月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

5GB〜6GB/月の高速通信を使える格安SIMを比較

5GB〜6GB/月のプランは、格安SIMのデータ容量としては中位として扱われることが多い。3GB/月では足りないと思ったらこれらのプランを選ぼう。

最近はプラン変更ができる格安SIMも増えているから、まずは3GB/月でスタートしてみて様子を見て、その後で移行を検討してみるのも良いだろう。

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMのスクリーンショット

上位プランにメリット多し。堅実なサービス内容!

BIGLOBE SIM(BIGLOBE LTE・3G)は、KDDIグループとなったビッグローブが運営するMVNOのモバイル通信サービス。ロゴマークのキャラクター「びっぷる」がかわいい。プランは音声通話あり・なしでそれぞれ5~6種類から選ぶことができ、その中でもデータ容量が多めのプランにおいて多くのメリットが見られる。また通話サービスの「BIGLOBEでんわ」には選べる通話オプションが提供されており、こちらも魅力。明確なターゲットで堅実なサービスが持ち味だ。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
6ギガプラン(音声SIM) 2,150円~375Mbps6GB/月最大5枚docomo
6ギガプラン1,450円~375Mbps6GB/月最大5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「6ギガプラン」は、他社の5GB/月のプラン並みの料金で6GB/月を利用できる、お得なプラン

他社も次第にBIGLOBE SIMに追従しつつあるものの、まだリードを保っており、イチオシできる。

使い切れずに余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能。「シェアSIM」にも対応しており、データ容量を共有するSIMを最大4枚(合計で5枚)まで追加することができるのもポイント。

DMMモバイル

DMMモバイルのスクリーンショット

業界最安値水準に挑戦。機能も優れるイチオシのSIM!

DMMが提供するMVNOのモバイル通信サービス。MVNEがIIJであり機能的にもIIJmioによく似ている。低速通信時でも少しの間だけ高速通信になる「バースト機能」が強みの1つ。データSIM・通話SIMともに用意されており、データ容量に応じて細かく選べるプランはIIJmioを上回る豊富さがある。全プランで他社よりも安い月額料金に挑戦すると宣言し、業界を果敢に攻める格安SIMだ。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
データSIMプラン 5GB1,210円~300Mbps5GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 5GB 1,910円~300Mbps5GB/月最大3枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

データSIMプラン、通話SIMプランともに素晴らしい安さ。この5GB/月のプランはDMMモバイルのプランの中でも1GBあたりの料金が特に安く設定されているため、おすすめだ。

便利な機能も充実しており、「業界最安値水準に挑戦!」のスローガンで安さにもかなり気合が入っている。各種メディアでの露出も多く、ユーザー獲得に積極的。いろんな意味で熱い格安SIMだ。

またSIMフリー端末とのセット購入も可能。比較的性能の良いものからお手頃価格のものまでラインナップされているので、格安スマホデビューにも最適。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEのスクリーンショット

格安SIMの本命。OCNブランドの安心感!

NTTコミュニケーションズが提供する、MVNOの通信サービス。高いシェアを誇る有名プロバイダだけあって、この格安SIMも優れたサービスとなっている。プランは高速通信ができるものを含めた5種類から選ぶことができ、光サービスの「OCN 光」やIP電話の「050 plus」との組み合わせもGOOD。容量追加やSIMカード追加など、多くのオプションがあるのも魅力。今後さらに利用者が増えそうな、格安SIMの本命の1つだ

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
データ通信専用 6GB/月コース1,450円262.5Mbps6GB/月1枚~docomo
音声対応 6GB/月コース 2,150円262.5Mbps6GB/月1枚~docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

5GB/月から増量されて6GB/月のプランとなった。BIGLOBE並みの安さとなり、ナイス。

大手プロバイダの信頼性もあるし、高速データ通信の繰り越し機能やON/OFFスイッチなど、次々と機能追加が行われている。他社の便利な機能が登場すればしっかり追従してくる姿勢は素晴らしい。

最大5枚までのSIMカードで容量を共有できる「容量シェア」もGOOD。

楽天モバイル

楽天モバイルのスクリーンショット

音声もネットもお得に使える、楽天のSIMカード!

楽天が運営するMVNOのモバイル通信サービス。通話SIM・データSIMの両方があり、選べるプランはそれぞれ、高速通信容量なしで料金を抑えた「ベーシックプラン」を始めとした4種類。機能的にも有名プロバイダのサービスに比べて遜色無いレベルに仕上がっている。「楽天スーパーポイント」がもらえるなどお得なキャンペーンが充実しているのも魅力だ

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
データSIM(SMSなし) 5GBプラン1,450円262.5Mbps5GB/月1枚docomo
050データSIM(SMSあり) 5GBプラン1,570円262.5Mbps5GB/月1枚docomo
通話SIM 5GBプラン 2,150円262.5Mbps5GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

データSIM、通話SIMともに5GB/月のプランがあり、こちらもお得なサービス。

キャンペーンが魅力なのもポイントの1つ。セットで買える端末がお得な割引が行われたり、ショッピングで使える「楽天スーパーポイント」が大量にゲットできる特典が用意されている。楽天市場でよく買い物する方には特におすすめ。

IIJmio

IIJmioのスクリーンショット

優れたプランとサービス品質の高さで業界をリード!

