月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

b-mobile

MVNOの先駆け。SoftBank回線の格安SIMも登場!

日本におけるMVNOの先駆け、日本通信が提供するモバイル通信サービス。docomo回線に加えてSoftBank回線の格安SIMの提供も実現し、業界に新たな1歩を刻んでいる。ユニークな段階定額プランや、iPad用の激安プランなど、さまざまなプランが用意されている。プラン構成が変わることの多いサービスではあるが、常に試行錯誤を続けている証と言えるだろう。

月額料金190円~
回線docomo・SoftBank

b-mobileの料金

主なプラン

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
b-mobile S 990ジャストフィットSIM 990円~
7,240円
1GB/月~
15GB/月
1枚docomo・
SoftBank
b-mobile S スマホ電話SIM 2,450円~
7,350円
1GB/月~
15GB/月
1枚SoftBank
b-mobile S 190PadSIM190円~
3,690円
100MB/月~
10GB/月
1枚SoftBank
b-mobile おかわりSIM
5段階定額
500円~
1,500円
1GB/月~
5GB/月
1枚docomo
b-mobile おかわりSIM
5段階定額 音声付
1,300円~
2,300円
1GB/月~
5GB/月
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

初期費用

SIMパッケージ料金:3,000円

SMSオプション

b-mobile S スマホ電話SIM、990ジャストフィットSIM:標準で利用可能

b-mobile S 190PadSIM:利用不可

b-mobile おかわりSIM 5段階定額:月額基本料金 130円

かけ放題オプション

通話定額オプション:月額500円

  • docomo回線の場合、3分以内の国内通話が1日50回までかけ放題
  • SoftBank回線の場合、5分以内の国内通話が何度でもかけ放題

通信制限

b-mobile S(190PadSIM/スマホ電話SIM/990ジャストフィットSIM):低速度制限時において特にご利用の多いお客様(当日を含む直近3日間の通信量の合計が300万パケット(360MB相当)以上)に対しては、通信の速度を制限する場合あり

b-mobile おかわりSIM 5段階定額:低速度時(200kbpsに制限時)において、当日を含む直近3日間の通信量の合計が300万パケット(360MB相当)以上に対して、通信の速度を制限する場合あり

b-mobileのおすすめポイント

  • SoftBank回線の格安SIMがラインナップ。
  • 使いやすい5段階定額の「おかわりSIM」。
  • 「通話定額オプション」も安くてGOOD。

b-mobileの気をつけたいポイント

  • コロコロ変わるプラン構成。
  • 実効速度に不安あり。
  • 低速通信時は通信の最適化が行われる。

b-mobileの特徴、他社との比較

SoftBank回線の格安SIMがようやく実現!

日本通信とSoftBankとの粘り強い交渉の末、めでたく提供開始されたSoftBank回線の格安SIM。SoftBank仕様のiPhoneやiPadで利用することができる。SIMロックがかかっていても大丈夫。日本通信の努力が実った形だ。

最初は2017年3月にデータ通信専用の「b-mobile S 開幕SIM」が登場(現在はWebサイト上での販売終了)し、2017年8月に音声通話が可能な「b-mobile S スマホ電話SIM」が登場。2017年11月には同じく音声通話が可能な「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」が登場。そして2017年12月には「b-mobile S 190PadSIM」が登場した。

b-mobile S スマホ電話SIM

音声通話機能および、通話定額オプションの「通話5分かけ放題」(月額500円)がセットになったプラン。データ通信量は段階制が採用されている。

  • 1GBまで:2,450円
  • 2GBまで:2,800円
  • 3GBまで:3,150円
  • 4GBまで:3,500円
  • 5GBまで:3,850円
  • 6GBまで:4,200円
  • 7GBまで:4,550円
  • 8GBまで:4,900円
  • 9GBまで:5,250円
  • 10GBまで:5,600円
  • 11GBまで:5,950円
  • 12GBまで:6,300円
  • 13GBまで:6,650円
  • 14GBまで:7,000円
  • 15GBまで:7,350円

といったように1GBあたり350円ずつ増えていく。上限は15GBで、それを超えると通信速度が200kbpsに下がる。

かけ放題がセットとはいえ、やはり料金的にはdocomoの格安SIMに比べて2倍近いものになっており、比べてしまうとまだ割高感がぬぐえない。

数少ないメリットは、最低利用期間や解約金が無いところ。

b-mobile S 990ジャストフィットSIM

こちらも音声通話機能つき。ただし「通話5分かけ放題」はセットになっていない(オプションでつけることは可能)。2018年4月のアップデートにより、docomo回線かSoftBank回線を選べるようになった。

データ通信は段階制で、上限は15GBまでとなっている。月額料金も「スマホ電話SIM」とは異なっている。

  • 1GBまで:990円
  • 2GBまで:1,490円
  • 3GBまで:1,990円
  • 4GBまで:2,490円
  • 5GBまで:2,990円
  • 6GBまで:3,490円
  • 7GBまで:3,990円
  • 8GBまで:4,490円
  • 9GBまで:4,990円
  • 10GBまで:5,490円
  • 11GBまで:5,840円
  • 12GBまで:6,190円
  • 13GBまで:6,540円
  • 14GBまで:6,890円
  • 15GBまで:7,240円

