月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

b-mobileのおすすめポイントと評判・評価

MVNOの先駆け。SoftBank回線の格安SIMも登場!

日本におけるMVNOの先駆け、日本通信が提供するモバイル通信サービス。docomo回線に加えてSoftBank回線の格安SIMの提供も実現し、業界に新たな1歩を刻んでいる。ユニークな段階定額プランや、iPad用の激安プランなど、さまざまなプランが用意されている。プラン構成が変わることの多いサービスではあるが、常に試行錯誤を続けている証と言えるだろう。

月額料金190円~
回線docomo・SoftBank

b-mobileの料金

主なプラン

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
990ジャストフィットSIM ドコモ 990円~
3,590円
1GB/月~
15GB/月
1枚docomo
990ジャストフィットSIM ソフトバンク 990円~
4,390円
1GB/月~
15GB/月
1枚SoftBank
190PadSIM データ通信専用190円~
3,280円
100MB/月~
15GB/月
1枚docomo・
SoftBank
190PadSIM SMS付き320円~
3,410円
100MB/月~
15GB/月
1枚docomo
START SIM 1,380円1.5GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※「990ジャストフィットSIM」は、1GB/3GB/6GB/10GB/15GBの段階制
※「190PadSIM」は、100MB/1GB/3GB/6GB/10GB/15GBの段階制

初期費用

SIMパッケージ料金:オープン料金(参考価格:3,000円)

かけ放題オプション

通話定額オプション:月額500円。「990ジャストフィットSIM」につけた場合、5分以内の国内通話が何度でもかけ放題

通信制限

低速度制限時において特にご利用の多いお客様(当日を含む直近3日間の通信量の合計が300万パケット(360MB相当)以上)に対しては、通信の速度を制限する場合あり

動画再生や連続したデータ通信にはトラフィック制御(帯域制御)を設ける場合あり

b-mobileのおすすめポイント

  • SoftBank回線の格安SIMがラインナップ。
  • リニューアルで劇的に安くなった段階制プラン。
  • 「通話定額オプション」も安くてGOOD。

b-mobileの気をつけたいポイント

  • コロコロ変わるプラン構成。
  • 低速通信時は通信の最適化が行われる。

b-mobileの特徴、他社との比較

SoftBank回線の格安SIMがようやく実現!

日本通信とSoftBankとの粘り強い交渉の末、めでたく提供開始されたSoftBank回線の格安SIM。SoftBank仕様のiPhoneやiPadで利用することができる。SIMロックがかかっていても大丈夫。日本通信の努力が実った形だ。

現在の主力プランは、音声通話が可能な「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」とデータ通信専用の「b-mobile S 190PadSIM」だ。

※SoftBank回線として最初に登場したデータ通信専用の「b-mobile S 開幕SIM」はすでにWebサイト上での販売を終了している。その次に登場した音声通話付きの「b-mobile S スマホ電話SIM」もすでに旧プラン扱いとなっている。

さて、主力プランの特徴を見てみよう。

b-mobile S 990ジャストフィットSIM

音声通話機能つき。データ通信は段階制で、その上限は15GBまでとなっている。

2018年4月のアップデートにより、SoftBank回線に加えてdocomo回線を選べるようになった。そして2018年12月のアップデートにより仕様が改定され、段階数は減ったが料金は劇的に安くなった

段階数は5段階。月額料金はdocomo回線とSoftBank回線で異なる。

docomo回線:

  • 1GBまで:990円
  • 3GBまで:1,290円
  • 6GBまで:1,790円
  • 10GBまで:2,590円
  • 15GBまで:3,590円

SoftBank回線:

  • 1GBまで:990円
  • 3GBまで:1,690円
  • 6GBまで:2,390円
  • 10GBまで:3,190円
  • 15GBまで:4,390円

どちらの回線も、音声通話付きSIMとしてはとびっきりの安さが光っている。

docomo回線は1GB〜15GBのどの段階においても、他社の格安SIMより10%〜20%も安いレベル。

SoftBank回線は、1GB/月までならdocomo回線と同じ月額990円であり、なおかつLINEモバイルの「LINEフリープラン(1GB/月)」(月額1,200円)と比べても格安。さらに3GB以上になっても、LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン(3GB/月、5GB/月、7GB/月、10GB/月)」を超える低価格を実現しているぞ。

段階制ということで、使った分だけの支払いで済むというのもGOOD。極力ネットを使わないようにするか、あるいは元々あまりネットを使わない方なら、月額990円のままで使い続けることができるだろう。

うっかりデータ量を使いすぎてしまいそうな方は、上限を設定しておくと良いだろう。6GB・10GB・15GBのいずれかを上限として設定することで、それ以上データ量を使えないように、月額料金もそれ以上かからないようにできる。安心の機能だ。1GBや3GBで設定できないのはちょっと残念。

