月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

月額料金が最安クラスの格安SIMカードを比較

機能が少なくても、実効速度が遅くても、マイナーなSIMでも、とにかく安いのがいい! という方向けに、月額料金が特に安い格安SIMをデータ容量別にピックアップして紹介しよう。

これまで、あまり使わないのに我慢して高いスマホを使っていた方は、乗り換えすることで月々の負担を大きく減らすことができるだろう。 また、初めてスマホを使う方にもおすすめ。ここからスタートするのは悪くない選択肢だ。

0GB~1GB未満で最安クラスのSIM

楽天モバイル

ついにMNOとなった楽天が業界に風穴を開ける!

「第4のキャリア」となった楽天モバイル株式会社が運営するモバイル通信サービス。プランは「UN-LIMIT V」の1本勝負。楽天回線エリア内であればデータ通信は無制限で、かけ放題もついている。MNOとしての常識を越える安さも実現しているぞ。楽天回線エリアは急速に拡大中。楽天スーパーポイントが貯まりやすくなる特典も魅力。

プラン名月額料金高速通信容量回線
UN-LIMIT Ⅵ
(2021年4月1日から)
0円(税込0円)~2,980円(税込3,278円)0GB/月~無制限
(段階制)
楽天+au

※表は横スクロールしてご覧ください。

データ通信量が少ないならば、これぞ最安中の最安。月1GBまでの使用であれば月額基本料金はなんと0円だ。また1GB~3GBまでは1,078円で、この部分も十分に安い。

専用アプリの「Rakuten Link」を使えば国内通話も(一部の番号を除いて)かけ放題だ。通話品質も機能もまだ十分とは言えないが、0円だし仕方が無いだろう。

他にも注意点がいくつかある。まず、0円になるのは1回線目のみである。2回線目以降は0GB~3GBまで1,078円となる。

一定期間以上にわたって回線の利用が無い状態が続くと、回線の一時停止または解約になる場合があるとのこと。長い間使わずにほったらかしにしているとダメなので、時々は利用するようにしよう。

LinksMate

ゲームプレイヤーのためのSIM。ゲーム内特典をゲット!

サイバーエージェントグループでCygamesの子会社、株式会社LogicLinksが提供するMVNOのモバイル通信サービス。対象アプリによるデータ通信量を90%以上減らすことのできる「カウントフリーオプション」や、対象ゲームと「連携」してゲーム内アイテムを入手できる特典が用意されており、スマホゲームで遊ぶ方にぴったりの格安SIMだ

プラン名月額料金高速通信容量回線
データ通信のみ 100MB165円(税込)100MB/月docomo
データ通信のみ 200MB275円(税込)200MB/月docomo
データ通信のみ 300MB308円(税込)300MB/月docomo
データ通信のみ 400MB330円(税込)400MB/月docomo
データ通信のみ 500MB363円(税込)500MB/月docomo
SMS+データ通信 100MB297円(税込)100MB/月docomo
SMS+データ通信 200MB407円(税込)200MB/月docomo
SMS+データ通信 300MB440円(税込)300MB/月docomo
SMS+データ通信 400MB462円(税込)400MB/月docomo
SMS+データ通信 500MB495円(税込)500MB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 100MB 517円(税込)100MB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 200MB 627円(税込)200MB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 300MB 660円(税込)300MB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 400MB 682円(税込)400MB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 500MB 715円(税込)500MB/月docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

2021年3月の値下げラッシュの中、最安クラスに躍り出てきたのがこのLinksMateだ。100MB、200MB、300MB、400MB、500MB、1GB、2GB…と非常に細かくプランが用意されている。

100MBでデータSIMならたった165円、音声SIMでも517円と、これまで最安クラスに君臨していたロケットモバイルをも超えた。1GBや2GBのプランでも他を圧倒する安さ。

ただし、残念ながら1GB以下のプランではゲーム関係の特典がもらえない(もらえるのは2GB/月以上)。特典目当ての方は間違ってこれらのプランを選ばないよう気をつけよう。

エキサイトモバイル

細かい段階制プラン。SIMカード3枚コースも充実!