15GBを超えると速度が低速になる。

注目は1GBまでの料金。音声通話機能つきで1GBまで使えて月額990円というのは、docomo回線やau回線まで含めた格安SIM全体の中でもとびっきりの安さである(例えばDMMモバイルでも1,200円ちょっとかかる)。ここに来てようやく、SoftBank回線の格安SIMとして注目に値するものが出てきたという感じだ。

データ通信量が1GB増えるごとに、10GBになるまでは500円ずつ、10GB〜15GBまでは350円ずつ上がっていく。その上がり幅は割と大きいので、ネットを多く使ってしまうと支払金額が跳ね上がってしまう。

もっとも段階制ということで、使った分だけの支払いで済むという点はGOOD。極力ネットを使わないようにするか、あるいは元々あまりネットを使わない方なら、月額990円のままで使い続けることができるだろう。

なお、最低利用期間は5ヶ月間となっている。その期間中に解約した場合は解約金として8,000円がかかる。

b-mobile S 190PadSIM

これはiPhone/iPad用のデータ専用SIM。100MBまでなら月額190円までという超低価格がウリだ。しかしたった100MBでは利用用途はかなり限られてくるだろう。

ネット上を見たら「月に数回、ナビアプリを使うぐらいなら十分」といった意見があった。もし同様のことを考えているのであれば、このSIMを検討してみてはいかがだろうか。

  • 100MBまで:190円
  • 1GBまで:540円
  • 2GBまで:890円
  • 3GBまで:1,240円
  • 4GBまで:1,590円
  • 5GBまで:1,940円
  • 6GBまで:2,290円
  • 7GBまで:2,640円
  • 8GBまで:2,990円
  • 9GBまで:3,340円
  • 10GBまで:3,690円

1GB以降は、10GBになるまでは1GBあたり350円ずつ上がる。10GBを超えると速度が低速となる。料金の上がり幅は「スマホ電話SIM」と同じで、「990ジャストフィットSIM」よりは控えめだ。

最大で5GB/月までおかわりできる「おかわりSIM 5段階定額」!

b-mobile おかわりSIM 5段階定額」はdocomo回線で使える段階制のプラン。1ヶ月のうちに使ったデータ容量に応じて段階的かつ自動的に料金が増加していくのが特徴だ。

スタートは1GBまで使えて月額500円で、それ以降は1GB増えるごとに250円ずつ加算されていく。最終的には5GBまで月額1,500円で利用でき、それを超えると通信速度が200kbpsに制限される。

  • 1GBまで:月額500円
  • 2GBまで:月額750円
  • 3GBまで:月額1,000円
  • 4GBまで:月額1,250円
  • 5GBまで:月額1,500円

音声付のプランもあり、その場合は月額料金に800円がプラスされる。つまりスタートは1GBまでが月額1,300円で、最終的には5GBまでが月額2,300円となる。

月ごとの利用にバラつきがある方には有力な選択肢ではないだろうか。段階制の料金の上がり幅が割と小さく、料金の上限もそれほど高くないため、おかわりしすぎて食べ過ぎる(支払額が膨らむ)心配も無用だ。

通話料半額サービスや、通話定額オプションも登場!

「b-mobile電話」は、通話料が通常の半額、つまり30秒あたり10円になるサービス。音声付プランなら必ず使っておきたい。

iOSの場合はb-mobile電話アプリを用いて、Androidの場合はb-mobile電話アプリをインストールした後でOS標準の電話アプリから電話をかければ自動的に適用される。

さらに、多くのMVNOから提供されるようになってきた「通話定額オプション」がb-mobileからも登場した。オプション月額料金は500円。docomo回線とSoftBank回線で仕様が異なり、docomo回線のプランなら3分以内の電話を1日に50回まで、SoftBank回線のプランなら5分以内の電話を何度でもかけることができる。1回の通話時間は短めだが、料金の安さがGOOD。

b-mobileの評判・評価

b-mobileを提供している日本通信は、日本におけるMVNO業界を切り開いてきた会社であり、一般ユーザーからの知名度も比較的高い。しかしながら、b-mobileのサービスに対するユーザーからの評価はあいにく大手プロバイダに及ばず、業界シェアは下降気味。以前は3位〜4位ぐらいだったが、ここのところは大手プロバイダに押されてシェアを奪われている。

そんな状況ではあったが、最近は多くのSoftBank回線プランを他社に先駆けていち早く提供開始しており、その様子はユーザーへのサービス面でも攻めに来ている印象が感じられる

ただ、通信速度面で少し不安が見られるのがb-mobileのネック。一部のプランでは最大通信速度がなぜか公式サイトに記載されていない(Amazonには記載されている場合もある)。ネット上のレビューを見ても、他社の格安SIMと比べて速度が出にくいという報告がある。

選ぶ際には、そういったマイナス点も踏まえつつ検討しよう。b-mobileならではのプランがいろいろとあるから、気に入ったプランが見つかれば十分満足できる格安SIMとなるだろう

おすすめ度:★★★★