「990ジャストフィットSIM」のデメリットとしては5ヶ月間の最低利用期間がある。その期間中に解約した場合は解約金として8,000円がかかる。とはいえ、それほど期間は長くないのでほとんどの方はあまり気にならないだろう。

b-mobile S 190PadSIM

これはデータ専用SIM。ネーミングから分かるように当初はiPad用として売り出されたが、現在ならiPhoneや、docomo版であればAndroid端末などでも利用できるようになった。

docomo回線なら、SoftBank版およびSIMフリーのWi-Fi+CellularモデルのiPad全機種とiPhone全機種、Android、モバイルWi-Fiルーターなどで利用が可能となっている。SIMはSMSあり/なしを選択可能。

SoftBank回線なら、SoftBank版およびSIMフリーのWi-Fi+CellularモデルのiPad全機種とiPhone 5以降の全機種で利用が可能となっている。SIMはSMSなし。

このプランも2018年12月に段階の数や料金が改定され、1GB以降の料金も全体的に安くなった。現在は以下のようになっている。面白いことに、SMSなしの場合、1GB以降(1GB・3GB・6GB・10GB・15GB)はすべてDMMモバイルまたはBIGLOBEモバイルと同じ料金である。2社をかなり意識して料金を設定したことがうかがえる。

SMSなし(docomo回線・SoftBank回線):

  • 100MBまで:190円
  • 1GBまで:480円 ※DMMモバイルと同じ
  • 3GBまで:850円 ※DMMモバイルと同じ
  • 6GBまで:1,450円 ※BIGLOBEモバイルと同じ
  • 10GBまで:2,190円 ※DMMモバイルと同じ
  • 15GBまで:3,280円 ※DMMモバイルと同じ

SMSあり(docomo回線のみ):

  • 100MBまで:320円
  • 1GBまで:610円
  • 3GBまで:980円
  • 6GBまで:1,580円
  • 10GBまで:2,320円
  • 15GBまで:3,410円

SMSありの場合の月額料金は、SMSなしより130円上がる。

段階制プランとしても非常にお得だが、やはり目立つのは「100MBまでなら月額190円まで」という超低価格。しかしたった100MBでは利用用途はかなり限られてくるだろう。ネット上を見たら「月に数回、ナビアプリを使うぐらいなら十分」といった意見があった。もし同様のことを考えているのであれば、月額190円狙いでこのSIMを検討してみてはいかがだろうか。

データ量の上限設定はこのプランでも可能。3GB・6GB・10GB・15GBで設定できる。

通話料半額サービスや、通話定額オプションも登場!

「b-mobile電話」は、通話料が通常の半額、つまり30秒あたり10円になるサービス。音声付プランなら必ず使っておきたい。

iOSの場合はb-mobile電話アプリを用いて、Androidの場合はb-mobile電話アプリをインストールした後でOS標準の電話アプリから電話をかければ自動的に適用される。

さらに、多くのMVNOから提供されるようになってきた「通話定額オプション」がb-mobileからも登場した。オプション月額料金は500円。「990ジャストフィットSIM」にこのオプションをつければ、5分以内の国内通話を何度でもかけることができるようになるぞ

他社の通話定額オプションを見ると、10分以内で月額850円ぐらいが一般的なので、それと比較するとb-mobileの通話定額オプションは、1回あたりの通話時間は短いがそのぶん月額料金が安い。うまく差別化ができているポイントだ。

b-mobileの評判・評価

b-mobileを提供している日本通信は、日本におけるMVNO業界を切り開いてきた会社であり、一般ユーザーからの知名度も比較的高い。最近は多くのSoftBank回線プランを他社に先駆けていち早く提供開始しており、さらに2018年12月には値下げを行った。こういった様子はユーザーへのサービス面でも攻めに来ている印象が感じられる

さらに、最近登場した「990ジャストフィットSIM」や「190PadSIM」については今のところ十分な速度が出ているようだ。下りで数Mbps程度が安定して出ているとのレビューがあり、速度が遅いといったレビューはあまり見られなくなっている(動画など連続したデータ通信にはトラフィック制御がかかっているので、おそらくそれ以外の用途で通信した場合だろう)。

b-mobileは少し前までは、ネット上のレビューにおいて他社の格安SIMと比べて速度が出にくいという報告がとても多かった。この状況は何年も続き、「b-mobileは遅い」といったマイナスイメージがつき、業界シェアも大手プロバイダに奪われる結果となっていた。

それが最近は変わりつつある。トラフィック制御の効果なのか、それともユーザー数が少なくて回線が空いているだけなのかは不明だが、ユーザーから見れば間違いなくプラス要素だ。

SoftBank回線の格安SIMには強敵のLINEモバイルがいるが、もしb-mobileがこの調子でサービスの拡充や高速な実効速度を継続できれば、人気が再び高まる可能性は十分にある。

おすすめ度:★★★★