月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

Y!mobile

Y!mobileのスクリーンショット

通話無料サービスが特徴。キャンペーンも充実!

Y!mobile(ワイモバイル)は、イーモバイルとウィルコムが合併し、ヤフーと業務提携して誕生。現在はソフトバンク株式会社が運営している通信サービスである。SIMはその1つで、特に通話無料サービスが他社のSIMに無い大きなメリットとなっている。料金体系が少々ややこしいのがネックだが、キャンペーンや割引制度が充実していて、それを考慮すればコストパフォーマンスにも優れている。

月額料金2,980円~
回線Y!mobile
音声通話プランあり
キャンペーン開催中
音声SIMをMNPで契約すると、スマホプランSで10,000円、スマホプランM/Lなら20,000円キャッシュバック!

Y!mobileのプラン

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数
スマホプランS 2,980円~112.5Mbps1GB/月最大3枚
スマホプランM 3,980円~112.5Mbps3GB/月最大3枚
スマホプランL 5,980円112.5Mbps7GB/月最大3枚
データSIMプラン
(Yahoo!携帯ショップ限定)
980円112.5Mbps1GB/月1枚

※表は横スクロールしてご覧ください。

※スマホプランの月額料金は「スマホプラン割引」適用後のもの
※端末とのセット購入も可能

初期費用

契約事務手数料:3,000円

SMSオプション

標準で提供

通信制限

大量のデータ通信、または長時間接続をともなうパケット通信(動画閲覧、高画質画像閲覧、長時間接続を伴うサイト、アプリなど)をご利用の際、通信速度の制御や各種ファイルの最適化を行う場合あり

Y!mobileのおすすめポイント

  • 通話無料サービスがついている。
  • 「シェアプラン」なら、複数SIMでデータ容量を共有可能。
  • Yahoo!Japanとの連携サービスが魅力。
  • キャンペーンがたくさん。
  • 他社の格安SIMよりは速度が速いと評判。

Y!mobileの気をつけたいポイント

  • 他のSIMに比べて基本料金が多くかかる。
  • 料金体系がややわかりづらい。
  • 「スマホプランS/M/L」は2年間の契約期間あり。
  • 通信の最適化が行われる場合あり。

Y!mobile SIMの特徴、他社との比較

音声通話が使い放題!

Y!mobileの音声SIMプラン「スマホプラン」の一番の特徴が通話無料サービス。1回あたり10分以内の国内通話を、月に300回まで無料でかけることができる

最近は格安SIMでもかけ放題サービスが広がってきているが、Y!mobileはかなり早くからこのサービスを行ってきた。現在でも他社のかけ放題サービスに比べて通話時間・通話回数ともに多く、通話の頻度が多い方にとっては非常に嬉しい内容だろう。

さらにオプションの「スーパーだれとでも定額」も追加すれば、通話時間・通話回数ともに無制限となる。オプション料金は月額1,000円。

3種類のプランと「スマホプラン割引」

プランは「スマホプランS/M/L」の3つ。それぞれの違いは高速データ通信量で、それぞれ1GB・3GB・7GBとなっている(通信方式はAXGPおよびLTEに対応)。

最も安い「スマホプランS」は月額基本料金2,980円。通話無料サービスがついてこの料金なので、なかなかにお得感を感じられることだろう。

ただし、表に書いた月額料金は「スマホプラン割引」適用後のものであることに気をつける必要がある。

「スマホプラン割引」とは、加入月から25ヶ月間、基本料金を1,000円割引するものである。その期間を過ぎると割引が無くなってしまうことを必ず頭に入れておこう。

またその割引は、ソフトバンクモバイル、またはディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクからMNP転入した方には適用されない。docomoやauからの転入者が優遇された形となっており、ソフトバンクユーザーには少々残念なシステムと言える。

最低利用期間は2年間で、解約の申し出が無い限り自動更新される。

データ容量を分け合える「シェアプラン」!

