月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

nuroモバイル

新しくユニークなサービス。基本無料の「0 SIM」も!

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。1GBきざみのシンプルでわかりやすいプラン仕様の「nuroモバイル」がメイン。難しいことを考えずに使えるのは魅力。一定時間だけ無制限にデータ通信ができる「時間プラン」「深夜割」といったユニークなプランも用意されている。月に500MBまでなんと無料で使える「0 SIM」は登場した時、その斬新さで一躍話題となった。

月額料金0円~
回線docomo
音声通話プランあり

nuroモバイルのプラン

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
nuroモバイル データ 2GB700円2GB/月1枚docomo
nuroモバイル データ 3GB900円3GB/月1枚docomo
nuroモバイル データ 4GB1,100円4GB/月1枚docomo
nuroモバイル データ 5GB1,300円5GB/月1枚docomo
nuroモバイル データ 6GB1,500円6GB/月1枚docomo
nuroモバイル データ 7GB1,700円7GB/月1枚docomo
nuroモバイル データ 8GB1,900円8GB/月1枚docomo
nuroモバイル データ 9GB2,100円9GB/月1枚docomo
nuroモバイル データ 10GB2,300円10GB/月1枚docomo
nuroモバイル データ 時間プラン 5時間/日2,500円無制限
(毎日5時間まで)
1枚docomo
nuroモバイル データ 時間プラン 深夜割1,500円無制限
(AM1時~6時まで)
1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 2GB 1,400円2GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 3GB 1,600円3GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 4GB 1,800円4GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 5GB 2,000円5GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 6GB 2,200円6GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 7GB 2,400円7GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 8GB 2,600円8GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 9GB 2,800円9GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 10GB 3,000円10GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 時間プラン 5時間/日 3,200円無制限
(毎日5時間まで)
1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 時間プラン 深夜割 2,200円無制限
(AM1時~6時まで)
1枚docomo
0 SIM データ専用プラン0円~
1,600円
500MB/月~
5GB/月
1枚docomo
0 SIM データ+音声プラン 700円~
2,300円
500MB/月~
5GB/月
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※端末とセットで購入も可能

初期費用

契約事務手数料:3,000円

SMSオプション

月額基本料金:150円

通信制限

  • nuroモバイル:当日を含む3日間の合計データ通信量が、規定値を超えた場合当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合あり(規定値は具体的な記載なし)
  • 0 SIM:無し

nuroモバイルのおすすめポイント

  • シンプルでわかりやすい「nuroモバイル」。料金も格安。
  • データ容量は翌月繰り越しに加えて、翌月から前借りすることも可能。
  • 「時間プラン」なら、毎日5時間だけ無制限にデータ通信。
  • 午前1時~6時まで無制限にデータ通信できる「深夜割」も登場。
  • 毎月500MBまでなんと無料で使える「0 SIM」も。

nuroモバイルの気をつけたいポイント

  • 直近3日間の通信制限が厳しいとの情報あり。
  • 「0 SIM」は長期間未使用だと自動解約されるなど、扱いにややクセがある。

nuroモバイルの特徴、他社との比較

わかりやすさが素晴らしい、nuroモバイル!

光回線サービスの「nuro」のブランド名を使って新たに登場したnuroモバイル。以前のSo-netモバイルサービスにはPLAY SIMやLTE SIM+などのサービスがあり、仕様もバラバラで複雑だったが、それらが大胆に整理されて、シンプルなサービスに生まれ変わった。

2GB/月から10GB/月まで、1GBきざみでデータ容量を選択することができる。同時に月額料金の方も200円きざみとなっており、非常にわかりやすい(どうせなら1GB/月もあれば、もっと良かったと思うが…)。

月額料金は他社のプランと比較しても、特にデータ容量の少ないプランで安さが光っている。業界最安値水準に挑戦しているあのDMMモバイルと比べても安さで上回るプランがあるぐらいだ。

使い勝手も向上している。以前は対応していなかったデータ容量の翌月繰り越しにもnuroモバイルでやっと対応したためだ。

他社にあるような多機能なサービスはどうしてもわかりにくくなってしまうし、不要な機能も一緒に付いてきてしまって扱いに困ることもあるだろう。nuroモバイルはそういったことから解放してくれる。

翌月分から「データ前借り」できる!

