがこの2GB/月。特にデータ専用SIMにおいては、その月額料金の安さでDMMモバイルを追い抜いた

SMSつきのプランも選択でき、月額料金はSMSなしに比べて150円プラスされる。

高速データ通信量も翌月に繰り越しが可能となり、使いやすさも向上しているが、基本的にはとてもシンプルなサービス。

ただし、直近3日間の通信量が規定値を超えると通信制限がかかる。その制限が結構きついようなので(情報によると200〜300MB/3日とのこと)、まとめて一気に使うのでは無く、なだらかに使う必要がありそうだ。

DMMモバイル

業界最安値水準に挑戦。機能も優れるイチオシのSIM!

DMMが提供するMVNOのモバイル通信サービス。MVNEがIIJであり機能的にもIIJmioによく似ている。低速通信時でも少しの間だけ高速通信になる「バースト機能」が強みの1つ。データSIM・通話SIMともに用意されており、データ容量に応じて細かく選べるプランはIIJmioを上回る豊富さがある。全プランで他社よりも安い月額料金に挑戦すると宣言し、業界を果敢に攻める格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
データSIMプラン 2GB770円~2GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 2GB 1,380円~2GB/月最大3枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

DMMモバイルの2GBプランは、データSIM・通話SIMともに他の容量のプランと同様、素晴らしい安さに設定されている

IIJmioがMVNEであり、データ容量を管理するための機能が充実しているところも良い。

DMMモバイルは1GB/月や3GB/月のプランもあり、プラン変更も可能となっている。そのため、スマホでネットを使う量が増えたり減ったりした時にもプラン切り替えで対応できるのもうれしい。

エキサイトモバイル

細かい段階制プラン。SIMカード3枚コースも充実!

ポータルサイトで有名なエキサイトが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。エキサイトは元々は米Excite Inc.の日本法人だったが、現在は伊藤忠商事の子会社となっている。エキサイトモバイルの良いところは、10段階以上にも細かく分けられた段階制プラン、そして1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるコースにある。データ容量を無駄なく利用したい方、複数の端末を所有する方にはもってこいの格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
定額プラン 1枚コース 2GB770円2GB/月1枚docomo
定額プラン 3枚コース 2GB1,450円2GB/月3枚~5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※SIM1枚につき月額700円で音声対応が可能

段階制プランもお得なExciteだが、この2GB/月のプランも月額料金は770円と「DMMモバイル」に並ぶ低価格

SIM3枚のコースも用意されているので、家族で使う方や、複数の端末を使う必要がある方にもおすすめ。この場合、2GBの容量は共有されることになる。

音声通話SIMも月額料金にプラス700円で利用が可能。高速通信のON/OFF切り替えが可能で、なおかつ高速データ通信量の翌月繰り越しができる点もGOOD。ただこちらも専用アプリはまだ無いので、設定などはWebサイトから行う必要がある。

イオンモバイル

プラン数と低価格で勝負する、イオンの格安SIM!

イオンリテールが販売するMVNOのモバイル通信サービス。少ない容量から超大容量まで、幅広いプランの選択肢があり、安さも素晴らしい。最大5枚までSIMカードを使えるシェアプランも用意されているので、ご家族での利用も◎。店舗でもネットでも申し込みが可能で、イオンの全国200店舗以上でアフターサービスが受けられる安心感もある。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声2GBプラン 1,380円2GB/月1枚docomo
データ2GBプラン780円2GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

音声SIMとデータSIMのどちらも、他社サービスに匹敵する安さで提供しているイオンモバイル。高速データ容量の翌月繰り越しにも対応している。

イオンモバイルには他にも多くのプランがあるので、2GB/月という容量で十分なのかそうでないのか、迷った時はイオンの店頭で相談してみるのも良いだろう。

hi-ho LTE typeD

3GB/月でSIM3枚を使えるプランが安い!

IIJグループに属する株式会社ハイホーが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。3GB/月でSIM3枚のプランや、より安い2GB/月のプランなどが用意されており、親会社のIIJにはない特徴を出している。データ容量の翌月繰り越しやバースト機能などにもばっちり対応。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
エントリー770円2GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※SIM1枚につき月額700円で音声対応が可能

「エントリー」プランが新たに登場。月額料金770円で2GB/月を利用でき、DMMモバイルと並んだ

IIJの子会社であり、回線もIIJから提供されているようだ。このhi-hoのSIMも高速通信のON/OFF切り替えが可能、翌月繰り越しも可能。

ただ専用アプリはまだリリースされておらず、高速通信のON/OFF切り替えや通信量の残量の確認などはブラウザからマイページにログインして行うようになっている。

プラン内容や機能の面では有名サービスにしっかり追従しているので、今後は使い勝手の面も向上すればより便利になりそう。