月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

UQ mobile

KDDIグループの会社が運営する、注目の格安SIM!

WiMAXでも知られるUQコミュニケーションズが提供するMVNOのモバイル通信サービス。SIMサービスには大きく分けると月間3GBの高速通信が使えるプランと、低速だが無制限に使えるプランがあり、どちらも需要は高い。無料通話分や端末割引がセットになった「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」もある。他社の通信サービスに正面から対抗したサービスだ。通信品質の高さでも評価が高く、実効速度は格安SIMの中でもトップクラスと言われている。

月額料金980円~
回線au
キャンペーン開催中
  • 【下記キャンペーンページから契約した方限定】「データ高速+音声プラン」を契約で5,000円分、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」なら最大13,000円分をキャッシュバック! キャンペーンページ:最大13,000円分キャッシュバック

UQ mobileの料金

プラン

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
おしゃべりプランS 13ヶ月目まで:1,980円
14ヶ月目以降:2,980円
※1
最大2GB/月
※2
1枚au
おしゃべりプランM 13ヶ月目まで:2,980円
14ヶ月目以降:3,980円
※1
最大6GB/月
※2
1枚au
おしゃべりプランL 13ヶ月目まで:4,980円
14ヶ月目以降:5,980円
※1
最大14GB/月
※2
1枚au
ぴったりプランS 13ヶ月目まで:1,980円
14ヶ月目以降:2,980円
※1
最大2GB/月
※2
1枚au
ぴったりプランM 13ヶ月目まで:2,980円
14ヶ月目以降:3,980円
※1
最大6GB/月
※2
1枚au
ぴったりプランL 13ヶ月目まで:4,980円
14ヶ月目以降:5,980円
※1
最大14GB/月
※2
1枚au
データ高速プラン980円3GB/月1枚au
データ高速+音声通話プラン 1,680円3GB/月1枚au
データ無制限プラン1,980円不可(500kbps)1枚au
データ無制限+音声通話プラン 2,680円不可(500kbps)1枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

※1. 「スマトク割/長期利用割引」「イチキュッパ割(13ヶ月間)」適用時
※2. 「増量オプション」適用時

※VoLTE対応/非対応を選択可能
※端末とセットで購入も可能

初期費用

SIMパッケージ料金:3,000円

SMSオプション

標準で提供

通信制限

直近3日間の合計通信量が6GBを超えた場合、通信速度が制限される場合あり

UQ mobileのおすすめポイント

  • 無制限プランがある。通信速度は最大500kbps。
  • SMSが基本料無料。
  • KDDIグループの会社が運営。
  • 通信品質の高さで評判が良い。
  • 公衆無線LANサービスのオプションもあり。VPNによりセキュリティを確保。

UQ mobileの気をつけたいポイント

  • データ通信はLTEのみ(3Gでは不可)。
  • 無制限プランでも直近3日間の通信制限が行われる場合あり。
  • メールサービスのオプションはあるが、対応機種は少なめ。

UQ mobileの特徴、他社との比較

3GB/月のプランは、docomoのSIMには無いメリットが!

高速データ通信を使いたい方には「データ高速プラン」か、音声通話もついた「データ高速+音声通話プラン」がある。いずれも月間データ容量は3GBまで。

料金的にはdocomoのMVNOのプランとほぼ同等か、あるいは少し高めに見えるが、このUQ mobileはSMSの基本料金が無料であることがアドバンテージ。それを考慮すればむしろ割安と言える。

SMSはメッセージのやりとり以外にも、アプリの認証などにも使えるため、あると便利な機能だ。

無制限プランも魅力!

データ量を気にすること無く使いたい方向けに「データ無制限プラン」もある。音声通話ができる「データ無制限+音声通話プラン」も用意されている。

通信速度は最大500kbpsとなかなかの速度で通信が可能となっている。そして月額料金は、「データ無制限プラン」が1,980円、「データ無制限+音声通話プラン」が2,680円。

これに似た他社のプランとしては「OCN モバイル ONE」の「500kbpsコース」(15GB/月、月額1,800円)がある。それと比べると料金は少し高いが、月間のデータ通信が無制限である点ではUQ mobileにメリットがある。au回線の格安SIMが使えるスマホを利用しており、無制限プランを探している方には悪くない選択肢だろう。

VoLTE対応SIMも選べる!