2017年8月より「データ前借り」機能が使えるようになった。これは「翌月繰り越し」の逆バージョンとも言える機能で、高速データ通信量が足りなくなった時に、最大2GBまで翌月から前借りすることができる

普通は高速データ通信量が無くなった場合は、追加料金を支払ってデータ容量を追加するか、または翌月まで我慢するしか無いのだが、「データ前借り」を使えば追加料金がかかることもなく、快適さを取り戻すことができるぞ。

前借りということで当然、翌月に使える高速データ通信量は少なくなるので、どうしても高速通信が必要なピンチの時にだけ利用するなど、計画性をもって利用するのが良いだろう。

nuroモバイルならではの「時間プラン」!

「時間プラン」は他社には無いユニークなプラン。高速データ通信を利用できる時間が1日あたり5時間までと決められている

時間のカウントの仕組みは、一定量のデータ通信が発生し始めると自動でカウントが開始され、通信が終わるとカウントも停止する、といった感じだ。つまり毎日、累計で5時間まで高速データ通信を使うことができる。なお5時間を過ぎた場合は通信速度200kbpsの低速通信となる。

時間オーバーになるまではどれだけの量のデータ通信を行っても大丈夫なので、動画を観たりアプリをダウンロードしたりと、自由にネットを使うことができるぞ。5時間というのは結構長いもので、ほとんど無制限と同じような感覚で使うことができそう。

ただ、月額料金は他社の既存の無制限プラン(U-mobile等)とそれほど差が無いため、料金だけで見ると、時間制限がある分だけnuroモバイルの方が若干不利に見えてしまう。さらにユーザーの声によると回線の混雑ぶりも他社と大差ない模様。これでは時間の縛りというデメリットだけが目立ち、それに見合ったメリットがあまり見られないプランになってしまっている。

「nuro」のブランド名を冠しているのだから、実効速度の面でもう少し頑張ってくれれば人気が上がってくるかも知れない。今後に期待。

夜中限定でデータ通信が使い放題の「深夜割」!

「深夜割」と名前がついているが、割引制度では無くプランの名前。これもユニークなプランで、午前1時から6時まで、つまり深夜~早朝のみ、無制限に高速データ通信を利用することができる(対象の時間以外は200kbpsの低速通信になる)。

90年代にダイアルアップ接続でよく使われていた「テレホーダイ」を彷彿とさせるプランだ。もっとも「テレホーダイ」は午後11時から午前8時までだったので、それと比べると使える時間が短く、開始時間も遅いが。

そもそも深夜や早朝の時間帯であれば家でネットを使う方が多いだろう。それなら固定回線(光など)で事足りるはずである。ではこの「深夜割」を選ぶのに適した人はどんな人かと考えると、例えば夜中に出歩いてスマホでライブ配信を行うような、夜行性の方にはぴったりかも知れない。

キャラクターの「シムねこ」にも注目!

nuroモバイルのマスコットキャラクターは「シムねこ」。金に汚い「オヤビン」やこしぎんちゃくの「シタッパ」、そして「アタシ」「ママ」「トウチャン」「ニイサン」「しゃかもと」「きみどりのレスラー」、さらに神様の「シムガミさま」がいて、性格はそれぞれ個性的。

データ容量ごとにシムねこ1人が割り当てられている。どれぐらいのデータ容量を選ぼうか迷った時は、気に入ったシムねこで選ぶという手も?

直近3日間の通信制限は厳しめとなっている模様

nuroモバイルの公式サイトには、直近3日間の通信量が規定値を超えると通信制限がかかる、と書かれているものの、具体的にどれだけ使ったら制限がかかるのかまでは公開されていない。

ネット上の情報によると、他の格安SIMに比べて制限が厳しいようで、2GBプランの場合、直近3日間で200〜300MBほどを使用すると通信制限がかかってしまう模様

3日間ごとに200MBずつ使ったとして、ようやく30日間(約1ヶ月間)で2GBとなるので、逆に言えば月に2GBを使い切るためには、通信制限がかかる手前まで常に使い続けなければならないということになる。

他社の格安SIMでは通信制限が無いか、あるいはあっても2〜3倍は余裕があるものがほとんど。nuroモバイルの通信制限にももう少し余裕が欲しいところである。

通話料半額や、かけ放題オプションが利用可能!

