月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

DTI SIM

安さにこだわるMVNO。お得さではどこにも負けない!

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。他社にあるサービスを、少し遅れて料金を安くして提供開始してくることが多いが、時にはユニークなサービスをリリースしてくることも。主なプランは、シンプルな月次プランおよびデータ無制限プラン。通話定額が使えるオプション「でんわかけ放題」や、新規契約者向けに割引された「でんわ定額プラン」「半年お試しプラン」が用意されているところも特徴。お得なキャンペーンも要チェック。

月額料金600円〜
回線docomo
音声通話プランあり

DTI SIMのプラン

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
データプラン 1GB600円1GB/月1枚docomo
データプラン 3GB840円3GB/月1枚docomo
データプラン 5GB1,220円5GB/月1枚docomo
データプラン 10GB2,100円10GB/月1枚docomo
データプラン 15GB3,600円15GB/月1枚docomo
データプラン 20GB4,850円20GB/月1枚docomo
データプラン ネットつかい放題2,200円無制限1枚docomo
音声プラン 1GB 1,200円1GB/月1枚docomo
音声プラン 3GB 1,490円3GB/月1枚docomo
音声プラン 5GB 1,920円5GB/月1枚docomo
音声プラン 10GB 2,800円10GB/月1枚docomo
音声プラン 15GB 4,300円15GB/月1枚docomo
音声プラン 20GB 5,550円20GB/月1枚docomo
音声プラン ネットつかい放題 2,900円無制限1枚docomo
でんわ定額プラン 2,270円
最初の半年間は1,480円
3GB/月1枚docomo
半年お試しプラン840円
最初の半年間は0円
3GB/月1枚docomo
DTI 見放題プラン2,430円7GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

初期費用

登録手数料:3,000円
SIM発行手数料:394円

SMSオプション

月額基本料金:150円

通信制限

直近3日間の通信量(上り・下り合計)が以下を超えた場合、通信速度が制限される場合あり

  • 1GBプラン:700MB
  • 2GBプラン〜15GBプラン:2GB
  • 20GBプラン:2.5GB
  • ネットつかい放題、DTI見放題プラン:他の利用者の平均利用容量を著しく超える場合

DTI SIMのおすすめポイント

  • 月額料金が非常に安い。
  • データ容量を気にせず使える「ネットつかい放題」プラン。
  • 通話定額オプション「でんわかけ放題」。

DTI SIMの気をつけたいポイント

  • プランごとに特徴が異なり、やや複雑。

DTI SIMの特徴、他社との比較

月次プランは安くてシンプル!

1GB/月〜20GB/月まである6種類の月次データ容量プランは、機能的に非常にシンプル。ついている機能と言えば、余ったデータ容量の翌月繰り越しのほか、容量チャージや留守番電話、キャッチホンといったいくつかのオプションのみである。

そんなプランなだけあって、月額料金の安さは群を抜いている。どのプランを見ても、同じく安さをウリとしているDMMモバイルと比べても肩を並べるレベルの低料金である。特に3GB/月以上のプランの安さは業界でもトップクラスだ。お財布に優しくてナイス。

大手キャリアにしてもMVNOの格安SIMにしても、スマートフォンの料金体系やサービス内容には何かとわかりづらいところがあるものだが、その中においてDTI SIMは最もわかりやすいものの1つと言えるだろう。

通信制限がかかりそうになったら、アラートしてくれる!

連続する3日間において、1GB/月のプランなら合計700MB、2GB/月〜15GB/月のプランなら合計2GB、20GB/月のプランなら合計2.5GBを超えてデータ通信を使用すると通信制限がかかる場合がある。

ところでDTI SIMには、通信制限がかかる前にアラートメールを送信してくれる親切な機能がある。連続する2日間において規定値の7割を超えたときに送信されるようになっているので、通信制限がかかりそうになったら1日前に知らせてくれるというわけだ。

これまで他の格安SIMを使っていて、うっかり制限にひっかかってしまうことが多かった方は、このSIMに乗り換えてみると良いかも知れない。安心して使うことができるようになりそうだ。

容量チャージも安く使える!

データ容量が足りなくなったときは「容量チャージ機能」を利用することができる。これを使えば料金を支払うことでデータ容量を追加することが可能だ。追加容量および料金は、500MBで380円、1GBで600円となっている。手続きはDTIのマイページ(MyDTI)から行える。

チャージ料金は他社に比べて安い方である(例えばOCN モバイル ONEは、1GBあたり1,000円)。必要になったら、必要なぶんだけ追加して利用しよう。

データ無制限の「ネットつかい放題」が登場!

「ネットつかい放題」プランは、ぷららやU-mobileなどに続く、データ通信の無制限プランとして登場。

料金的にも、ぷららやU-mobileをしのぐ安さでGOOD。動画を観たりネットゲームでいっぱい遊んだりする方に適している。

なお公式サイトの「注意事項」によると、他のユーザーの平均利用容量を著しく超えるときは速度が一時的に遅くなる場合があるとのこと。そのため完全に無制限というわけでは無い。ちなみに制限時の通信速度は200kbps以下。制限は毎日0:00に解除されるようになっている。

難点なのは、他のユーザーの平均利用容量というのがどれくらいなのか、多いのか少ないのかが読みづらいこと。度を超えた利用はしないように気をつけたい。

通話定額のオプション「でんわかけ放題」も魅力!

