月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

100GB/月以上の超大容量データ通信を使える格安SIMを比較

スマートフォンで使える100GB/月以上のSIMをここで紹介しよう。中には200GB/月、300GB/月なんてものも。

すべて「再販型」のSIMとみられており、実効速度が速いことが大きなメリットである。大手が提供している「レイヤー接続型」MVNOのSIMとは違って、MNOと同じ設備をそのまま使って通信が行われるためだ。

ただ、運営会社が小規模なところがほとんど。サポートが限られていたり、ユーザー数が少なく評価も定まっていないところもあるので、どちらかというと中〜上級者向けと言える。

これらのSIMの上手な使い方としては、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)対応端末での利用が考えられる。片方に月額1,000円ぐらいの安価な音声通話SIMを刺して、もう片方に超大容量SIMを刺して使うのだ。そうすれば、音声通話もネットもスマートフォン1台でこなせる快適環境のできあがりだ。

各SIMの比較・解説

FUJI SIM

注目度上昇中。思う存分データ通信を使いたい方に!

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「FUJI Wifi」のSIM単体プランが「FUJI SIM」。SoftBankの再販型とみられている。スマホに刺して使える。データ通信のみだが、20GB/月〜200GB/月の超大容量プランを選ぶことができ、ほとんど無制限に近い感覚で利用できるぞ。一定期間分を一括支払いすることで月額実質料金が安くなる「おまとめプラン」もあり。運営会社は株式会社レグルス

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
100ギガプラン3,800円100GB/月1枚SoftBank
200ギガプラン4,800円200GB/月1枚SoftBank
おまとめプラン 100ギガプラン2,980円(実質)~100GB/月1枚SoftBank
おまとめプラン 200ギガプラン3,980円(実質)~200GB/月1枚SoftBank

※表は横スクロールしてご覧ください。

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスで有名なFUJI WiFiが、超大容量のSIMの単体レンタルを展開したことでさらに知名度がUP。

プランは100GB/月と200GB/月を選ぶことができる。短期間の場合は通常プラン、長期間の場合は「おまとめプラン」がおすすめだ。「おまとめプラン」は最初に一定期間分(3ヶ月/6ヶ月/9ヶ月/13ヶ月から選べる)を一括支払いすることによって月額実質料金を安くできるプラン。初回の支払金額は大きくなるが、1ヶ月あたりの料金は通常よりもお得になる。

MVNOの格安SIMと比べても非常にリーズナブルで、同じくらいの料金だとデータ通信量は5倍ぐらい違う。データ通信量の翌月繰り越しやON/OFFスイッチなどの機能は無いものの、これだけの大容量でこの料金なのだから、注目度が高まるのも当然といったところか。

ちなみに初期費用は2,000円。これも3,000円代が一般的なのでFUJI SIMは一回り安いぞ。

なお、契約するときに「安心サポート Premium for SIM」への加入が必須になっているが、これは契約して約1ヶ月後には解約できるようになるので、不要な方は忘れずに解約しよう。

w/wifi

超大容量プランの圧倒的なコストパフォーマンス!

w/wifi(ウィズ ワイファイと読む)には株式会社LOLが提供するSoftBank回線の再販型SIMの単体レンタルプランがある。実質200GB/月の「Unlimited SIMプラン」があるほか、100GB/月、48GB/月の超大容量プランもコストパフォーマンスが非常に高い。動画配信にも快適に使えそうだ。解約金無し、契約期間の縛り無し。他にはWi-Fiルーターのレンタルプランもあり。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
Unlimited SIMプラン5,555円約200GB/月1枚SoftBank
100ギガバイト SIMプラン3,480円100GB/月1枚SoftBank

※表は横スクロールしてご覧ください。

「100ギガバイト SIMプラン」は、FUJI SIMの「おまとめプラン」にはかなわないがFUJI SIMの通常プランよりは安く提供されているぞ。短期間の利用であればこっちの方がお得…と言いたいところだが、初期費用が3,777円とFUJI SIMより高いことには留意する必要あり。結果的にはトントンだ。

「Unlimited SIMプラン」は、当初はデータ通信無制限のプランとして提供されていたが、公式発表によると月に200GB(目安)を超えるとSoftBank側による制限がかかるようになったとのこと。そのためこのプランは実質的に約200GB/月となる。これの月額料金はあいにくFUJI SIMより一回り高め。

再販型ということで、MNOの設備で通信することになるため、実効速度の速さはバッチリ。直近3日間の制限が無い点も安心。

翌月繰り越しやON/OFFスイッチなどは無く、機能的には非常にシンプルだが、難しいことを考えずに使えるという意味では悪くない。

iVideo

知る人ぞ知る、台湾発の超大容量SIMレンタル!