XTech(クロステック)傘下となったエキサイトが提供するMVNOのモバイル通信サービス。エキサイトモバイルの良いところは、10段階以上にも細かく分けられた段階制プラン、そして1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるコースにある。データ容量を無駄なく利用したい方、複数の端末を所有する方にはもってこいの格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量回線
Fit 音声
※4月1日提供開始
495円(税込)~
3,245円(税込)
0MB/月~
25GB/月
docomo・au
Fit SMS
※4月1日提供開始
462円(税込)~
3,212円(税込)
0MB/月~
25GB/月
docomo・au
Fit データ
※4月1日提供開始
385円(税込)~
3,135円(税込)
0MB/月~
25GB/月
docomo・au
Flat 音声 0GB(低速通信のみ)
※4月1日提供開始
660円(税込)不可docomo・au
Flat SMS 0GB(低速通信のみ)
※4月1日提供開始
627円(税込)不可docomo・au
Flat データ 0GB(低速通信のみ)
※4月1日提供開始
550円(税込)不可docomo
最適料金プラン 1枚コース500円(税込550円)~
2,380円(税込2,618円)
0MB/月~
10GB/月
docomo
最適料金プラン 3枚コース1,050円(税込1,155円)~
3,980円(税込4,378円)
100MB/月~
15GB/月
docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※「最適料金プラン」「定額プラン」はSIM1枚につき月額700円で音声対応が可能

「Fit」は段階制のプラン。高速データ通信を全く使わなければワンコイン(500円)以下で使えるのがポイントだ。

「Flat」は一般的な月次のプラン。こちらも0GB(低速通信のみ)のプランが存在し、データSIMで500円代、音声SIMでも600円代というお手頃価格となっている。

LinksMateが段違いの安さになったため、エキサイトの安さがやや霞んでしまったか。

ロケットモバイル

業界最安級で利用できるプランは、まさに「神」!

株式会社IoTコンサルティングが運営するMVNOのモバイル通信サービス。月額328円からという格安さを誇る「神プラン」が人気だ。指定アプリのダウンロードや指定のサービスへの会員登録などを行うことで貯まる「ロケモバポイント」を月額料金の支払いに充てることができるのも特徴。利用中のプランをいつでもすぐに変更できる「今すぐプラン変更」もこのサービスならでは。

プラン名月額料金高速通信容量回線
Dプラン 神プラン データプラン298円(税込328円)不可docomo
Dプラン 神プラン 通話プラン 948円(税込1,043円)不可docomo
Sプラン 神プラン(S) データプラン398円(税込438円)不可SoftBank
Sプラン 神プラン(S) 通話プラン 1,190円(税込1,309円)不可SoftBank
Aプラン 神プラン データプラン298円(税込328円)不可au
Aプラン 神プラン 通話プラン 948円(税込1,043円)不可au

※表は横スクロールしてご覧ください。

データSIMならこのロケットモバイルは現在でも最安クラスの一員だ。

「神プラン」は通信速度が最大200kbpsと遅いものの、データSIMなら月額料金が328円という格安さ(Dプラン・Aプランの場合)。

しかもバースト機能付きなのが驚き。バースト機能とはデータ通信を開始して最初の一定量だけ高速に通信できるという機能で、特にメールやLINEのように少ないデータをポツポツと通信するような用途であれば快適度が大幅に向上する。

ロケットモバイルはややマイナーな格安SIMではあるが、バースト機能があるおかげで最安クラスの割に使い勝手はなかなか良いのでおすすめ。

Spotifyなどの音楽配信サービスもおおむね問題無く使うことができるだろう。ただしブラウザでWebサイトの閲覧は表示の遅さを感じるレベルなので、ブラウザを使うことがある方は高速通信ができるプランを選んだ方が無難だ。

「ロケモバポイント」というシステムもあり、指定されたアプリのダウンロードや、アンケートの回答などを行うともらえる。これをうまく使えば、支払う料金を0円にできるかも?

nuroモバイル

格安かつシンプル。SoftBank回線・au回線も選べる!