音声プランを使うならこのオプションも検討しよう。月額780円のこのオプションに加入しておけば、1回につき5分以内の国内通話であれば定額で何回でもかけることができる(固定電話、携帯電話、IP電話、PHSが対象)。

通話時間が5分を過ぎた後は30秒あたり20円の通話料がかかる。

専用のアプリケーションなども特に必要無く、加入した後は通常通り電話をかけるだけで自動的に適用してくれるので楽ちん。このあたりはDTI SIMのシンプルさが良く現れていると言えるだろう。

半年間お得に使える、新規向けのプランも!

「でんわ定額プラン」と「半年お試しプラン」は、DTI SIMを初めて使う方向けのプランで、最初の半年間は月額料金が非常に安くなっている(「半年お試しプラン」なら0円!)のが特徴だ。

「でんわ定額プラン」は3GB/月の音声SIMと「でんわかけ放題」がセットになったプランで、「半年お試しプラン」は3GB/月のデータSIMとなっている。

ただし1つデメリットがあり、最初の半年間は余った高速データ通信量の翌月繰り越しができない。

プラン内容およびそのデメリットを考慮した上であれば、通常のプランよりもこちらを選んで問題無いだろう。お得度は高く、通常のプランに比べて4,000円以上は浮く計算になるぞ。新規に契約を考えている方はぜひ検討してみよう。

特定アプリの通信量をカウントしない「DTI SIM ノーカウント」も。まずは「ポケモンGO」に対応

「ポケモンGO」が大人気となった2016年、DTIから「DTI SIM ノーカウント」というサービスが発表された。特定のアプリによる通信が1年間、月々のデータ通信量としてカウントされなくなるというもので、対象アプリはその「ポケモンGO」となっている。

一見、お得なサービスに思える。しかし実際は「ポケモンGO」の通信量は、見た目に反して微々たるものである(多くても1時間で10MB程度)。そのため、これがノーカウントになったとしてもそのメリットは限りなく小さいものであると言える。「ポケモンGO」にハマっている方であっても、早々に飛びつく必要は無いと考えられる。

このSIMの提供開始が発表されたときは、ニュースサイトでも大きく取り上げられた。ポケモンGOの人気にうまく乗った形であり、どちらかというとおそらくマーケティング色の強いサービスなのだろう。

なんとYouTubeが見放題「DTI 見放題プラン」!

「DTI 見放題プラン」も上述のものと同じく、ノーカウントの機能を持つSIMだ。しかもその対象アプリは、なんとYouTubeとTwitterである。

YouTubeの方は、公式のアプリやサイトでのページ表示および動画再生、Twitterの方は公式のアプリやサイトでのタイムライン表示やツイート、検索などが対象となっている。非公式のアプリを使った場合は対象外となるので注意しよう。またYouTubeで動画を再生した際には、自動的に画質が360p程度(640×360)に抑えられる。スマートフォンで視聴するぶんにはそこまで見づらくなることは無いだろうが、気になる方は一応覚えておいた方が良い。

データ専用SIM(またはルーターセット)のみで、音声対応SIMが無いのがちょっと残念。月間データ容量は7GB/月。月額料金は2,430円で、他社の7GB/月と比べると500円程度高くなっているが、なんといってもYouTubeの動画再生がカウントフリーとなるのはパワフル。通勤・通学中などによく動画を観る方におすすめだ。

ポイントサイト用のポイントがもらえる!

DTI SIMの契約と同時にポイントサイト「スマイルモール」に入会し、そのショップを1カ月以内に利用すれば、「スマイルモール」で使えるポイント500円分をゲットすることができる

「スマイルモール」は、DTIと同じくフリービットグループに属する株式会社フォーイットが運営しているサイト。ポイントサイト経由で商品を購入したり、開催されているアンケートに答えたりするとポイントをゲットすることができ、そのポイントは現金やギフトカードに交換することができる。

ポイントサイトでお小遣い稼ぎしている方は、特に主婦の方を中心に多いことと思う。この特典は、ポイントサイトを使ったことがある方はもちろんうれしいものであるし、使ったことが無い方にとっても始めるきっかけに良さそうだ。家事の合間にハマるかも。

DTI SIMの評判・評価

非常にお得なキャンペーンが開催されたり、「でんわ定額プラン」「半年お試しプラン」のように割安なプランが登場したりすることがあるDTI SIM。

安いだけあって、実効速度についてはそれなりであるとの評判。大手他社に比べると一回り遅いことは覚悟しておく必要がありそうだ。そのこともあってか、多くのユーザーはメインでは無くサブのSIMとして契約している模様。確かにサブとして使うのであればこれで十分といった場合もあることだろう。

とはいえ「お試し期間が終わったら解約する」という声もちらほら。今後は、どれだけのユーザーをつなぎ止めておくことができるかで明暗が決まってくるだろう。

DTI SIMの当初のサービス内容は極めてシンプルでわかりやすかったのだが、最近になって機能もネーミングもバラバラなプランが増えてきており、シンプルさが損なわれつつあるのも残念なところ。

おすすめ度:★★★

DTI SIM 半年間無料キャンペーン