月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

ahamo(アハモ)のポイントと評判・評価

※2021年3月にサービス開始予定です。先行エントリー受付中。

破格のプランをひっさげて、巨人がついに動き出す!?

2021年3月にサービス開始が予定されているdocomoの料金プラン「ahamo」。20GB/月の1種類だけだが、その安さはなんとMVNOの格安SIM以上であり、発表直後から大きな話題に。さらに5分かけ放題や低速時最大1Mbpsといった特徴も兼ね備えている。docomoのみならず業界全体の変化の兆しを感じさせるプランだ。

月額料金2,980円
回線docomo
5G対応

ahamoの料金

プラン

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
ahamo
(2021年3月に開始予定)
2,980円20GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

初期費用

新規契約事務手数料:無料

SMS

標準で使用可能

かけ放題

1回あたり5分以内の国内通話無料(標準で利用可能)
月額1,000円の国内通話かけ放題オプションあり

通信制限

不明

ahamoのおすすめポイント

  • 楽天モバイル並みの料金の安さ。
  • 5分かけ放題が標準でついている。無制限かけ放題オプションもあり。
  • 各種手数料が無料。
  • 契約期間の縛り無し。
  • 海外82の国々・地域でも追加料金無しで利用可能。

ahamoの気をつけたいポイント

  • プランは1つだけ。
  • 3G通信は不可。
  • キャリアメールは利用できない。
  • 申し込みはオンラインのみ。
  • docomoからでもプラン変更はできず、MNP転入手続きが必要(2021年4月まで)。

ahamoの特徴、他社との比較

なんといってもダントツの安さ! スペックも他社サブブランド級!

docomo曰く、ahamoは「ニューノーマル時代を切り開いていくデジタルネイティブ世代にフィットした料金プラン」。

早速、主なスペックを、最近発表された他社サブブランドや既存の格安SIMと比較してみよう。

プラン名月額料金高速データ
通信量
データ容量の
翌月繰り越し
容量超過後の
最大通信速度
かけ放題
ahamo2,980円20GB/月不明1Mbps5分かけ放題付き
Y!mobile シンプル204,480円20GB/月たぶん×1Mbps10分かけ放題付き
UQ mobile スマホプランV3,980円20GB/月たぶん○1Mbpsオプション
楽天モバイル UN-LIMIT V2,980円無制限
(楽天回線)
無制限
(Rakuten Link)
OCN モバイル ONE
20GB/月コース(音声通話付き)
4,400円20GB/月200kbpsオプション
FUJI WiFi SIMプラン 20ギガ
(通常コース)
2,100円20GB/月×128kbpsなし
(音声通話不可)

(2020年12月8日時点)

月額料金の安さは、こうやって比べてみるとはっきりと分かる。サブブランドのY!mobileやUQ mobile、さらにMVNOのOCN モバイル ONEよりも、多少スペックが違うとはいえ一回り以上の安さであることには驚きだ。新規参入を果たした楽天モバイルとは同額で勝負に出ている。

SoftBankの再販型SIMであるFUJI WiFi SIMプランとも月額料金で並ぶレベル。ahamoの月額料金は、ちょうどFUJI WiFiに音声通話付帯料(700円前後)がついたぐらいの水準と言える。

高速データ通信量の翌月繰り越しがahamoでも可能かどうかは、あいにく現時点では情報が見つからなかった。あると無いのではかなり使い勝手が変わる機能なので、これは搭載して欲しいところだ。

なおahamoの通信は、4G・5Gには対応しているが3Gには対応していない。人口の少ない地域など4G・5Gの対応がまだのエリアではつながらない可能性があるので注意しよう。

低速通信時でも最大1Mbps!

20GB/月の高速データ通信量を使い切った後の低速通信時でも、最大1Mbpsで通信ができるようになっている。この仕様はY!mobileやUQ mobileの上位プラン、そして楽天モバイル(パートナー回線)と同じで、横並びである。

MVNOの格安SIMで低速通信時に最大1Mbpsが出るものは確か無かったと思うので、MVNOに対しては良い差別化になっている。

便利な5分かけ放題!

