月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

もしもシークス

世界のHAPPYを目指す、SIM業界のチャレンジャー!

2013年10月に設立されたエックスモバイル株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。無料通話分を含むプランをMVNOとして国内で初めて提供。またSIMと合わせて、独自のルートで調達したというiPhoneを販売しており、そのことでネットユーザーを驚かせたことも。毎月の通信料金の1%を途上国に寄付する活動も行っている。

月額料金380円〜
回線docomo
音声通話プランあり

もしもシークスのプラン

月額のプラン

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声プラン 980円~0.5GB/月~1枚docomo
データプラン380円~0.5GB/月~1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※データ容量や通話プランを追加可能(後述)

※端末とセット購入も可能

初期費用

新規事務手数料:5,000円

SMSオプション

月額基本料金:200円

通信制限

なし

もしもシークスのおすすめポイント

  • 2つのかけ放題プランが魅力。
  • iPhoneやBlackBerryをセット販売。
  • 通信料金の1%が途上国に寄付される。

もしもシークスの気をつけたいポイント

  • コロコロ変わるプラン。
  • 初期費用がやや高い。
  • 運営会社は小さなベンチャー企業。

もしもシークスの特徴、他社との比較

MVNO初の通話定額プラン!

2016年4月に2回目のプラン大幅リニューアル。基本プランとオプションを組み合わせて自分に合った形を作れるように生まれ変わった

基本プランとしては、月額980円で音声通話が可能な「音声プラン」と、月額380円でデータ通信のみの「データプラン」の2つがある。どちらもデータ容量は標準で500MB/月が利用できる。

それに加えて、データ容量追加や通話定額などをオプションのように組み合わせることができる。

データ容量は、月額料金に600円をプラスすることで1GB/月を追加できる。同様に1,200円プラスで3GB/月、1,800円で5GB/月、2,400円で7GB/月、3,000円で10GB/月を追加することが可能。また3,600円を追加で「使い放題」にすることもでき、これならどれだけデータ通信を行っても定額で済むぞ。

通話定額は「かけたい放題ライト」と「かけたい放題フル」の2種類から選べる。「かけたい放題ライト」は月額料金に850円プラスで、5分以内の通話であれば何度かけても定額になる(5分を超えた場合は30秒あたり19.9円の通話料がかかる)。1日に1〜2回程度、ちょっとした連絡を取るといった使い方に向いている。

そして「かけたい放題フル」はより強力で、月額料金に1,800円プラスで通話時間・回数ともに基本的に無制限となる。仕事などで頻繁に電話をかける方におすすめだ。

ただし不正利用防止のために、連続して1日50回以上通話をした場合や、連続して60分以上同一の相手先に連続してかけた場合などは利用が停止される場合がある。そのため厳密に言えば無制限とは言えない。電話をたくさんかける時には時々間を開けたり、長電話になりそうな時は少し休憩を挟むなどして、この条件に引っかからないように気をつける必要がある。

その他、対象の国・地域に10分以内の電話を月に300回までかけられる「地球放題」も用意されている。月額料金にプラス980円で利用が可能。

なお、もしもシークスは、初期費用(登録事務手数料)が5,000円となっている。他社で一般的な3,000円に比べるとやや高い点には注意しよう。

iPhoneやBlackBerryとのセット販売も!

セットで買える端末にもこだわりを持っている、もしもシークス。その目玉はなんとiPhoneだ。

これはAppleから直接仕入れたものではなく、運営会社が独自のルートで調達したアウトレット品(いわゆる白ロム)であるとのこと。なおSIMフリー版ではなくdocomo版で、SIMロックがかかっている。

定価よりも大きく割引販売されているので、SIMロックに抵抗がなければ、Apple StoreでSIMフリー版のiPhoneを買うよりもお得に入手できる。

新しいiPhoneをMVNOの格安SIMで使うことを検討されている方は、一度チェックしてみるのも良いだろう。

それに加えて、BlackBerry Classicの販売も9月からスタートする。これまでは海外からの輸入品を購入するしかなかったこの端末だが、日本で初めてもしもシークスから販売開始されることになる。やはり運営会社が独自のルートで調達したもので、こちらは新品であるとのことだ。あのハードウェアキーボードやトラックパッドを愛して止まない方に。

寄付活動に貢献も。世界をHAPPYに。

もしもシークスでは、毎月の通信料金の1%を途上国に寄付する活動が行われている

その用途は「通信の普及支援」。いくつかのNPO法人と協力して、東南アジアの国々において、電話機とアンテナを設置して通話できるようにしたり、学校にインターネット環境を整備したり、識字能力の育成のために絵本を寄付したりといった支援が行われる。

マレーシアに滞在した経験のある社長の思いがこの活動につながっているようだ。

もしもシークスの評判・評価

通話定額のあるプランは国内のMVNOとしてはもしもシークスが初登場であった。それに端末を独自のルートで仕入れたりと、ベンチャーならではの挑戦的な試みがよく話題になるサービスである。大手メディアにも取り上げられたことで知名度が上がった。集客にも積極的で、ネットだけではなく、実店舗や代理店による営業も行われている。

大手のサービスとは趣が異なるこの格安SIM、興味のある方は人柱になってみてはいかがだろうか。

運営会社のエックスモバイルは、もしもシークスを唯一の事業としている会社。この社長である木野氏は、過去にさまざまな失敗をしたり、いろいろな国に行って多くの経験をしてきた人物であるとのこと。現在のエックスモバイルは社員数もまだ少ない小さな会社だが、このサービスが軌道に乗るのか、この会社が成長するのかどうか、注視していきたい。

おすすめ度:★★★