月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

20GB/月以上の大容量データ通信ができる格安SIMを比較

月に20GBを超える大容量を使えるプランを提供しているサービスも徐々に多くなってきた。

このプランが輝くのは、やはりご家族みんなで利用する場合だろう。多くのプランでは複数SIMによる容量シェアも可能となっており、ご家族が所有するスマホそれぞれに刺して使うことができる。データ通信をたくさん使いたいお子さまが何人かいるようなご家庭ならまさにピッタリ。

料金も、1人あたりで考えればむしろお得になるはず。別々にスマホを契約するよりはトータルの料金を抑えることができるだろう。

DMMモバイル

業界最安値水準に挑戦。機能も優れるイチオシのSIM!

DMMが提供するMVNOのモバイル通信サービス。MVNEがIIJであり機能的にもIIJmioによく似ている。低速通信時でも少しの間だけ高速通信になる「バースト機能」が強みの1つ。データSIM・通話SIMともに用意されており、データ容量に応じて細かく選べるプランはIIJmioを上回る豊富さがある。全プランで他社よりも安い月額料金に挑戦すると宣言し、業界を果敢に攻める格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
データSIMプラン 20GB3,980円~20GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 20GB 4,680円~20GB/月最大3枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

b-mobileなど他社がすごい安さで展開していたので、そのうちDMMモバイルも安くなるかも知れない、と思っていたら、予想通り2017年2月に値下げされた。データSIMなら月額4,000円を切る水準に。

DMMモバイルの20GB/月のプランは「シェアコース」により、最大3枚までSIMカードを使用可能だ。データSIMのみであれば料金はそのまま。音声SIMを追加する場合はSIM1枚につきプラス700円がかかる。

OCN モバイル ONE

格安SIMの本命。OCNブランドの安心感!

NTTコミュニケーションズが提供する、MVNOの通信サービス。高いシェアを誇る有名プロバイダだけあって、この格安SIMも優れたサービスとなっている。プランは高速通信ができるものを含めた5種類から選ぶことができ、光サービスの「OCN 光」やIP電話の「050 plus」との組み合わせもGOOD。容量追加やSIMカード追加など、多くのオプションがあるのも魅力。今後さらに利用者が増えそうな、格安SIMの本命の1つだ

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
データ通信専用 20GB/月コース4,150円20GB/月1枚~docomo
データ通信専用 30GB/月コース6,050円30GB/月1枚~docomo
音声対応 20GB/月コース 4,850円20GB/月1枚~docomo
音声対応 30GB/月コース 6,750円30GB/月1枚~docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

2017年に久しぶりにプラン追加が行われ、この20GBコースと30GBコースが加わった。どちらも最安とまではいかないが、十分な安さで提供されている

SIMカードを追加できる「容量シェア」オプションも◎。最大4枚まで追加(合計で5枚)することができるぞ。追加で必要となる月額料金はデータSIMなら400円、音声SIMなら1,100円。

エキサイトモバイル

細かい段階制プラン。SIMカード3枚コースも充実!

ポータルサイトで有名なエキサイトが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。エキサイトは元々は米Excite Inc.の日本法人だったが、現在は伊藤忠商事の子会社となっている。エキサイトモバイルの良いところは、10段階以上にも細かく分けられた段階制プラン、そして1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるコースにある。データ容量を無駄なく利用したい方、複数の端末を所有する方にはもってこいの格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
定額プラン 1枚コース 20GB4,750円20GB/月1枚docomo
定額プラン 1枚コース 30GB6,980円30GB/月1枚docomo
定額プラン 1枚コース 40GB9,980円40GB/月1枚docomo
定額プラン 1枚コース 50GB13,800円50GB/月1枚docomo
定額プラン 3枚コース 20GB5,180円20GB/月3枚~5枚docomo
定額プラン 3枚コース 30GB7,480円30GB/月3枚~5枚docomo
定額プラン 3枚コース 40GB10,280円40GB/月3枚~5枚docomo
定額プラン 3枚コース 50GB14,180円50GB/月3枚~5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※SIM1枚につき月額700円で音声対応が可能

エキサイトモバイルで選べるのが、20GB/月、30GB/月、40GB/月、50GB/月というビッグなプラン。30GB/月以上のプランは元々はキャンペーン限定だったが、現在は普通に提供されるようになった。

「1枚コース」でまるまる大容量を使うも良し、「3枚コース」を選べば標準でSIMカードを3枚使える。

さらにオプションで「追加SIM」が用意されている。これを申し込めばSIM1枚あたりデータSIMなら月額390円、音声SIMなら月額1,090円で最大2枚追加(合計で5枚)することができるので、家族みんなで使うも良しだ。

イオンモバイル

プラン数と低価格で勝負する、イオンの格安SIM!