「nuroモバイルでんわ」は通話料金を半額(10円/30秒)にできるサービス。「楽天でんわ」に代表されるような、他社にあるサービスと同等のものだ。国内通話および一部の国・地域への国際通話が対象。

iOSの場合は専用アプリを使って発信すればOK。Androidの場合は専用アプリはバックグラウンドで動作するようになっており、起動した状態であれば標準の電話アプリから発信することで自動的に通話料金を半額にしてくれるので、これまで使ってきた電話アプリから移行すること無く使えて便利。

通話定額の「10分かけ放題オプション」もある。月額料金は800円。最近多くの格安SIMで対応するようになったかけ放題を、このnuroモバイルもバッチリ利用できる。

パケットギフトでデータ通信量を贈り合える!

「家族や友人の高速データ通信量が無くなりそう」そんな時にはパケットギフトで自分の通信量をプレゼントしよう。nuroモバイルの月次プラン(2GB〜10GB)を使っている人同士であれば誰にでもギフトを贈ることができる

1MB単位(下限は10MB)で、何度でも贈ることができるので、必要な時にその都度細かく受け渡しが可能だ。

翌月繰り越しされたパケット、ユーザーがチャージしたパケット、ギフトで受け取ったパケットはギフト対象外となっている。つまり基本的には当月初めに自分に付与されたパケットが対象、と考えておけば良いだろう。

なんと月500MBまで無料の「0 SIM」!

「0 SIM」は、毎月500MBまで基本料金が無料(データSIMの場合)という驚きのSIMだ。最初は雑誌の付録として登場したものだが、好評だったためか普通に販売されるようになった。1人1回線まで申し込みができる。

月のデータ通信料が500MB以上になると、月額料金が2GBまでは100MBあたり100円ずつ増加していき、2GBになると1,600円になる。そこから5GBまでは1,600円のまま。5GBを超えると速度制限がかかるようになる。二段階定額と従量制を組み合わせたような独特の料金体系である。

SMSをつける場合は150円、音声SIMにする場合は700円のプラスとなる。

データSIM、またはSMSつきSIMには最低利用期間は無いが、1つ注意点があり、3ヶ月間データ通信を使わなかった場合、自動的に契約が解除されてしまう。そのため、SIMによる通信をほとんど使わない方であっても、契約を維持するためには定期的に少しはデータ通信を行っておく必要がある。

一方、音声SIMには12ヶ月間の最低利用期間があり、この期間内に解約すると違約金がかかるので気をつけたい。

「0 SIM」の安さは非常に魅力的ではあるが、このように他のSIMには無いクセが若干見られるので、スマホに不慣れな方には少々不向きと言える。自分がどれだけデータ通信を利用しているのかキッチリ把握できる方なら使いこなせるだろう。

また、「0 SIM」の契約者のところには、同社の光回線サービス「nuro 光」などの勧誘電話がかかって来るようだ。こういった電話がうっとうしいと感じる方は注意。

nuroモバイルの評判・評価

格安SIMとしては後発のnuroモバイル。現在は「時間プラン」や「深夜割」、「データ前借り」など、ニッチな路線を取っている。ユーザーからの反応は、それなりといったところか。

月次のプラン(2GB/月~10GB/月)は機能的に非常にシンプルで、使いやすさはある。多機能化が進むSIM業界の中にあって、難しいことを考えずに使える貴重なSIMだ。しかし直近3日間の制限がキツイのは大きなデメリットであり、ネットの掲示板でもこのことを不満点として挙げる声が多い。さらに規定値の情報が公開されていないために不信感も漂ってしまっており、早急な改善が求められている。

こういった状況ゆえに、運営会社が大手な割にはユーザー数は少なめ。

「0 SIM」の方はその斬新さとあって、登場してからネット上でよく話題になっている。主にガジェット関係に詳しい人からの注目度が高い模様。ただ実効速度はせいぜい数100Kbpsと遅めなようで、基本無料なだけのことはある。たまにしか使わないサブの端末に刺すなど、用途を絞ればそれなりに役立つだろう。

おすすめ度:★★★★