月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

イオンモバイル

プラン数と低価格で勝負する、イオンの格安SIM!

イオンリテールが販売するMVNOのモバイル通信サービス。少ない容量から超大容量まで、幅広いプランの選択肢があり、安さも素晴らしい。最大5枚までSIMカードを使えるシェアプランも用意されているので、ご家族での利用も◎。店舗でもネットでも申し込みが可能で、イオンの全国200店舗以上でアフターサービスが受けられる安心感もある。

月額料金480円〜
回線docomo
キャンペーン開催中
4GB以上のプラン(タイプ1)を新規契約で、SIM代金(初期費用)が3,000円→1円に! (2017年11月8日まで)

イオンモバイルのプラン

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声500MBプラン 1,130円500MB/月1枚docomo
音声1GBプラン 1,280円1GB/月1枚docomo
音声2GBプラン 1,380円2GB/月1枚docomo
音声4GBプラン 1,580円4GB/月1枚docomo
音声6GBプラン 1,980円6GB/月1枚docomo
音声8GBプラン 2,680円8GB/月1枚docomo
音声12GBプラン 3,280円12GB/月1枚docomo
音声20GBプラン 4,680円20GB/月1枚docomo
音声30GBプラン 6,080円30GB/月1枚docomo
音声40GBプラン 7,980円40GB/月1枚docomo
音声50GBプラン 10,800円50GB/月1枚docomo
データ1GBプラン480円1GB/月1枚docomo
データ2GBプラン780円2GB/月1枚docomo
データ4GBプラン980円4GB/月1枚docomo
データ6GBプラン1,480円6GB/月1枚docomo
データ8GBプラン1,980円8GB/月1枚docomo
データ12GBプラン2,680円12GB/月1枚docomo
データ20GBプラン3,980円20GB/月1枚docomo
データ30GBプラン5,380円30GB/月1枚docomo
データ40GBプラン7,480円40GB/月1枚docomo
データ50GBプラン10,300円50GB/月1枚docomo
シェア音声4GBプラン 1,780円~4GB/月最大5枚docomo
シェア音声6GBプラン 2,280円~6GB/月最大5枚docomo
シェア音声8GBプラン 2,980円~8GB/月最大5枚docomo
シェア音声12GBプラン 3,580円~12GB/月最大5枚docomo
シェア音声20GBプラン 4,980円~20GB/月最大5枚docomo
シェア音声30GBプラン 6,380円~30GB/月最大5枚docomo
シェア音声40GBプラン 8,280円~40GB/月最大5枚docomo
シェア音声50GBプラン 11,100円~50GB/月最大5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※端末とセット購入も可能

初期費用

新規契約手数料:3,000円

SMSオプション

タイプ1:月額基本料金:140円

通信制限

タイプ1:

  • 高速データ通信時は通信制限なし
  • 低速データ通信時(200kbps)は、3日間の通信量が合計366MBを超えた場合、通信速度が制限される場合あり

タイプ2:

  • 通信制限なし

イオンモバイルのおすすめポイント

  • 小容量から大容量まで、幅広く用意されたプラン。
  • 最大5枚まで使える「シェア音声プラン」。
  • 「10分かけ放題」や、IP電話による「050かけ放題」も。
  • 店舗でのサポートが受けられる。

イオンモバイルの気をつけたいポイント

  • 専用アプリは無い。
  • 「シェア音声プラン」はネットで申し込みはできない。

イオンモバイルの特徴、他社との比較

たくさんの中から選べるプラン!

プラン表の縦の長さから見てわかる通り、プランの数がとても多いイオンモバイル。大きく分けると「音声SIMプラン」「データSIMプラン」「シェア音声プラン」の3種類となっている。

「音声SIMプラン」はデータ容量が500MB/月から50GB/月までの11種類。「データSIMプラン」は1GB/月から50GB/月までの10種類。そして「シェア音声プラン」は4GB/月から50GB/月までの8種類だ。

イオンモバイルも安さで勝負する格安SIMの1つ。比較しやすい1GB/月や2GB/月のプランで見れば、DMM mobileなど同じく安さをウリにする他社のサービスとほとんど変わらないレベルであることが分かる。もちろん他のプランも申し分ない。

3GB/月や7GB/月のプランが見当たらないが、おそらく大手他社サービスとぶつからないように避けたことによるものだろう。

余ったデータ容量の翌月繰り越しや、高速通信のON/OFF切り替えにも対応している。ただ専用アプリは用意されておらず、データ残量の確認や高速通信のON/OFF切り替えはブラウザからマイページを開いて行う。

データ容量をシェアできるプランも!