イオンリテールが販売するMVNOのモバイル通信サービス。少ない容量から超大容量まで、幅広いプランの選択肢があり、安さも素晴らしい。最大5枚までSIMカードを使えるシェアプランも用意されているので、ご家族での利用も◎。店舗でもネットでも申し込みが可能で、イオンの全国200店舗以上でアフターサービスが受けられる安心感もある。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声20GBプラン 4,680円20GB/月1枚docomo
音声30GBプラン 6,080円30GB/月1枚docomo
音声40GBプラン 7,980円40GB/月1枚docomo
音声50GBプラン 10,800円50GB/月1枚docomo
データ20GBプラン3,980円20GB/月1枚docomo
データ30GBプラン5,380円30GB/月1枚docomo
データ40GBプラン7,480円40GB/月1枚docomo
データ50GBプラン10,300円50GB/月1枚docomo
シェア音声20GBプラン 4,980円~20GB/月最大5枚docomo
シェア音声30GBプラン 6,380円~30GB/月最大5枚docomo
シェア音声40GBプラン 8,280円~40GB/月最大5枚docomo
シェア音声50GBプラン 11,100円~50GB/月最大5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

イオンモバイルでも最高で50GB/月の超大容量を選ぶことができる。SIM1枚の「音声プラン」「データプラン」のほか、SIM最大5枚を使える「シェア音声プラン」もあるぞ。

ただ「シェア音声プラン」はネットから申し込みはできず、イオンの店舗で「商品即日お渡し」に対応しているところでのみ申し込みができる。近所にそういった店舗が無い方はちょっとキツイかも。

BIGLOBE SIM

サービス内容、品質ともに十分。堅実なサービス内容!

BIGLOBE SIM(BIGLOBE LTE・3G)は、KDDIグループとなったビッグローブが運営するMVNOのモバイル通信サービス。ロゴマークのキャラクター「びっぷる」がかわいい。プランは音声通話あり・なしでそれぞれ5~6種類から選ぶことができる。通話サービス「BIGLOBEでんわ」の通話定額オプションや、YouTubeを始めとするエンタメ系アプリがカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」などが提供されているのが魅力。明確なターゲットで堅実なサービスが持ち味だ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
20ギガプラン(音声SIM) 5,200円~20GB/月最大5枚docomo
30ギガプラン(音声SIM) 7,450円~30GB/月最大5枚docomo
20ギガプラン4,500円~20GB/月最大5枚docomo
30ギガプラン6,750円~30GB/月最大5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

20GB/月と30GB/月がラインナップ。安さではDMMモバイルやOCN モバイル ONEなどには及ばないものの、なかなかのレベル。

「シェアSIM」により複数SIMを使用可能だ。SIM1枚ごとに月額利用料が少しかかる(音声SIMなら900円、データSIMなら200円)が、最大4枚(合計で5枚)まで追加することができる。

BIGLOBEはプロバイダの老舗。サポート体制がしっかりしており運営会社の信頼性が高く、安心して利用できる格安SIMである。

IIJmio

優れたプランとサービス品質の高さで業界をリード!

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。読み方は「アイアイジェイ・ミオ」。音声通話機能のあるプランは「みおふぉん」という愛称で親しまれている。余ったデータ容量の翌月繰り越しやバースト転送機能など、かゆいところに手の届く機能をいち早く取り入れてきた。全プランが複数SIMに対応しているメリットもあるし、お得な2つの通話定額オプションも魅力的。柔軟性が持ち味の格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
タイプD ミニマムスタートプラン900円~3GB/月最大2枚docomo
タイプD ライトスタートプラン1,520円~6GB/月最大2枚docomo
タイプD ファミリーシェアプラン2,560円~10GB/月最大10枚docomo
タイプD ミニマムスタートプラン
(音声通話機能つき)
1,600円~3GB/月最大2枚docomo
タイプD ライトスタートプラン
(音声通話機能つき)
2,220円~6GB/月最大2枚docomo
タイプD ファミリーシェアプラン
(音声通話機能つき)
3,260円~10GB/月最大10枚docomo
タイプA ミニマムスタートプラン900円~3GB/月最大2枚au
タイプA ライトスタートプラン1,520円~6GB/月最大2枚au
タイプA ファミリーシェアプラン2,560円~10GB/月最大10枚au
タイプA ミニマムスタートプラン
(音声通話機能つき)
1,600円~3GB/月最大2枚au
タイプA ライトスタートプラン
(音声通話機能つき)
2,220円~6GB/月最大2枚au
タイプA ファミリーシェアプラン
(音声通話機能つき)
3,260円~10GB/月最大10枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

