月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

段階定額プランの格安SIMを比較

段階定額プランとは、1ヶ月に使ったデータ容量に応じて段階的かつ自動的に料金が上がっていく仕組みを持ったプランである。基本的な二段階定額から、多いものでは五段階定額、あるいはそれ以上のものまで、いろいろなパターンが見られる。

月ごとに使うデータ容量にバラつきが大きい方にはぴったりだ。利用が少なかった時は料金を低く抑えることができるし、利用が多かった月はその分だけ料金を支払えば良い。わざわざプランを変更したり、追加チャージを行う手間も無くなるぞ。

最近になってこのプランを採用する格安SIMが増えてきているため、注目度が高まりつつある。

エキサイトモバイル

細かい段階制プラン。SIMカード3枚コースも充実!

ポータルサイトで有名なエキサイトが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。エキサイトは元々は米Excite Inc.の日本法人だったが、現在は伊藤忠商事の子会社となっている。エキサイトモバイルの良いところは、10段階以上にも細かく分けられた段階制プラン、そして1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるコースにある。データ容量を無駄なく利用したい方、複数の端末を所有する方にはもってこいの格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
最適料金プラン 1枚コース500円~
2,380円
0MB/月~
10GB/月
1枚docomo
最適料金プラン 3枚コース1,050円~
3,980円
100MB/月~
15GB/月
3枚~5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※SIM1枚につき月額700円で音声対応が可能

エキサイトモバイルの段階制プランは「最適料金プラン」。SIMカード1枚の「1枚コース」と、SIMカードを3枚(「追加SIM」オプションを使えば最大5枚まで)使える「3枚コース」から選べる。

「1枚コース」の場合の月額料金は、低速通信のみなら500円、高速通信を使った場合は500MB/月までが630円、1GB/月までが660円。以降、1GB増えるごとに770円→880円→1,150円→1,450円→1,600円→1,900円→2.120円→2,200円→2,380円と増加する(上限は10GB/月まで)。全部で12段階だ。

「3枚コース」の場合は、高速通信が100MB/月までが1,050円、500MB/月までが1,100円、1GB/月までが1,180円。以降、1GB増えるごとに1,340円→1,550円→1,780円→1,890円→1,950円→2,100円→2,190円→2,380円→2,540円→2,830円→3,100円→3,450円→3,790円→3,980円と増加する(上限は15GB/月まで)。全部で17段階にもなる。

月額料金にSIM1枚あたりプラス700円で音声通話対応も可能。

スタート時の料金はFREETELなどに劣るものの、段階が細かい点、複数SIMを使える点は魅力

U-mobile

各種プランに強みあり。中にはLTE使い放題のSIMも!

U-mobileは、USENから分離独立する形で誕生した株式会社U-NEXTが提供するMVNOの通信サービス。一般的な月次プランや二段階定額プランに加えて、無制限プランの「LTE使い放題」や、大容量の「U-mobile MAX 25GB」、SoftBank回線を使った「U-mobile S」など、それぞれ仕様の異なるプランを次々とリリースしており、バリエーションで勝負する格安SIMとなっている

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
U-mobile 通話プラス ダブルフィックス 1,480円~
1,780円
1GB/月~
3GB/月
1枚docomo
U-mobile データ専用 ダブルフィックス680円~
900円
1GB/月~
3GB/月
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「ダブルフィックス」はU-mobileが登場した時から存在するプランで、その後何回かのプラン改定を経て現在の形になった。データSIMだけでなく音声SIMも選択が可能だ。

月額料金は、データSIMなら1GBまでは660円、1GBを超えたら3GBまでが900円となる。音声SIMなら1GBまでが1,480円、3GBまでが1,780円。いずれも3GBを超えたら通信速度が200kbpsに制限される。

1GBまでの料金では他社に抜かれたものの、3GBまでの料金で比べれば十分にお得で、現在主流になりつつある他社の3GB/月プランと比較してもほぼ同等である。

b-mobile

MVNOの先駆け。SoftBank回線の格安SIMも登場!

日本におけるMVNOの先駆け、日本通信が提供するモバイル通信サービス。SoftBank回線の格安SIMの提供も実現し、業界に新たな1歩を刻んでいる。docomo回線の格安SIMでもユニークな五段階定額プラン、それに携帯電話(ガラケー)用のプランなど、さまざまなものが用意されている。プラン構成が変わることの多いサービスではあるが、常に試行錯誤を続けている証と言えるだろう。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
b-mobile S スマホ電話SIM 2,450円~
3,850円
1GB/月~
5GB/月
1枚SoftBank
b-mobile おかわりSIM
5段階定額
500円~
1,500円
1GB/月~
5GB/月
1枚docomo
b-mobile おかわりSIM
5段階定額 音声付
1,300円~
2,300円
1GB/月~
5GB/月
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

まずdocomo回線の方は「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」。その月額料金は、データSIMなら月に1GBまでが500円、2GBまでが750円、3GBまでが1,000円、4GBまでが1,250円、5GBまでが1,500円。音声SIMならそれに800円がプラスされる。

スタートの月額料金が特に安くてGOOD。もちろん他の段階においてもかなりのお得度があり、その料金はFREETEL SIMに劣らない。データ容量の増加幅も1GBきざみでわかりやすく、料金の上がり幅も比較的少なめとなっている。

SoftBank回線の「b-mobile S スマホ電話SIM」もある。音声SIMであり、その月額料金は月に1GBまでが2,450円、2GBまでが2,800円、3GBまでが3,150円、4GBまでが3,500円、5GBまでが3,850円。

FREETEL SIM

圧倒的な安さのプラン。独自のSIMフリー端末も!