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。S・M・Lというシンプルでわかりやすいプラン仕様で、あまり難しいことを考えずに使えるのは魅力。翌月分のデータ容量を前借りできる機能が特徴的。格安の「お試しプラン」も用意されている。

プラン名月額料金高速通信容量回線
ドコモ回線 データ専用 お試しプラン(D)300円(税込330円)0.2GB/月docomo
ドコモ回線 データ+SMS お試しプラン(D)450円(税込495円)0.2GB/月docomo
ドコモ回線 音声通話付き お試しプラン(D) 1,000円(税込1,100円)0.2GB/月docomo
au回線 データ専用 お試しプラン(A)500円(税込550円)0.2GB/月au
au回線 データ+SMS お試しプラン(A)650円(税込715円)0.2GB/月au
au回線 音声通話付き お試しプラン(A) 1,200円(税込1,320円)0.2GB/月au
ソフトバンク回線 データ専用 お試しプラン(S)500円(税込550円)0.2GB/月SoftBank
ソフトバンク回線 音声通話付き お試しプラン(S) 1,200円(税込1,320円)0.2GB/月SoftBank

※表は横スクロールしてご覧ください。

nuroモバイルは「お試しプラン」を選ぶことができる。高速データ通信量は0.2GB/月と少ないが、特にdocomo回線のデータSIMの格安さは抜きん出ている。

機能的にいろいろと制限があり、高速データ通信量の翌月繰り越しができず、「データ前借り」「パケットギフト」が使えない。またデータ通信量を使い切った後は最大通信速度が32kbpsまで下がる。それでもこの維持費の安さは魅力的だ。

au回線やSoftbank回線の「お試しプラン」もあるが、docomo回線よりちょっと高いので一歩譲る感じ。やはりdocomo回線の安さが光っている。

ServersMan SIM LTE

ほどほどの通信速度が出せるため、サブ端末に最適!

ServersMan SIM LTEはMVNOの通信サービス。2015年10月に運営会社がDTIからトーンモバイルに移管され、その2年半後の2018年2月に突如として仕様変更。月額料金は660円に上がったが、最大通信速度が500〜600kbpsに増速。ある程度の通信速度を十分安い料金で出せる格安SIMに生まれ変わった。追加料金を支払うことで一定量の高速通信が可能になるオプションもあり。

プラン名月額料金高速通信容量回線
ServersMan SIM LTE600円(税込660円)不可
(500k~600kbps)
docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

このServersMan SIM LTEは、月額料金は660円と低価格ながら、最大通信速度500k〜600kbpsで通信ができるという珍しいSIM

動画を観たりアプリをダウンロードしたりするには向かないが、外出先でちょっとゲームしたり、Webを検索したりSpotifyを聴いたりするぐらいなら十分使いものになる。

「サブのスマホをとりあえずつながるようにしておきたい」そういった要望に良く応えている格安SIMと言えるだろう。

エックスモバイル

世界のHAPPYを目指す、SIM業界のチャレンジャー!

エックスモバイル(旧:もしもシークス)は、2013年10月に設立されたエックスモバイル株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。無料通話分を含むプランをMVNOとして国内で初めて提供。またSIMと合わせて、独自のルートで調達したというiPhoneを販売しており、そのことでネットユーザーを驚かせたことも。毎月の通信料金の1%を途上国に寄付する活動も行っている。

プラン名月額料金高速通信容量回線
音声プラン 980円(税込1,078円)~0GB/月~
(追加可能)
docomo
データプラン380円(税込418円)~0GB/月~
(追加可能)
docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

エックスモバイルのプランは、基本プランとして「音声プラン」「データプラン」があり、ここにデータ容量やかけ放題などを自由に追加することができるのだが、何も追加しないでおけば基本プランの料金のみ、つまり「音声プラン」は月額1,078円、「データプラン」は月額418円で利用できるぞ。

データ通信の速度は最大200kbpsと低速だが、特に「データプラン」の安さはエキサイトモバイルの「Fit」プランに迫るレベル。

データ容量を追加するとむしろ他社より高くなってしまうので、データ容量は無しで使うのがコストパフォーマンス的にベストかも。

1GB~9GBで最安クラスのSIM

nuroモバイル

格安かつシンプル。SoftBank回線・au回線も選べる!