IIJmioでは20GB/月、または30GB/月を毎月追加できる「データオプション」を追加することができる。オプション月額料金はそれぞれ3,100円、5,000円。ちなみに2つ同時につけることもでき、そうすれば50GB/月を毎月追加することができるぞ。

docomo回線とau回線、どちらでも使えるのがありがたいポイント。動画配信サービスや音楽配信サービスを思いっきり楽しもう。

b-mobile

MVNOの先駆け。SoftBank回線の格安SIMも登場!

日本におけるMVNOの先駆け、日本通信が提供するモバイル通信サービス。SoftBank回線の格安SIMの提供も実現し、業界に新たな1歩を刻んでいる。docomo回線の格安SIMでもユニークな五段階定額プラン、それに携帯電話(ガラケー)用のプランなど、さまざまなものが用意されている。プラン構成が変わることの多いサービスではあるが、常に試行錯誤を続けている証と言えるだろう。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
b-mobile S 開幕SIM 30GB4,980円30GB/月1枚SoftBank
b-mobile SIM 25GB定額2,380円25GB/月1枚docomo
b-mobile SIM 25GB定額 音声付 3,180円25GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「25GB定額」の月額料金を他社と比べてみて欲しい。他社のプランが20GB/月でも軒並み4,000円代後半である中、このプランは25GB/月でなんと2,380円である(データSIMの場合)。

高速データ容量の翌月繰り越しに対応していないというデメリットはあるものの、安さでは圧倒的。

SIMカードの枚数は1枚なので、1人でめいっぱい使おう。最近ユーザー数が増加している、動画配信サービスをたっぷり楽しんだりするのに良い。

他にはSoftBank回線の「開幕SIM」もあり、30GB/月のプランを選べる。SoftBankのSIMロックがかかった端末で、大容量のデータ通信が必要な方に。

U-mobile

各種プランに強みあり。中にはLTE使い放題のSIMも!

U-mobileは、USENから分離独立する形で誕生した株式会社U-NEXTが提供するMVNOの通信サービス。一般的な月次プランや二段階定額プランに加えて、無制限プランの「LTE使い放題」や、大容量の「U-mobile MAX 25GB」、SoftBank回線を使った「U-mobile S」など、それぞれ仕様の異なるプランを次々とリリースしており、バリエーションで勝負する格安SIMとなっている

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
U-mobile MAX 25GB データ専用2,380円25GB/月1枚docomo
U-mobile MAX 25GB 通話プラス 2,880円25GB/月1枚docomo
U-mobile MAX 25GB エンタメプラス 3,980円25GB/月1枚docomo
U-mobile S データ専用 30GB4,980円30GB/月1枚SoftBank

※表は横スクロールしてご覧ください。

「U-mobile MAX」の回線提供元は日本通信。やはり翌月繰り越しは不可。

データSIMならb-mobileと同額。音声SIM(通話プラス)ならなんとb-mobileよりも安い。3,000円を切る低料金で音声通話ができて、25GB/月のデータ通信も使えるぞ。

同社の映像配信サービス「U-NEXT」とUSENの音楽配信サービス「スマホでUSEN」がセットで使える「エンタメプラス」も用意されている。個別に契約するよりも1,000円以上はお得に使えるので、興味のある方はぜひ。

「U-mobile S」はSoftBank回線で、回線提供元は同じく日本通信。料金やサービス内容はb-mobileの「開幕SIM」と同じだ。

楽天モバイル

音声もネットもお得に使える、楽天のSIMカード!