データ通信の容量を複数のSIMカードでシェアできる「シェアプラン」も用意されている。SIMカードを新たに2枚まで「子回線」として追加できる

これを利用する場合は追加料金が必要になるが、現在は「シェアプランセット割」による割引があり、適用後の追加料金は「スマホプランS」では月額+980円、「スマホプランM」では月額+490円、「スマホプランL」なら追加料金は不要となっている。データ通信容量の多いプランであるほどメリットが生かせる仕組みだ。

子回線のSIMカードではあいにく音声通話はできず、データ通信専用となるが、手持ちのタブレットや余ったSIMフリーのスマートフォンなどに刺せば有効活用できるだろう。

Yahoo! Japanとの連携が強み!

おなじみのポータルサイト「Yahoo! Japan」との連携サービスもY!mobileの特徴だ。

Y!mobileのマイルを貯めることで、無料で高速データ通信量の追加ができるようになる「パケットマイレージ」のサービスがユニーク。マイルを貯める方法には、Y!mobileのスマホからYahoo! Japanにアクセスする等がある。

また、毎月500円分のパケット料金や、Yahoo!の各種サービスが便利に使える「Yahoo! プレミアム」などがパックになった「Enjoyパック」も用意されている。月額500円。Yahoo!のサービスをより楽しく使うことができそうだ。

これらについてもキャンペーンが行われることがあり、獲得マイルが増加したり「Enjoyパック」が一定期間無料になったりすることがある。キャンペーン情報は見逃さないようにしたい。

データ通信のみでお得な「データSIMプラン」!

「データSIMプラン」も用意されている。その名の通りデータ通信専用でデータ容量は1GB/月。音声通話には非対応。現在はYahoo!携帯ショップの限定販売だ。

月額料金は980円だが、キャンペーンでさらに安くなることも。SMSも標準で利用することができる。最低利用期間も「データSIMプラン」には無いので安心。

利用するには、まずはYahoo!携帯ショップで「ワイモバイルSIMスターターキット」を購入しよう。するとSIMカードが送られてくるとともに契約手続きのためのURLがパッケージに記載されているので、あとはその指示に従ってプランを契約すればOK。

Y!mobileの評判・評価

やはり最大の魅力は通話無料サービス。月額2,980円からというガラケー並みの料金にもかかわらず、スマートフォンで通話し放題というのが魅力。

元々通話メインでガラケーを使っていたのを、スマホに乗り換えてみたが月額料金が膨らんでしまい負担が大きくなった…、そういった方こそY!mobileへの乗り換えがおすすめだ。

また他のSIMには見られない「家族割引」も好評なようで、1人または家族で複数の端末を使用している方に選ばれているようだ。

ただ、料金体系が複雑なこと(大手携帯電話会社よりはマシだが…)、それに加えて「スマホプラン割引」には不公平感があり、ここを惜しむ声がネット上に見られる。契約の際には公式サイトをきっちりチェックするようにしよう。

データ通信の実効速度に関しては、料金の割にかなり健闘している模様。

Y!mobileはSoftBankや旧イー・アクセスのネットワークを用いて通信を行っており、これらは他キャリア(docomo・au)に比べると電波の入りが良くないと言われている(特にSoftBankの方は、ICT総研によるつながりやすさの満足度調査でもau・docomoを下回る結果となっていた)。

しかし他社の格安SIMと比べれば話は別。ユーザー数が増えて回線が混雑しがちなdocomo・au系の格安SIMと比較すれば、Y!mobileは速い速度が出ていると評判だ

ネット上での報告によれば、他社の格安SIMがどの時間帯でも数Mbps程度にとどまっている中、Y!mobileは10Mbpsを超えるという計測結果も。格安SIMに乗り換えることで速度が落ちるのではないかと不安な方には、Y!mobileは一考の価値ありだ。

キャンペーン開催中
音声SIMをMNPで契約すると、スマホプランSで10,000円、スマホプランM/Lなら20,000円キャッシュバック!

おすすめ度:★★★