月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

バースト転送機能が使える格安SIMを比較

バースト転送機能はIIJmioが搭載して以来、その効果の高さからユーザーにかなり評判の高い機能だ。最近になって他の格安SIMでも対応するようになってきた。

この機能は、高速通信がOFFの状態でも、通信の最初の一定量だけは自動的に高速通信にしてくれるというもの。メールやTwitter、LINEチャット、テキストメインのWebサイトなどであれば、低速通信時でも十分快適に利用することができるようになるぞ。

IIJmio

優れたプランとサービス品質の高さで業界をリード!

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。読み方は「アイアイジェイ・ミオ」。音声通話機能のあるプランは「みおふぉん」という愛称で親しまれている。余ったデータ容量の翌月繰り越しやバースト転送機能など、かゆいところに手の届く機能をいち早く取り入れてきた。全プランが複数SIMに対応しているメリットもあるし、お得な2つの通話定額オプションも魅力的。柔軟性が持ち味の格安SIMだ。

バースト機能は、IIJmio系のSIMの大きな特徴だ。バンドルクーポンを使用しない時の最大通信速度は200kbpsに制限されるが、その状態でも最初の75KB分の通信には制限されることが無く、高速な通信ができる

過去のIIJmio meetingで、アプリごとにバースト機能適用時の通信速度の変化を計測した結果が公開されたり、バースト機能についての技術的な解説が行われたりもしているので、興味のある方はIIJmioの公式ブログ「てくろぐ」などを見てみよう。

DMMモバイル

業界最安値水準に挑戦。機能も優れるイチオシのSIM!

DMMが提供するMVNOのモバイル通信サービス。MVNEがIIJであり機能的にもIIJmioによく似ている。低速通信時でも少しの間だけ高速通信になる「バースト機能」が強みの1つ。データSIM・通話SIMともに用意されており、データ容量に応じて細かく選べるプランはIIJmioを上回る豊富さがある。全プランで他社よりも安い月額料金に挑戦すると宣言し、業界を果敢に攻める格安SIMだ。

DMMモバイルのMVNEはIIJ、つまりIIJの通信設備を使ったサービスと見られている。そのこともあってバースト機能についてもIIJmioと同様にサポートしている

少ないデータ容量のプランを契約して、(高速通信をこまめにOFFにしたりして)データ容量を節約しながら使うような方にはありがたい機能だろう。ある程度は快適にネットを利用できるはずだ。

エキサイトモバイル

細かい段階制プラン。SIMカード3枚コースも充実!

ポータルサイトで有名なエキサイトが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。エキサイトは元々は米Excite Inc.の日本法人だったが、現在は伊藤忠商事の子会社となっている。エキサイトモバイルの良いところは、10段階以上にも細かく分けられた段階制プラン、そして1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるコースにある。データ容量を無駄なく利用したい方、複数の端末を所有する方にはもってこいの格安SIMだ。

このエキサイトモバイルもMVNEはIIJと見られており、やはり同様にバースト機能を利用可能だ

複数枚のSIMを使う場合、メインで使うSIMは高速通信をONにして、そうでないSIMはOFFにする…といった運用もありうる。この機能により、OFFにしたSIMでもテキストメインの通信であれば十分にスムーズさを感じることができるだろう。

OCN モバイル ONE

格安SIMの本命。OCNブランドの安心感!

NTTコミュニケーションズが提供する、MVNOの通信サービス。高いシェアを誇る有名プロバイダだけあって、この格安SIMも優れたサービスとなっている。プランは高速通信ができるものを含めた5種類から選ぶことができ、光サービスの「OCN 光」やIP電話の「050 plus」との組み合わせもGOOD。容量追加やSIMカード追加など、多くのオプションがあるのも魅力。今後さらに利用者が増えそうな、格安SIMの本命の1つだ

業界シェアの高いOCN モバイル ONEにもバースト転送機能が追加され、ますます便利になった。

基本データ容量を使い切ってしまった時や、ターボOFF時(高速通信がOFFの時)でも、通信開始時の最初の150KB分は高速通信が行われる

バーストされる容量がIIJmioの2倍ある。データ量が少なめのWebサイトやSNSなどであれば短時間でロードすることができるだろう。

mineo

docomo・auのキャリアを選べるMVNO。機能も充実!

光回線の「eo光」などを展開している関西のプロバイダ、ケイ・オプティコムが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。docomo回線・au回線の両方のプランが用意されている。データ容量を家族で共有できる「パケットシェア」、誰とでもデータ容量を送り合える「パケットギフト」、それに「複数回線割」「家族割」など、機能的にもとても充実しているのもメリット。サービス内容で選ぶ価値のある格安SIMといえよう

mineoにもひっそりとバースト機能が搭載されている。これはmineoのオウンドメディア「マイネ王」の記事のコメント欄に公式アカウントがそのことを書き込んだことで明らかになった。そのため、ユーザーにはあまり知られていないものと思われる(公式サイトにもしっかり書いておけば良いのに)。

200kbpsに制限されている状態でも、最初の数秒間はその制限を受けずに通信が可能だ。

NifMo

付加サービスによる「おトクな仕組み」が魅力のSIM!

@niftyのニフティ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。通常の電話回線とIP電話の両方でかけ放題サービスを提供している点が面白い。付加サービスも充実しており、中でも専用アプリ経由でショッピングをすると毎月の料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」が非常に特徴的。老舗プロバイダによる安心も備えた格安SIMだ。

バースト機能により、通信開始後150KBまでは高速通信が可能だ

実効速度が結構速いと評判の高いNifMo。データ通信量が残っている時はもちろん、無くなってしまった後でも、なかなか快適な通信環境を得られることだろう。

楽天モバイル

音声もネットもお得に使える、楽天のSIMカード!

楽天が運営するMVNOのモバイル通信サービス。通話SIM・データSIMの両方があり、選べるプランはそれぞれ、高速通信容量なしで料金を抑えた「ベーシックプラン」を始めとした4種類。機能的にも有名プロバイダのサービスに比べて遜色無いレベルに仕上がっている。「楽天スーパーポイント」がもらえるなどお得なキャンペーンが充実しているのも魅力だ

楽天モバイルでは一部の方を除き、バースト転送機能を利用できる。APNが「rmobile.co」の方ならOKだ

通信開始時の75KBは高速な通信が可能となっている。バーストされる容量はIIJmioと同じだ。

しかしネット上の報告では、実効速度が芳しくないとの声が多くなってしまっている楽天モバイル。バースト転送機能があるとはいえ、快適さにつながるかどうかは微妙なところか。