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。S・M・Lというシンプルでわかりやすいプラン仕様で、あまり難しいことを考えずに使えるのは魅力。翌月分のデータ容量を前借りできる機能が特徴的。格安の「お試しプラン」も用意されている。

プラン名月額料金高速通信容量回線
音声通話付き VSプラン
(4月に開始予定)
720円(税込792円)3GB/月docomo・SoftBank・au
音声通話付き VMプラン
(4月に開始予定)
900円(税込990円)5GB/月docomo・SoftBank・au
音声通話付き VLプラン
(4月に開始予定)
1,350円(税込1,485円)8GB/月docomo・SoftBank・au
データ通信+SMS VSプラン
(4月に開始予定)
720円(税込792円)3GB/月docomo・au
データ通信+SMS VMプラン
(4月に開始予定)
900円(税込990円)5GB/月docomo・au
データ通信+SMS VLプラン
(4月に開始予定)
1,350円(税込1,485円)8GB/月docomo・au
データ通信 VSプラン
(4月に開始予定)
570円(税込627円)3GB/月docomo・SoftBank・au
データ通信 VMプラン
(4月に開始予定)
750円(税込825円)5GB/月docomo・SoftBank・au
データ通信 VLプラン
(4月に開始予定)
1,200円(税込1,320円)8GB/月docomo・SoftBank・au

※表は横スクロールしてご覧ください。

なんと3GB、5GB、8GBのプランの3つとも最安クラス。特に音声SIMの安さで他社にリードしているぞ。

3GBならOCN モバイル ONEより20%安い。8GBならIIJmioよりわずかに安い。

5GBの「VMプラン」と8GBの「VLプラン」には、3ヶ月ごとにデータ容量がもらえる「Gigaプラス」という機能がついている。「VMプラン」なら3GB、「VLプラン」なら6GBがもらえる。ただでさえ安いプランにさらにデータ容量がプラスされるという太っ腹な機能だ。ただ、もらえるのが3ヶ月に1回ということでデータ容量の管理にはちょっと頭を使う必要があるかも。

なお「Gigaプラス」でもらったデータ容量は翌々月まで繰り越しが可能なので、慌てて使わなくても大丈夫。

LinksMate

ゲームプレイヤーのためのSIM。ゲーム内特典をゲット!

サイバーエージェントグループでCygamesの子会社、株式会社LogicLinksが提供するMVNOのモバイル通信サービス。対象アプリによるデータ通信量を90%以上減らすことのできる「カウントフリーオプション」や、対象ゲームと「連携」してゲーム内アイテムを入手できる特典が用意されており、スマホゲームで遊ぶ方にぴったりの格安SIMだ

プラン名月額料金高速通信容量回線
データ通信のみ 1GB385円(税込)1GB/月docomo
データ通信のみ 2GB418円(税込)2GB/月docomo
データ通信のみ 3GB550円(税込)3GB/月docomo
データ通信のみ 4GB726円(税込)4GB/月docomo
データ通信のみ 5GB858円(税込)5GB/月docomo
データ通信のみ 6GB990円(税込)6GB/月docomo
データ通信のみ 7GB1,111円(税込)7GB/月docomo
データ通信のみ 8GB1,254円(税込)8GB/月docomo
データ通信のみ 9GB1,353円(税込)9GB/月docomo
SMS+データ通信 1GB517円(税込)1GB/月docomo
SMS+データ通信 2GB550円(税込)2GB/月docomo
SMS+データ通信 3GB682円(税込)3GB/月docomo
SMS+データ通信 4GB858円(税込)4GB/月docomo
SMS+データ通信 5GB990円(税込)5GB/月docomo
SMS+データ通信 6GB1,122円(税込)6GB/月docomo
SMS+データ通信 7GB1,243円(税込)7GB/月docomo
SMS+データ通信 8GB1,386円(税込)8GB/月docomo
SMS+データ通信 9GB1,485円(税込)9GB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 1GB 737円(税込)1GB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 2GB 770円(税込)2GB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 3GB 902円(税込)3GB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 4GB 1,078円(税込)4GB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 5GB 1,210円(税込)5GB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 6GB 1,342円(税込)6GB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 7GB 1,463円(税込)7GB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 8GB 1,606円(税込)8GB/月docomo
音声通話+SMS+データ通信 9GB 1,705円(税込)9GB/月docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