UQ mobileのSIMは、通常のLTEのSIMか、またはVoLTE対応SIM(マルチSIM)かを選ぶことができる。料金やスペックは(一部のオプションを除いて)ほとんど同じ。

VoLTEによる音声通話は音質が良く、遅延も少ない。またau VoLTEではシンク(Sync)の機能があり、これを使えば自分のスマートフォンの画面を通話相手のスマートフォンに映し出すことができるので、例えば同じWebページをお互いに見ながら会話したり、同じ地図を見ながら現在地を教え合う、なんてことが可能だ。

VoLTEのSIMは、au VoLTE対応機種であり、かつSIMロックを解除済みであれば利用できる。自分のスマートフォンが対応しているかどうか気になる方は、公式サイトの動作確認端末一覧を確認しておくと良い。

ちなみにAppleのiPhone、iPadでも最近のモデルであれば利用可能だ。なおその場合は、必ずVoLTE対応SIMを選ぶこと、また端末がSIMフリーで無い場合はSIMロックを解除する必要があるので注意が必要である。

一通り揃った便利機能!

高速通信と低速通信の切り替えができる「ターボ機能」、そして余ったデータ容量を翌月に繰り越せる「データ容量くりこし」の機能も追加され、使い勝手の面でもdocomoのSIMと大差ない。

データ容量を追加購入できる「データチャージ」も利用可能。料金は100MBで200円、500MBで500円。「データ高速プラン」はもちろん「データ無制限プラン」でも使うことができる。普段は500kbpsの「データ無制限プラン」を使っている方でも、たまにちょっと高速通信が使いたいといった場合に役に立つことだろう。

高いセキュリティを確保した、公衆無線LANサービス!

高速データ容量の節約には、Wi2アプリ「ギガぞう」を用いた公衆無線LANサービスが便利だ。「スタンダードプラン」と「フリープラン」の2つのプランがある。

「スタンダードプラン」は月額500円で、Wi2が提供する全国約80,000ヶ所のWi-Fiスポットを利用することができるほか、セキュリティの弱いWi-Fiスポットに接続する際にVPN(Virtual Private Network)を用いることにより、十分なセキュリティを確保した安全な通信が可能になる。

それに加えて、LTE通信時にデータの圧縮を行う機能も付属している。画像や動画などを受信するときに自動的に圧縮がかかる、いわゆる「通信の最適化」と同じことを行う機能である。この機能は「ギガぞう」アプリ上でON/OFFが可能となっているため、不要な方はOFFにしておけばOK。どれくらい高速データ容量を節約できたのかは「ギガぞう」アプリ上で確認することができ、効果が目に見えるのがGOOD。

もう1つの「フリープラン」は、「Wi2 300」に相当するWi-Fiスポットのみ利用可能になるプラン。月額料金は無料。

「スタンダードプラン」には最大3ヶ月間の無料期間がある(アプリ利用開始後は30日間無料、その後「スタンダードプラン」に申し込めば最大2ヶ月間無料)ので、試しに使ってみて感触を確かめるのも良いだろう。

多彩なオプション、ただ「メールサービス」にはやや癖も

UQ mobileからは他にもさまざまなオプションが提供されている。

音声通話のための「電話基本パック」は、留守番電話サービス、三者通話サービス、迷惑電話撃退サービスをひとまとめにしたお得なオプション。月額料金は380円なので必要な方は申し込んでおこう。

「家族みまもりパック」は、家族の現在位置がわかる「Family Locator」と、家族のSNS利用状況を収集・分析する「Filli」のパック。ご家族を危険から守るのに役立つだろう。月額料金は410円。

「メールサービス」もあり、uqmobile.jpドメインのメールアドレスを月額200円で使うことができる。ただしこれは一般的なメールと違い、MMSでの送受信を行うサービスであるため、使い勝手が異なるので気をつけよう。利用アプリは「ハングアウト」を使うことになる。動作確認済み端末はかなり少ないため、公式サイトで必ず確認して欲しい。

au回線の格安SIMで唯一、iPhone 6S以降でテザリングが可能

iPhone 6S世代以降の端末でもUQ mobileならテザリングが可能だ。他のau回線の格安SIM(mineoやIIJmioなど)ではテザリングができないため、これはユーザー視点で言えばUQ mobileのメリットと言える。

しかしこれは、KDDIグループの運営するUQ mobileとそれ以外の格安SIMとで機能的に差がつけられているということでもあり、他の格安SIM事業者からも「この差は何?」と疑問視されている。大手キャリアが同一グループ会社のみを優遇するようなことがあれば、MVNOの公正な競争という観点から言えば決してプラスでは無い。…難しい話ではあるが、頭の片隅にでも入れておいていただければ幸いだ。

「Try UQ mobile」で、無料で気軽にお試し可能!