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。読み方は「アイアイジェイ・ミオ」。音声通話機能のあるプランは「みおふぉん」という愛称で親しまれている。余ったデータ容量の翌月繰り越しやバースト転送機能など、かゆいところに手の届く機能をいち早く取り入れてきた。全プランが複数SIMに対応しているメリットもあるし、お得な2つの通話定額オプションも魅力的。柔軟性が持ち味の格安SIMだ。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
タイプD ライトスタートプラン1,520円~375Mbps6GB/月最大2枚docomo
タイプD ライトスタートプラン
(音声通話機能つき)
2,220円~375Mbps6GB/月最大2枚docomo
タイプA ライトスタートプラン1,520円~370Mbps6GB/月最大2枚au
タイプA ライトスタートプラン
(音声通話機能つき)
2,220円~370Mbps6GB/月最大2枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

元は5GB/月だった「ライトスタートプラン」が料金そのままに6GB/月に増量され、コストパフォーマンスが上がった。

SIMカードを最大2枚まで使えるのもポイント。

サービスの品質にもこだわりを持っており、ユーザーからの高い支持を得ている格安SIMである。この5GB/月のプランは、IIJmioで3種類あるデータ容量の中では中間のプランに位置づけられている。

DMMモバイルをはじめ多くのMVNOの回線提供元でもあるため、業界内でもいわば格上で信頼性は抜群だ。末永く利用するならこれを選んで間違いは無いだろう。

LINEモバイル

LINEモバイルのスクリーンショット

シンプルで実用的。LINEユーザーに最適の格安SIM!

LINEモバイル株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。LINEとの相性は抜群で、コミュニケーションアプリによる通信量がカウントフリーになるのが最大の特徴。LINEの年齢認証も可能で、ID検索も使えるようになる。月額500円から使えて安さも十分。格安SIM業界に新たな風が巻き起こりそうなサービスである。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
コミュニケーションフリープラン
5GB(データ+SMS)
1,640円不明5GB/月1枚docomo
コミュニケーションフリープラン
5GB(データ+SMS+音声通話)
2,220円不明5GB/月1枚docomo
MUSIC+プラン
5GB(データ+SMS)
2,140円不明5GB/月1枚docomo
MUSIC+プラン
5GB(データ+SMS+音声通話)
2,720円不明5GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「コミュニケーションフリープラン」は3GB/月、5GB/月、7GB/月、10GB/月の4種類があるので、5GB/月は容量の少ない方から2番目。

LINEに加えて、Twitter、Facebook、Instagramの多くの機能によるデータ通信がカウントフリーにより使い放題となっているぞ。月額料金も他社の5GB/月のプランと比べて100〜200円上がる程度

さらにLINE MUSICもカウントフリー対象となる「MUSIC+プラン」もある。

DTI SIM

DTI SIMのスクリーンショット

安さにこだわるMVNO。お得さではどこにも負けない!

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。他社にあるサービスを、少し遅れて料金を安くして提供開始してくることが多いが、時にはユニークなサービスをリリースしてくることも。主なプランは、シンプルな月次プランおよびデータ無制限プラン。通話定額が使えるオプション「でんわかけ放題」や、新規契約者向けに割引された「でんわ定額プラン」「半年お試しプラン」が用意されているところも特徴。お得なキャンペーンも要チェック。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
データプラン 5GB1,220円225Mbps5GB/月1枚docomo
音声プラン 5GB 1,920円225Mbps5GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

2015年9月に、業界トップクラスの安さをひっさげて新たに登場したDTI SIM。その後DMMモバイルに対抗されたものの、圧倒的な安さであることは変わらない。

他社サービスと違って、高速通信のON・OFF切り替え機能も無ければSIMカード追加も無い。それだけシンプルなサービスだけに、逆に言えば最もわかりやすいサービスの1つと言える。初めて格安SIMを使う方に良さそう。

U-mobile

U-mobileのスクリーンショット

各種プランに強みあり。中にはLTE使い放題のSIMも!

U-mobileは、USENから分離独立する形で誕生した株式会社U-NEXTが提供するMVNOの通信サービス。一般的な月次プランや二段階定額プランに加えて、無制限プランの「LTE使い放題」や、ワイモバイル回線を使った「U-mobile SUPER」、SoftBank回線を使った「U-mobile S」など、それぞれ仕様の異なるプランを次々とリリースしており、バリエーションで勝負する格安SIMとなっている

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
U-mobile 通話プラス 5GB 1,980円375Mbps5GB/月1枚docomo
U-mobile データ専用 5GB1,480円375Mbps5GB/月1枚docomo
U-mobile SUPER Talk M 2,980円
(1年間のみ)
112.5Mbps6GB/月
(2年間のみ)
1枚Y!mobile

※表は横スクロールしてご覧ください。

使い放題プランが人気のU-mobileだが、この5GB/月プランも格安だ。特に通話プランは月額1,980円であり2,000円を切っている

プランの変更に対応しているので、もし5GB/月では足りないと思ったら使い放題プランに移行することもできる。変更に手数料がかからないのもナイス。

逆に「使い放題プランを選んだが、思ったより利用が少なかった」という方であればこの5GB/月のプランに移行するのもありだ。

mineo

mineoのスクリーンショット

docomo・auのキャリアを選べるMVNO。機能も充実!