LinksMateも最安クラスとしてnuroモバイルと争っている。

こちらはデータSIMの安さが光る。3GB、8GBならLinksMateのがお得だ

プランが非常に細かく分けられているのが特徴的。契約した後でもデータ通信量が多すぎると思ったら少ないプランへ、少なすぎると思ったら大きいプランへ変更すれば、自分にピッタリのプランを見つけることができるだろう。

2GB以上のプランならゲーム関連の特典もゲットできる。これも魅力的なポイントだ。

10GB~15GBで最安クラスのSIM

エキサイトモバイル

細かい段階制プラン。SIMカード3枚コースも充実!

XTech(クロステック)傘下となったエキサイトが提供するMVNOのモバイル通信サービス。エキサイトモバイルの良いところは、10段階以上にも細かく分けられた段階制プラン、そして1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるコースにある。データ容量を無駄なく利用したい方、複数の端末を所有する方にはもってこいの格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量回線
Flat 音声 12GB
※4月1日提供開始
1,650円(税込)12GB/月docomo・au
Flat SMS 12GB
※4月1日提供開始
1,617円(税込)12GB/月docomo・au
Flat データ 12GB
※4月1日提供開始
1,540円(税込)12GB/月docomo
でんわパックプラン M 3,880円(税込4,268円)15GB/月docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※「最適料金プラン」「定額プラン」はSIM1枚につき月額700円で音声対応が可能

このデータ容量帯ではエキサイトモバイルの安さがピカイチだ。月次プラン「Flat」の12GBの月額料金は、なんと他社の10GBプランよりも安いレベル

これだけのデータ容量があれば、それなりにWeb閲覧やSNSを利用する方でも足りることだろう。これで月額1,000円代なのだから驚きだ。

docomo回線に加えてau回線にも対応した。対応端末をお持ちの方も、これから端末を購入する方もぜひ一度検討してみよう。

SIMカードの追加も有料で行えるので、複数端末の運用にも良い。

IIJmio

優れたプランとサービス品質の高さで業界をリード!

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。読み方は「アイアイジェイ・ミオ」。音声通話機能のあるプランは「みおふぉん」という愛称で親しまれている。余ったデータ容量の翌月繰り越しやバースト転送機能など、かゆいところに手の届く機能をいち早く取り入れてきた。全プランが複数SIMに対応しているメリットもあるし、お得な2つの通話定額オプションも魅力的。柔軟性が持ち味の格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量回線
音声 15ギガプラン(4月1日開始) 1,680円(税込1,848円)15GB/月docomo,au
SMS 15ギガプラン(4月1日開始)1,650円(税込1,815円)15GB/月docomo,au
データ 15ギガプラン(4月1日開始)1,580円(税込1,738円)15GB/月docomo
eSIM 15ギガプラン(4月1日開始)1,300円(税込1,430円)15GB/月docomo
タイプD ファミリーシェアプラン2,560円(税込2,816円)~12GB/月docomo
タイプD ファミリーシェアプラン
(音声通話機能つき)
3,260円(税込3,586円)~12GB/月docomo
タイプA ファミリーシェアプラン2,560円(税込2,816円)~12GB/月au
タイプA ファミリーシェアプラン
(音声通話機能つき)
3,260円(税込3,586円)~12GB/月au

※表は横スクロールしてご覧ください。

15GBならIIJmioの出番だ。エキサイトモバイルの12GBプランに月額200円ほど追加すれば、IIJmioの15GBプランを契約できちゃうぞ。

データ専用でよければ、eSIMプランを選ぶとさらに300円ほど安くなり、もはや他の追従を許さないレベル。eSIMは初期設定がやや難しいので中〜上級者向けだが、できる方は挑戦してみると良いだろう。

安いだけではなく機能的にも充実していて、使い勝手もトップクラス。

20GB~30GBで最安クラスのSIM

作成中