月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

特定アプリのデータ通信量がカウントフリーになる格安SIMを比較

通常、スマートフォンやタブレットを使ってLTEでデータ通信を行えば、プランで既定(月間/日間)のデータ通信量を消費するわけだが、「カウントフリー」(ゼロレーティング)が採用されているSIMであれば、特定のアプリによるデータ通信が既定のデータ通信量を消費すること無く(カウントされること無く)利用することができる。

対象アプリは各社で異なる。データ通信量が多く、利用頻度の多いアプリがカウントフリーの対象になっていれば、それだけお得度は高いだろう。

逆に言えば、本当にお得であるかどうか判断するには、対象アプリによるデータ通信量がどれだけあって、カウントフリーによってどれだけ節約することができるのかをキチンと把握しておく必要があり、なかなか難しい。

以下に具体的に例を挙げて解説しつつ、比較してみた。

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMのスクリーンショット

上位プランにメリット多し。堅実なサービス内容!

BIGLOBE SIM(BIGLOBE LTE・3G)は、KDDIグループとなったビッグローブが運営するMVNOのモバイル通信サービス。ロゴマークのキャラクター「びっぷる」がかわいい。プランは音声通話あり・なしでそれぞれ5~6種類から選ぶことができ、その中でもデータ容量が多めのプランにおいて多くのメリットが見られる。また通話サービスの「BIGLOBEでんわ」には選べる通話オプションが提供されており、こちらも魅力。明確なターゲットで堅実なサービスが持ち味だ。

「6ギガプラン」以上のプラン限定で、オプションの「エンタメフリー・オプション」が利用できる。対象はYouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify。これらのアプリで動画や音楽を読み込んだときの通信量がカウントされなくなるぞ(Apple Musicはビデオ再生を除く)。

動画や音楽はデータ量の大きいコンテンツなので、これらがカウントフリーとなればその効果は高い。

音声通話SIMの場合は月額480円、データSIMの場合は月額980円のオプション料金はかかるが、対象アプリのコンテンツを思いっきり楽しみたい方におすすめだ。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEのスクリーンショット

格安SIMの本命。OCNブランドの安心感!

NTTコミュニケーションズが提供する、MVNOの通信サービス。高いシェアを誇る有名プロバイダだけあって、この格安SIMも優れたサービスとなっている。プランは高速通信ができるものを含めた5種類から選ぶことができ、光サービスの「OCN 光」やIP電話の「050 plus」との組み合わせもGOOD。容量追加やSIMカード追加など、多くのオプションがあるのも魅力。今後さらに利用者が増えそうな、格安SIMの本命の1つだ

OCN モバイル ONEはカウントフリー機能の先駆けだ。対象サービスはNTTコミュニケーションズが提供しているIP電話の「050 plus」、オンラインストレージの「マイポケット」、それにOCN モバイル ONEアプリで、これらのアプリによるデータ通信が月間のデータ通信量にカウントされない。

「050 plus」のデータ通信量は、毎日1時間通話したとして450MBほどである模様。仕事などで頻繁に利用する方なら少し気になる程度の量だろうか。

それよりも「マイポケット」の方がメリットが大きいだろう。大容量のファイルを送受信してもデータ通信量を気にしなくて良いというのはありがたい。

LINEモバイル

LINEモバイルのスクリーンショット

シンプルで実用的。LINEユーザーに最適の格安SIM!

LINEモバイル株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。LINEとの相性は抜群で、コミュニケーションアプリによる通信量がカウントフリーになるのが最大の特徴。LINEの年齢認証も可能で、ID検索も使えるようになる。月額500円から使えて安さも十分。格安SIM業界に新たな風が巻き起こりそうなサービスである。

カウントフリーはLINEモバイルの目玉機能。以下の対象アプリの通信量が(一部を除き)カウントされない。

「LINEフリープラン」ならLINE。

「コミュニケーションフリープラン」ならLINE、Twitter、Facebook、Instagram。

「MUSIC+プラン」ならLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC。

テキストメッセージの送受信はもちろん、画像や動画の送受信、LINEによる無料通話やビデオ通話も対象だ。特に動画・ビデオがカウントフリーになるのは大きいだろう。

TwitterやFacebookでも最近は、タイムラインに動画が流れてくることも一般的になってきた。通信量の節約のために、動画の自動ダウンロードを設定でOFFにしている方もいるとは思うが、このSIMの「コミュニケーションフリープラン」であればその必要もなくなるぞ。

FREETEL SIM

FREETEL SIMのスクリーンショット

圧倒的な安さのプラン。SIMフリー端末とのセットも!

SIMフリー端末で有名なプラスワン・マーケティング株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。安さで勝負するSIMサービスで、唯一のプランである「使った分だけ安心プラン」は月額料金299円から使えるという素晴らしい格安さ。段階制でもあり、データ容量を使った分だけ料金が上がる便利なシステムになっている。もちろん端末とのセット販売も行われており、「そろそろスマホにしてみようか」とお考えの方におすすめのサービスだ。

FREETEL SIMも「通信量0円サービス」としてカウントフリーサービスを実施中(プラン料金は元々定額制か段階制なのだが、FREETELはどうしても0円と言いたいらしい)。

まずはメッセンジャーアプリ。LINE、WhatsApp、WeChat(微信)の一部のデータ通信が月々のデータ通信量にカウントされない。対象データはテキストメッセージ、画像、スタンプとなっている。段階制の「使った分だけ安心プラン」であれば料金が上がるのをある程度防ぐことができるかも。

2つ目はポケモンGOただ「ポケモンGO」のデータ通信量は意外にも小さく、多くても1時間で10MBほどである。月に100時間プレイしたとしてもせいぜい1GB。ヘビーユーザーの方ならある程度はカウントフリーのメリットがあるかも知れないが、基本的にはそこまでメリットは大きくないと考えた方が良いだろう。どうしてもデータ通信量が気になる方は検討してみて欲しい。

最後はコミュニケーションアプリ。「定額プラン」の3GB以上のみだが、Twitter、Facebook、Messenger、Instagramの4つがカウントフリーの対象となる。

いずれもFREETEL SIMのすべての契約者が対象で、契約すれば自動的に適用されるのでその点は安心。

DTI SIM

DTI SIMのスクリーンショット

安さにこだわるMVNO。お得さではどこにも負けない!

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。他社にあるサービスを、少し遅れて料金を安くして提供開始してくることが多いが、時にはユニークなサービスをリリースしてくることも。主なプランは、シンプルな月次プランおよびデータ無制限プラン。通話定額が使えるオプション「でんわかけ放題」や、新規契約者向けに割引された「でんわ定額プラン」「半年お試しプラン」が用意されているところも特徴。お得なキャンペーンも要チェック。

DTIからは「DTI SIM ノーカウント」が予約受付中。このプランの特徴は特定のアプリのデータ通信量が1年間、既定の月間データ使用量に含まれないというもので、対象アプリはそう、「ポケモンGO」だ

「DTI SIM ノーカウント」は既存プランとは別のプランとなっているため、カウントフリーの恩恵を受けるためにはこのプランを契約する必要がある。

ちなみに既定の高速データ通信量は5GB/月で、月額料金は1,220円(データSIMの場合)。