楽天が運営するMVNOのモバイル通信サービス。通話SIM・データSIMの両方があり、選べるプランはそれぞれ、高速通信容量なしで料金を抑えた「ベーシックプラン」を始めとした4種類。機能的にも有名プロバイダのサービスに比べて遜色無いレベルに仕上がっている。「楽天スーパーポイント」がもらえるなどお得なキャンペーンが充実しているのも魅力だ

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
データSIM(SMSなし) 20GBプラン4,050円20GB/月1枚docomo
データSIM(SMSなし) 30GBプラン5,450円30GB/月1枚docomo
050データSIM(SMSあり) 20GBプラン4,170円20GB/月1枚docomo
050データSIM(SMSあり) 30GBプラン5,520円30GB/月1枚docomo
通話SIM 20GBプラン 4,750円20GB/月1枚docomo
通話SIM 30GBプラン 6,150円30GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

20GB/月と30GB/月がラインナップ。料金はb-mobileにはさすがに及ばないが、エキサイトモバイルやイオンモバイルよりは安い水準で提供されている。

使えるSIMは1枚。この料金を考えるとWiMAX2+のようなモバイルWi-Fiルーターで良いのでは無いかとも思えてくる(参考までに、WiMAX2+の「ギガ放題」は月額4,200円前後)。なかなか難しいところだ。

FREETEL SIM

圧倒的な安さのプラン。独自のSIMフリー端末も!

プラスワン・マーケティング株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。自社ブランドのSIMフリー端末を提供しているのが強みであり、ファンも多い。通信サービスは安さで勝負するタイプで、唯一のプランである「使った分だけ安心プラン」は月額料金299円から使えるという素晴らしい格安さ。段階制でもあり、データ容量を使った分だけ料金が上がる便利なシステムになっている。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
使った分だけ安心プラン データ専用299円~
4,870円
100MB/月~
20GB/月
1枚docomo
使った分だけ安心プラン 音声通話付 999円~
5,570円
100MB/月~
20GB/月
1枚docomo
定額プラン データ専用 20GB4,870円20GB/月1枚docomo
定額プラン データ専用 30GB6,980円30GB/月1枚docomo
定額プラン データ専用 40GB9,400円40GB/月1枚docomo
定額プラン データ専用 50GB11,800円50GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 20GB 5,570円20GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 30GB 7,680円30GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 40GB 10,100円40GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 50GB 12,500円50GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「使った分だけ安心プラン」は段階定額プランで、表に記載した月額料金はスタート時(月に100MBまで)と最大時(月に20GBまで)のもの。最大時の月額料金はデータ専用で4,870円、音声通話付で5,570円となる

段階定額プランの強みとして、使うデータ容量が少ない月は支払いを低く抑えられるため、月々の利用にムラがあり、あまり使わない月もあれば20GB近くたっぷり使う月もある、といった方におすすめだ。

そして「定額プラン」にも20GB/月から、50GB/月の特大容量プランまで新たに追加された。データ容量の翌月繰り越しにも対応している。SIM枚数は1枚。

DTI SIM

安さにこだわるMVNO。お得さではどこにも負けない!

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。他社にあるサービスを、少し遅れて料金を安くして提供開始してくることが多いが、時にはユニークなサービスをリリースしてくることも。主なプランは、シンプルな月次プランおよびデータ無制限プラン。通話定額が使えるオプション「でんわかけ放題」や、新規契約者向けに割引された「でんわ定額プラン」「半年お試しプラン」が用意されているところも特徴。お得なキャンペーンも要チェック。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
データプラン 20GB4,850円20GB/月1枚docomo
音声プラン 20GB 5,550円20GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

格安さがウリのDTIだが、この20GBプランではあいにく、そのDTIらしさが見られない。使えるSIM枚数も1枚である。

10GBプランは素晴らしい安さで提供されているだけに、もう一声ほしいところだ。

まだまだあります

Tikimo SIM

最大5枚のSIMを使えてデータ容量も選べるプラン!

「Tikimo SIM」は、「Tikiモバイル LTE」に代わって新たに登場したMVNOのモバイル通信サービス。運営会社は「TikiTikiインターネット」で知られる岡山のプロバイダ、株式会社エヌディエス。SIM1枚の「シングルプラン」の他、最大5枚のSIMを使える「シェアプラン」を用意。30GB/月、50GB/月という超大容量のプランがあるのも特徴だ。料金的にも他社にしっかり追従する姿勢が見て取れる。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
シングルプラン 30GB/月6,390円30GB/月1枚docomo
シングルプラン 50GB/月10,490円50GB/月1枚docomo
シェアプラン 30GB/月6,750円30GB/月最大5枚docomo
シェアプラン 50GB/月10,750円50GB/月最大5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

30GB/月、そして50GB/月という超大容量のプランがラインナップ。しかも、地味になかなかの安さを誇っている

通話機能つきのSIMカードも、1枚あたりプラス700円で使える。

SIMを最大5枚まで使える「シェアプラン」もあるので、家族にヘビーユーザーが多い方は検討する価値はある。また、例えば動画関係のサービスを開発している方など、大量のデータ通信が必要な方にもおすすめ。