月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

7GB~8GB/月の高速通信を使える格安SIMを比較

7GB/月前後のプランは多くの格安SIMで用意されている。近い容量である8GB/月や9GB/月も含めて、特におすすめのサービスをここで紹介しよう。

格安SIMは料金の安さはもちろん、料金体系がシンプルでわかりやすいのも良いところである。大手携帯電話会社の割引制度のような複雑さも無いし、よく分からないオプション契約の条件も無い。その明朗会計からは確かな信頼性がうかがえる。

各SIMの比較・解説

nuroモバイル

格安かつシンプル。SoftBank回線・au回線も選べる!

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。S・M・Lというシンプルでわかりやすいプラン仕様で、あまり難しいことを考えずに使えるのは魅力。翌月分のデータ容量を前借りできる機能が特徴的。格安の「お試しプラン」も用意されている。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
ドコモ回線 データ専用 Mプラン1,500円7GB/月1枚docomo
ドコモ回線 データ+SMS Mプラン1,650円7GB/月1枚docomo
ドコモ回線 音声通話付き Mプラン 2,200円7GB/月1枚docomo
au回線 データ専用 Mプラン2,100円7GB/月1枚au
au回線 データ+SMS Mプラン2,250円7GB/月1枚au
au回線 音声通話付き Mプラン 2,800円7GB/月1枚au
ソフトバンク回線 データ専用 Mプラン2,100円7GB/月1枚SoftBank
ソフトバンク回線 音声通話付き Mプラン 2,800円7GB/月1枚SoftBank

※表は横スクロールしてご覧ください。

docomo回線の「Mプラン」はデータSIMなら月額1,500円、音声通話SIMなら月額2,200円。安さにおいてnuroモバイルも一躍トップクラスに躍り出た。月額料金がNifMoより100円安いことから、NifMoに対抗したのが見え見えではある。シンプルで安いSIMを選ぶならnuroモバイルはありだ。

au回線やSoftBank回線の「Mプラン」はdocomo回線よりも幾分高めではある。ただSoftBank回線の7GB/月は他社にみられない貴重なプランである。

NifMo

付加サービスによる「おトクな仕組み」が魅力のSIM!

ノジマグループとなった老舗プロバイダ、ニフティ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。最近はコストパフォーマンスを重視したサービスを展開しており、特に7GB/月や13GB/月のプランの安さは素晴らしい。キャンペーンもよく行われているので要チェック。付加サービスも充実しており、中でも専用アプリ経由でショッピングをすると毎月の料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」が非常に特徴的。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声通話対応 7GBプラン 2,300円7GB/月1枚docomo
SMS対応 7GBプラン1,750円7GB/月1枚docomo
データ通信専用 7GBプラン1,600円7GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

以前は5GBプランだったが7GBに増量。NifMoがトップクラスの安さでもって7GBのデータ容量に参入してきた。データ通信専用なら月額1,600円、音声通話対応なら月額2,300円。料金で選ぶならこれがおすすめだ。

「NifMoバリュープログラム」も活用すれば、さらに月額料金を下げることができるぞ。

10分かけ放題のサービスもスタートし、サービス内容も以前に比べて向上している。

イオンモバイル

プラン数と低価格で勝負する、イオンの格安SIM!

イオンリテールが販売するMVNOのモバイル通信サービス。少ない容量から超大容量まで、幅広いプランの選択肢があり、安さも素晴らしい。最大5枚までSIMカードを使えるシェアプランも用意されているので、ご家族での利用も◎。店舗でもネットでも申し込みが可能で、イオンの全国200店舗以上でアフターサービスが受けられる安心感もある。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声8GBプラン 2,680円8GB/月1枚docomo・au
データ8GBプラン1,980円8GB/月1枚docomo・au
シェア音声8GBプラン 2,980円~8GB/月最大5枚docomo・au

※表は横スクロールしてご覧ください。

イオンモバイルにあるのは8GB/月の方。データプラン、音声プランのほか、SIMを最大5枚まで使える「シェアプラン」もある。コスパの良さはNifMo並みだ。

「シェアコース」なら各SIMでデータ容量を共有することができるので、家族の中でネットの利用頻度が違っていたとしてもデータ容量を分け合うことができて便利だ。

Y!mobile

通話無料サービスが特徴。キャンペーンも充実!

Y!mobile(ワイモバイル)は、イーモバイルとウィルコムが合併し、ヤフーと業務提携して誕生。現在はソフトバンクのサブブランドという位置付けの通信サービスである。通話無料サービスを以前から長く提供してきている。SIM単体でも契約が可能。料金体系が少々ややこしいのがネックだが、キャンペーンや割引制度が充実していて、それを考慮すればコストパフォーマンスにも優れている。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
スマホベーシックプランM 2,980円(契約翌月から6ヶ月間)
3,680円(それ以降)
(※1)
9GB/月最大3枚Y!mobile

※表は横スクロールしてご覧ください。

※1:「新規割」適用時

Y!mobileにも9GB/月の「スマホベーシックプランM」がある。

UQ mobileとは違って、Y!mobileには10分かけ放題がセットでついている。それでいて契約翌月から6ヶ月間は「新規割」による割引によってUQ mobileと同額で利用できてしまうというアドバンテージがあるぞ。もちろん「新規割」終了後の料金も十分な安さ。

逆にディスアドバンテージは、高速データ通信量の翌月繰り越しができないこと。そこは注意しておこう。

Wonderlink LTE

低速通信時でも700kbpsの速度が出せるプランに注目!

家電大手のパナソニックもMVNOに参入。音声通話やSMSの機能は無いものの、全体的に料金が安く抑えられている。データ容量の上限超過後も最大700kbpsで通信可能な「Fシリーズ」があるのが特徴。注目度が上がりつつある格安SIMである。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
F-7G2,480円7GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

Iシリーズの「I-7Gシングル」とFシリーズの「F-7G」の2つのプランで、7GB/月のデータ容量を使うことができる。

これらのプランの主な違いは高速データ容量を使い切った後の通信速度にあり、「I-7Gシングル」では200kbpsとなるが、「F-7G」なら700kbpsとそこそこの速度にとどまり、これが「F-7G」の特徴となっている

その他の違いとしては、通信制限の内容(詳しくは解説ページを参照)、それにMVNE(回線提供元)がIシリーズはIIJ、Fシリーズは富士通系らしい。

エキサイトモバイル

細かい段階制プラン。SIMカード3枚コースも充実!

XTech(クロステック)傘下となったエキサイトが提供するMVNOのモバイル通信サービス。エキサイトモバイルの良いところは、10段階以上にも細かく分けられた段階制プラン、そして1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるコースにある。データ容量を無駄なく利用したい方、複数の端末を所有する方にはもってこいの格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
定額プラン 1枚コース 9GB2,250円9GB/月1枚docomo
定額プラン 3枚コース 9GB2,460円9GB/月3枚~5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※SIM1枚につき月額700円で音声対応が可能

エキサイトモバイルには9GB/月のプランがある。おそらく他社とカブらないように差別化したように見受けられる。それなら11GB/月の方が容量が多く見えて良いと思うのだが…

コスパ的には普通。SIMカードを最大5枚まで使えるというメリットはある。