「シェア音声プラン」は最大5枚までSIMカードを使えて、データ容量も共有できるプラン。標準で1枚の音声SIMを利用でき、データSIMや音声SIMを4枚まで追加できる。

音声SIMを追加する場合は音声通話付帯料として1枚につき月額料金700円が別途必要となる。また、データSIM・音声SIMともに4枚目以降(つまり3枚目以降の追加)は、SIM利用料として1枚につき月額料金200円が加算される。

プランのデータ容量は4GB/月からとなっている。通常の「音声SIMプラン」と比べて月額料金が200円〜300円ほど高くなっているのは、シェア料金といったところか。それでも他社のシェアプランと料金的には大差なく、1人あたりで考えればとてもお得にSIMを利用することができるぞ。

なお「シェア音声プラン」はネットでは申し込みできず、商品即日お渡しを行っているイオンの店舗に限られている。

データSIMはタイプを選択可能

データSIMは「タイプ1」と「タイプ2」があり、契約時に選択することができる。回線提供元がそれぞれ違うらしく、仕様も若干異なっている。

タイプ1:

  • 初月データ通信容量:日割りあり
  • 低速時(200kbps)通信制限:3日間366MB
  • 高速容量追加購入:1GB480円、回数上限なし

タイプ2:

  • 初月データ通信容量:日割りなし
  • 低速時(200kbps)通信制限:なし
  • 高速容量追加購入:1GB480円、月6回まで

細かい部分ではあるが、低速時の通信制限が無いタイプ2の方が使い勝手が良さそう。

なお音声SIMは「タイプ1」のみとなっている。

オプションも数多く用意!

イオンでんわ 10分かけ放題」は、1回10分以内の国内通話であれば、何度でもかけ放題になるオプション。月額料金は850円。

「050かけ放題」は、050から始まるIP電話の電話番号がもらえて、しかもIP電話による国内通話が何回でも何時間でもかけ放題となるオプション。通話アプリはNTTコミュニケーションズの「050IP電話」を用いる。オプション月額料金は1,500円かかるが、電話を頻繁にかける方、IP電話で十分だと言う方にはおすすめ。

1GB=480円のデータ容量追加や、サポートおよびセキュリティのオプション「イオンスマホ安心保証」「イオンスマホ電話サポート」「イオンスマホセキュリティ」もある。

店頭でのサポートを受けられる!

イオンモバイルは、全国のイオン200店舗以上で販売およびサポートを行っている。契約の際には基本的な説明はもちろん、最適な料金プランを選ぶ相談にも乗ってくれるし、契約後に端末が壊れてしまった場合の故障修理や、料金プランの変更なども受け付けている。

誰もが知っているイオンだからこその強みである。携帯をネットでは無くお店で契約することに慣れている方は特に、気軽に利用することができるに違いない。

イオンモバイルの評判・評価

2014年に発表された当初のイオンスマホは通信速度が遅くて料金も割高で、第一印象のかなり悪かったサービスであったが、それからプランも新しくなり、大きく変わったイオンモバイルにはその頃の面影はもう見られない。

通信大手のように業界をリードすることは無いが、普通にお得に使える格安SIM、といった感じだ。

魅力は、コストパフォーマンスが高いこと、そしてイオンブランドであること。イオンならではの特典は今のところ店頭サポートぐらいしか無いが、もし将来的に追加されれば魅力はもっと上昇しそうだ。

キャンペーン開催中
4GB以上のプラン(タイプ1)を新規契約で、SIM代金(初期費用)が3,000円→1円に! (2017年11月8日まで)

おすすめ度:★★★★