動画サイトっぽい名前をしているが、これもWi-Fi/SIMレンタルサービスである。SIMフリー端末で使える「SIMのみプラン」は、SoftBank回線でデータ通信のみだが、その容量はなんと300GBと900GBという極大容量。仕様に一部クセがある(料金が前払い、料金が頻繁に変わる等)ので上級者・ヘビーユーザー向け。運営会社は台湾に本社のあるWaveThink Technology Inc.(中国語表記:維思資訊股份有限公司)。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
SIMのみプラン 一ヶ月300GB3,900円300GB/31日1枚SoftBank
SIMのみプラン 一ヶ月900GB4,200円900GB/31日1枚SoftBank

※表は横スクロールしてご覧ください。

最大で900GB/31日という、高速データ通信量の多さでは他の追従を許さない。それでいて月額料金も定価で3,000〜4,000円代という良心的な設定。さらにキャンペーンが結構な頻度で行われており、月額料金が一気に数百円安くなったりするので、適用できれば圧倒的な激安さ。

サービスクオリティは海外クオリティ。料金の請求ミスや、注文とは違うSIMが届くなどのトラブルをちらほら耳にする。いろんな面において日本より大雑把だと思った方が良い。利用する際にはちょっと覚悟が必要かも。いわばハイリスク・ハイリターンなSIMだ。

短時間に大量のデータ通信を行うと通信量に制限がかかるのは他のSIMと同じだが、iVideoの評判を見ていると「制限がかかってしまった」との報告がやや多く見られる。iVideoのSIMは月間のデータ通信量がたくさんあるため、つい過剰に使ってしまうユーザーが他のSIMのユーザーよりも多いのかも知れない。数日で一気にデータ通信量を使い切ろうとせずに、31日間かけてじわじわ使い切るように心がけたい。

J-mobile

ほぼ使い放題なので、もうギガ不足に悩まない!

ジャパンモバイル株式会社が提供するモバイル通信サービス。注目はSoftBank回線の再販型とみられる「テラザウルス」で、約100GB/月や約300GB/月の超大容量プランに加えて「ほぼ無制限級」なんてものも。月額料金はキャンペーンで安くなることがあるのでタイミングによってはお得。利用開始翌月から12ヶ月間の最低利用期間あり。ルーターつきのプランも用意されている。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
テラザウルス SIMプラン4,980円約100GB/月1枚SoftBank
テラザウルスNEXT SIMプラン6,480円約300GB/月1枚SoftBank
テラザウルス音声プラス 7,160円約100GB/月データ1枚+
音声1枚
SoftBank+
docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

数年前までは超大容量のSIM単体プランとして名前のよく挙がるサービスだった。最近はちょっとFUJI SIMなどに押されている模様だが、月額料金が割引になるキャンペーンが行われることがあるので見逃せない。

データSIMと音声対応SIMを2枚組で提供する「テラザウルス音声プラス」は、キャンペーンで2,000〜3,000円ぐらい安くなることもあり、適用できればなかなかお得。プランを一本化できるので、DSDS対応スマホをお持ちの方におすすめ。

データSIMの方の月額料金もキャンペーンで500円〜1,000円ぐらい安くなることがある。ただ最低利用期間があることはデメリットである。

モナWi-Fi

超大容量SIMレンタルをいつでも何度でも( ´∀`)

5ch(旧2ch)でおなじみのモナーがマスコットキャラクターを務めるモナWi-Fi。SoftBank回線の再販型とみられるレンタルSIMプランが2種類ある。特に300GB/月を使える「裏モナSIMプラン」のコスパが素晴らしい。契約時の事務手数料が初回契約時よりも2回目以降の方が安くなるという、リピーター向けの特徴もある。仮想通貨「モナコイン」がもらえるキャンペーンが行われることがあるほか、「モナコイン」による支払いも準備中とのこと。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
100GB SIMプラン(モナSIM)3,500円100GB/月1枚SoftBank
裏モナSIMプラン4,500円300GB/月1枚SoftBank

※表は横スクロールしてご覧ください。

※月額料金はキャンペーン価格(2019年9月)

「100GB SIMプラン」も魅力的だし、それ以上に「裏モナSIMプラン」の容量の多さ・月額料金の安さは飛び抜けている

月額料金は「キャンペーン価格」であり、時期によって変動する可能性があるので最新の情報は公式サイトで確認を。

モナWi-FiのSIMにはいくつか注意点があり、1つ目は初回事務手数料が5,000円とやや高めなこと。ただ、一度解約した後に再度契約する場合の事務手数料は1,000円で済むので、必要になったときだけ契約→必要無くなったら解約、を繰り返すリピーターの方にはちょうど良さそう。

2つ目は、契約初月はウイルスセキュリティーの「インターネットセキュリティープラス」(月額500円)への加入が必須であること。不要な場合は2ヶ月目以降になったら忘れずに解除しよう。

まだまだあります

Nomad SIM

場所を選ばないノマドな人へ。快適な通信環境!

これもSoftBank回線の超大容量SIMだ。プランは「Basic Plan」と「Pro Plan」の2種類だけというシンプルな構成。SMS利用可能、契約期間の縛り無し、解約金無し、速度制限無し。解約時に返却が不要なところもGOOD。運営会社は令和元年誕生のベンチャー企業、株式会社Nomad Works

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
Basic Plan3,600円目安100GB/月1枚SoftBank
Pro Plan4,800円目安300GB/月1枚SoftBank

※表は横スクロールしてご覧ください。

その他