5分以内の国内通話であれば何度かけても無料になる、いわゆる5分かけ放題も標準搭載。

Y!mobileの10分かけ放題と比べるとやや短いが、携帯電話による1回あたりの通話時間の全国平均は2分39秒だそうだから(総務省、2018年1月)、大抵の用件であれば5分で十分足りるだろう。

最近はLINEのトークの方をよく使うという方も多いだろうが、LINEでは伝えにくい内容をスムーズに伝えたい時など、電話はまだまだ現役。何より、極めて安い月額料金でありながら5分かけ放題までついているという、コストパフォーマンスの高さが素晴らしい。

国内通話が無制限にかけ放題になるオプションも月額1,000円で提供されるとのこと。これはY!mobileの「スーパーだれとでも定額」と同じ仕様で、料金も同じ。このオプション込みでも月額3,980円で済むので、仕事などで大量に通話をする方にもahamoは適している。

各種手数料が無料!

ahamoは新規契約事務手数料や機種変更手数料、MNP転出手数料が無料。従来、これらの支払いは案外バカにならない金額だったので、これが無料になるのは地味ながらうれしいポイントだ。

そのうち他社も追従する可能性が高いが、ahamoが他社よりも早い段階でこれを実現したことは評価できる。

悪名高い「2年縛り」や解約金も無い。これからは契約に縛られることなく自由に選ぶことができる時代だ。

わかりやすいプランで一本勝負!

ahamoのプランは20GB/月の1つだけ。料金体系もシンプルで大変わかりやすい。

しかしそれは「もっと少ない容量でいい」とか「もっと多く容量が欲しい」といったニーズに答えにくいという意味でもある。データ容量が足りなくなった時に追加購入は一応可能だが、その料金は1GBあたり500円となかなか高額。

乗り換えを検討する際には、自身が今どれくらいのデータ通信量を使っているのか把握しておくようにしよう。

海外でもネット利用可能。キャリアメールは無し

20GB/月の高速データ通信量は、海外82の国・地域でも追加料金不要で利用できる。現地で接続先を切り替えたりする手間が省けて◎。

ahamoはdocomoのサービスながら、「@docomo.ne.jp」のキャリアメールは使うことができない。もしキャリアメールをまだ使っているという方は、この機会にGMailなどの時代に即したメールサービスへの移行を検討するべし。

dポイントが貯まる!

docomoのポイントであるdポイントが貯まるのもメリットの1つ。1,000円の利用につき10ポイントもらえる。つまり1ヶ月の間に、月額基本料金2,980円の利用だけなら20ポイント、もうちょっと何か利用すれば30ポイントをゲットできるわけだ。

貯まったdポイントはdocomoの各種サービスで使えるほか、決済サービスのd払いで消費することもできる。全国のコンビニやスーパー、ドラッグストア、家電量販店など、使える場所はたくさんあるので、小遣いの足しにして活用しよう。

申し込みはオンライン限定

ahamoの申し込みはオンライン限定となっている。実店舗での申し込みはできない。Y!mobileやUQ mobileが実店舗を拡大しているのとは対照的だ。

ahamoのプランがシンプルなこともあって、オンラインでの操作ができる方ならスムーズに契約を進めることができるだろう。

それにしても、docomoはすでに全国にたくさんの実店舗を展開しているにもかかわらず、ahamoを実店舗で取り扱わないのには違和感がぬぐえない。docomoはコストを理由に挙げているが、docomoは利益率が20%を超えており「儲けすぎ」と言われるほどの会社。本当にコストだけが理由なのだろうか…?

結局、オンラインで契約することが難しい方々にはahamoという選択肢が取れない。不公平さが解消されないのは残念である。

ahamoの評判・評価

2020年12月、ahamoは発表されると同時に多くの人から驚きの声が上がった。キャリアはおろか、メジャーな格安SIMと比べてもひときわ安い月額料金であったためだ。

※FUJI WiFiなど格安・大容量のSoftBank再販型SIMはすでに存在していたので、これを知っていた方からすればそこまで驚きでは無かったかも知れないが。

実効速度もおそらくdocomoキャリア回線並みになるだろう。

スペック的に非常に魅力的で、docomoのブランド力もある。現在格安SIMを使っているユーザーからも「ahamoに舞い戻りたい」といった声が聞かれ、その評価の高さが分かる

ちなみにahamoはdocomoの従来のプランとは完全に切り離されている。公式サイトのドメインも別だし、実質サブブランドと言って差し支えないだろう。他社のサブブランドや楽天モバイルにとっては大きなライバルの出現になりそうだ。

と、ここまで書いてきたが、実際これまで寡占状態の中でのらりくらりやってきたdocomoがいきなり本気を出すとは考えにくい。今後のスタンダードとして長期的な人気を得られるのか、総務省に対する一時的なアピールで終わるのか、真価が問われるところ。何にせよサービス開始が待ち遠しい。

おすすめ度★★★★★
スポンサーリンク