プラスワン・マーケティング株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。自社ブランドのSIMフリー端末を提供しているのが強みであり、ファンも多い。通信サービスは安さで勝負するタイプで、唯一のプランである「使った分だけ安心プラン」は月額料金299円から使えるという素晴らしい格安さ。段階制でもあり、データ容量を使った分だけ料金が上がる便利なシステムになっている。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
使った分だけ安心プラン データ専用299円~
4,870円
100MB/月~
20GB/月
1枚docomo
使った分だけ安心プラン 音声通話付 999円~
5,570円
100MB/月~
20GB/月
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

業界トップクラスの格安プランを打ち出してきたfreetel mobile。

月額料金は8段階あり、データ専用のSIMの場合は、月に100MBまでが299円、1GBまでが499円、3GBまでが900円、5GBまでが1,520円、8GBまでが2,140円、10GBまでが2,470円、15GBまでが3,680円、20GBまでが4,870円となっている。音声通話付のSIMの場合はこれに700円がプラスされる感じだ。なお月に20GBを超えて利用すると、通信速度が200kbpsに下がる。

データ容量の段階の幅がやや変則的ではあるが、どの段階においてもお得度はかなりのもの。特にスタート時の月額299円(データ専用の場合)という料金は驚異的。

段階定額プランを検討している方だけでなく、月々の利用が少ない方にとってもおすすめできるプランだ。

ぷららモバイルLTE

定額無制限プランが強み。プロバイダの信頼性も高い!

NTTぷららが提供するMVNOの通信サービス。2種類の定額プランと、定額無制限プラン、二段階定額プランという計4種類の構成で、特に「定額無制限プラン」は登場した時から大人気。それ以外にも、セキュリティ機能が無料で利用できるほか、「ひかりTVエントリープラン」が追加料金なしで楽しむことができるのがメリット。ネットを楽しむのに適した格安SIMだ。信頼性も高い。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
二段階定額プラン269円~
2,362円
30.5MB/月
100MB/日
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「二段階定額プラン」は、1ヶ月に30.5MBまで(GBでは無くMBなので注意)なら月額269円と非常に安い料金で利用することができる。ただし、それを超えた場合は月額2,362円にふくれあがる。かなり極端なプラン。高速データ通信は1日あたり100MBまでとなっている。

端末をほとんど自宅に置いてあり、たまに外に持ち出してメールするだけ、といった利用であれば、月額269円の範囲でおそらく大丈夫だろう。外出先でうっかり使いすぎてしまわないように気をつける必要がある。心配な方は他社の安いプランを選んだ方が無難かも知れない。

@モバイルくん。

3G使い放題プランにオートチャージ等、個性が光るSIM!

SORAシム株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。親しみやすいネーミングが良い。オートチャージの機能を持った段階制の「もっと使ったぶ〜んだけプラン」や、無制限で3Gによるデータ通信ができ、旧世代の通信方式ながらそこそこの速度を出すことができる「3G使い放題プラン」など、特徴的なプランが光る格安SIMである

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
もっと使ったぶ~んだけプラン 1,200円~500MB/月~1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「もっと使ったぶ〜んだけプラン」はオートチャージの機能を持っており、段階定額プランの感覚で利用できる。

スタートがわずか月額1,200円で、音声通話SIMとしてはトップクラスの格安さ。データ容量はオートチャージにより、500MB使うごとに1,700円→2,200円→2,600円→3,000円→3,300円→3,600円…と増えていく。

徐々に上がり幅が小さくなっていくのがポイントではあるが、エキサイトモバイル等と比べるとあいにく割高なのは否めない。

オートチャージの上限はユーザーが設定することができ、最小の0MBから最大で20GBまで指定が可能。また、上限をちゃんと設定しておけば、後になって「うっかり使いすぎて料金がふくれあがってしまった」といった事態は起こらなくて済み、その点は安心だ。

まだまだあります

ファンダムSIM

段階制プランを採用。リミッターで使いすぎの心配も無し!

アイストリーム株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。b-mobileの「おかわりSIM」に似た料金体系を持つ。月額料金は、1ヶ月に500MBまでなら498円、1GBまでが598円、1.5GBまでが685円…と増えていき、5GBまでが1,580円。ここまでが段階制で、その後は100MBあたり160円の従量制となる。「使いすぎ防止リミッター」の機能を使えば想定以上の料金になることを未然に防げて安心。利用料の一部をNPO団体などに寄付できる仕組みもあり。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
ファンダムSIM498円~
(段階制+従量制)
無制限1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。