特に格安SIMを今まで使ったことの無い方は、使った感じはどんなものなのか、自分のよく行くエリアで快適につながるのか気になるところだろう。そんな方には「Try UQ mobile」がおすすめだ。このサービスを利用すれば、UQ mobileを15日間無料でお試しができる

端末も一緒にレンタルできるので、今持っていない方も大丈夫。なおプランは「データ高速プラン」となり、音声通話は行えないので、試せるのは3GB/月の高速データ通信となる。

一通り試し終わったら、期限内に指定の方法(ゆうパック)で返却しよう。

全部つめこんだ「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」

音声通話SIMに無料通話分、端末割引、それに各種アプリ10種類がセットになった「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」もある。これは最近UQ mobileが力を入れているプランの1つで、Y!mobileに対抗したものであると言われている。

「プランS」「プランM」「プランL」の3種類が用意されており、さらに無料通話を「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」から選べる。

「おしゃべりプラン」を選んだ場合は、1回の通話につき5分以内の国内通話が無料となる。

「ぴったりプラン」を選んだ場合は、契約から2年間は「プランS」なら月に60分まで、「プランM」なら月に120分まで、「プランL」なら月に180分までが無料通話分となる(「増量オプション」適用時)。

基本的にはスマートフォン端末をセットで購入するプランとなっている。SIM単体でも契約できるが、避けた方が無難である。セット購入であれば端末割引の「マンスリー割」を適用できるが、SIM単体だと「マンスリー割」を適用することができず、そのぶんだけ丸々損をしてしまうことになるためだ。

料金体系の複雑さは大手キャリア並み。「マンスリー割」の他にも「スマトク割」「イチキュッパ割」などといった、割引条件や期間の異なる複数の割引制度が複雑に絡み合っており、極めてわかりにくい。公式サイトには割引適用後の料金が大きく記載されており、一見するとかなりお得に見えるが、割引が終わった後は料金が上がることに注意が必要。うっかり見落としてしまうと大変である。

契約期間に2年縛り(2年経過後は自動更新)もあるし、「増量オプション」も2年経過後に何もしなければ無料では無くなる(500円/月になる)。セットで使えるアプリもマイナーなものばかり。

端末購入に「マンスリー割」を活用する、2回線目以降の月額料金が安くなる「UQ家族割」を適用する、2年経ったら機種変更あるいは解約する、といった工夫をすればこれらのプランをお得に使うことができるが、先述の通り注意点も多いため選ぶ際には慎重に。

UQ mobileの評判・評価

KDDIグループの会社が運営しているというのが何よりポイントが高い。現時点においてユーザーの視点で見れば、最も品質の高い通信環境が望めるサービスの1つだろう。

MMD研究所による格安SIM通信速度調査(2018年3月)では平均ダウンロード速度でトップであった。実際に口コミをチェックしてみても、通信速度・pingともに安定性が高いとの評判が良く見られる。

業界シェアも急激に伸びている。2017年9月にはBIGLOBEを抜いて5位に浮上した。KDDIグループの資金力を生かして、実店舗の拡大やテレビCMの放映を行うことにより、他の格安SIMがリーチできない層にリーチしているようだ。

「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」は大手キャリアに近い雰囲気を持ったプランなので、「格安SIMはよく分からない」と乗り換えに躊躇している方でも比較的受け入れやすいのでは無いだろうか。

一方SIM単体では「データ無制限プラン」が魅力的。「速度は少し遅くてもいいから、データ量を気にせず使いたい」という方におすすめ。SIM単体のプランはバリエーションが少ないので、もし他のプランを検討したいのであれば、同じau回線のプランを提供しているmineoやIIJmioなどを当たってみよう。

キャンペーン開催中
  • 【下記キャンペーンページから契約した方限定】「データ高速+音声プラン」を契約で5,000円分、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」なら最大13,000円分をキャッシュバック! キャンペーンページ:最大13,000円分キャッシュバック

おすすめ度:★★★★★