光回線の「eo光」などを展開している関西のプロバイダ、ケイ・オプティコムが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。docomo回線・au回線の両方のプランが用意されている。データ容量を家族で共有できる「パケットシェア」、誰とでもデータ容量を送り合える「パケットギフト」、それに「複数回線割」「家族割」など、機能的にもとても充実しているのもメリット。サービス内容で選ぶ価値のある格安SIMといえよう

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
ドコモプラン シングルタイプ 5GB1,580円225Mbps5GB/月1枚docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 5GB 2,280円225Mbps5GB/月1枚docomo
auプラン シングルタイプ 5GB1,580円225Mbps5GB/月1枚au
auプラン デュアルタイプ 5GB 2,190円225Mbps5GB/月1枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

マルチキャリアMVNOのSIM。安さはなかなかといったところ。ただauプランの月額料金は、SMSが標準でついていることを考えると他社のSIMに負けないコストパフォーマンス

余ったデータ容量を家族で共有できる「パケットシェア」も、この5GBのプランなら大きく生かすことができるだろう。最大5回線まで登録できるので、家族全員のスマホを登録してしまうのも良さそうだ。

FREETEL SIM

FREETEL SIMのスクリーンショット

圧倒的な安さのプラン。独自のSIMフリー端末も!

プラスワン・マーケティング株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。自社ブランドのSIMフリー端末を提供しているのが強みであり、ファンも多い。通信サービスは安さで勝負するタイプで、唯一のプランである「使った分だけ安心プラン」は月額料金299円から使えるという素晴らしい格安さ。段階制でもあり、データ容量を使った分だけ料金が上がる便利なシステムになっている。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
定額プラン データ専用 5GB1,520円225Mbps5GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 5GB 2,220円225Mbps5GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

5GB/月プランの月額料金はIIJmioと同じ

iPhone/iPad専用の「FREETEL SIM for iPhone/iPad」もあり、App Storeによるアプリのダウンロード時には通信量がカウントされないというメリットがある。高速データ容量や月額料金などの基本的なスペックは同様なので、iPhoneやiPadを使っている方はそちらを選ぶのが良いだろう。

nuroモバイル

nuroモバイルのスクリーンショット

新しくシンプルなサービス。基本無料の「0 SIM」も!

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。1GBきざみのわかりやすいプラン仕様の「nuroモバイル」がメイン。とにかく難しいことを考えずに使えるのは魅力。そして月に500MBまでなんと無料で使える「0 SIM」は登場した時、その斬新さで一躍話題となった。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
nuroモバイル データ 5GB1,300円375Mbps5GB/月1枚docomo
nuroモバイル データ 6GB1,500円375Mbps6GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 5GB 2,000円375Mbps5GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 6GB 2,200円375Mbps6GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

nuroモバイルも、DMMモバイルやDTI SIMに追従する安さ

データ容量の変更も月単位で行える。2GB〜10GBまで1GBきざみでプランが存在するので、足りないと思ったら7GB以上のプランに、余るなと思ったら4GB以下のプランに変更が可能だ。

b-mobile

b-mobileのスクリーンショット

MVNOの先駆け。SoftBank回線の格安SIMも登場!

日本におけるMVNOの先駆け、日本通信が提供するモバイル通信サービス。SoftBank回線の格安SIMの提供も実現し、業界に新たな1歩を刻んでいる。docomo回線の格安SIMでもユニークな五段階定額プラン、それに携帯電話(ガラケー)用のプランなど、さまざまなものが用意されている。プラン構成が変わることの多いサービスではあるが、常に試行錯誤を続けている証と言えるだろう。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
b-mobile おかわりSIM
5段階定額
500円~
1,500円
225Mbps1GB/月~
5GB/月
1枚docomo
b-mobile おかわりSIM
5段階定額 音声付
1,300円~
2,300円
225Mbps1GB/月~
5GB/月
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

月に1GBまで使ったときは月額500円、2GBまで使ったときは月額750円…と、まるで「おかわり」するように段階的に料金が決まり、最大である5GBまで使えば月額1,500円となる。5GBを超えて使う時は通信速度が200kbpsに下がり「フリーダイエット食」になる。

5GB使ったときの料金としては他社よりも一回り高いものの、あまり使わなかった月は料金を安く抑えることができる。それが段階定額プランの強みだ。