月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

100GB/月以上の超大容量データ通信を使える格安SIMを比較

スマートフォンで使える100GB/月以上のSIMをここで紹介しよう。

すべて「再販型」のSIMとみられており、実効速度が速いことが大きなメリットである。大手が提供している「レイヤー接続型」MVNOのSIMとは違って、MNOと同じ設備をそのまま使って通信が行われるためだ。

ただ、運営会社が小規模なところがほとんど。サポートが限られていたり、ユーザー数が少なく評価も定まっていないところもあるので、どちらかというと中〜上級者向けと言える。

これらのSIMの上手な使い方としては、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)対応端末での利用が考えられる。片方に月額1,000円ぐらいの安価な音声通話SIMを刺して、もう片方に超大容量SIMを刺して使うのだ。そうすれば、音声通話もネットもスマートフォン1台でこなせる快適環境のできあがりだ。

各SIMの比較・解説

FUJI SIM

注目度上昇中。思う存分データ通信を使いたい方に!

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「FUJI Wifi」のSIM単体プランが「FUJI SIM」。SoftBankの再販型とみられている。スマホに刺して使える。データ通信のみだが、20GB/月〜200GB/月の超大容量プランを選ぶことができ、ほとんど無制限に近い感覚で利用できるぞ。一定期間分を一括支払いすることで月額実質料金が安くなる「おまとめプラン」もあり。運営会社は株式会社レグルス

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
100ギガプラン3,800円100GB/月1枚SoftBank
200ギガプラン4,800円200GB/月1枚SoftBank
おまとめプラン 100ギガプラン2,980円(実質)~100GB/月1枚SoftBank
おまとめプラン 200ギガプラン3,980円(実質)~200GB/月1枚SoftBank

※表は横スクロールしてご覧ください。

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスで有名なFUJI WiFiが、超大容量のSIMの単体レンタルを展開したことでさらに知名度がUP。

プランは100GB/月と200GB/月を選ぶことができる。短期間の場合は通常プラン、長期間の場合は「おまとめプラン」がおすすめだ。「おまとめプラン」は最初に一定期間分(3ヶ月/6ヶ月/9ヶ月/13ヶ月から選べる)を一括支払いすることによって月額実質料金を安くできるプラン。初回の支払金額は大きくなるが、1ヶ月あたりの料金は通常よりもお得になる。

MVNOの格安SIMと比べても非常にリーズナブルで、同じくらいの料金だとデータ通信量は5倍ぐらい違う。データ通信量の翌月繰り越しやON/OFFスイッチなどの機能は無いものの、これだけの大容量でこの料金なのだから、注目度が高まるのも当然といったところか。

ちなみに初期費用は2,000円。これも3,000円代が一般的なのでFUJI SIMは一回り安いぞ。

なお、契約するときに「安心サポート Premium for SIM」への加入が必須になっているが、これは契約して約1ヶ月後には解約できるようになるので、不要な方は忘れずに解約しよう。

w/wifi

超大容量プランの圧倒的なコストパフォーマンス!

w/wifi(ウィズ ワイファイと読む)には株式会社LOLが提供するSoftBank回線の再販型SIMの単体レンタルプランがある。データ通信を無制限に使える「Unlimited SIMプラン」があるほか、100GB/月、48GB/月の超大容量プランもコストパフォーマンスが非常に高い。動画配信にも快適に使えそうだ。解約金無し、契約期間の縛り無し。他にはWi-Fiルーターのレンタルプランもあり。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
Unlimited SIMプラン5,555円約200GB/月1枚SoftBank
100ギガバイト SIMプラン3,480円100GB/月1枚SoftBank

※表は横スクロールしてご覧ください。

100GB/月のプランは、FUJI SIMの「おまとめプラン」にはかなわないがFUJI SIMの通常プランよりは安く提供されているぞ。短期間の利用であればこっちの方がお得…と言いたいところだが、初期費用が3,777円とFUJI SIMより高いのでトントンといったところ。

「Unlimited SIMプラン」は、当初はデータ通信無制限のプランとして提供されていたが、公式発表によると月に200GB(目安)を超えるとSoftBank側による制限がかかるようになったとのこと。そのためこのプランは実質的に約200GB/月となる。これの月額料金もあいにくFUJI SIMより一回り高め。

再販型ということで、MNOの設備で通信することになるため、実効速度の速さはバッチリ。直近3日間の制限が無い点も安心。

翌月繰り越しやON/OFFスイッチなどは無く、機能的には非常にシンプルだが、難しいことを考えずに使えるという意味では悪くない。

J-mobile

ほぼ使い放題なので、もうギガ不足に悩まない!

ジャパンモバイル株式会社が提供するモバイル通信サービス。注目はSoftBank回線の再販型とみられる「テラザウルス」で、約100GB/月や約300GB/月の超大容量プランに加えて「ほぼ無制限級」なんてものも。月額料金はキャンペーンで安くなることがあるのでタイミングによってはお得。利用開始翌月から12ヶ月間の最低利用期間あり。ルーターつきのプランも用意されている。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
テラザウルス SIMプラン4,980円約100GB/月1枚SoftBank
テラザウルスNEXT SIMプラン6,480円約300GB/月1枚SoftBank
テラザウルス音声プラス 7,160円約100GB/月データ1枚+
音声1枚
SoftBank+
docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

数年前までは超大容量のSIM単体プランとして名前のよく挙がるサービスだった。最近はちょっとFUJI SIMなどに押されている模様だが、月額料金が割引になるキャンペーンが行われることがあるので見逃せない。

データSIMと音声対応SIMを2枚組で提供する「テラザウルス音声プラス」は、キャンペーンで2,000〜3,000円ぐらい安くなることもあり、適用できればなかなかお得。プランを一本化できるので、DSDS対応スマホをお持ちの方におすすめ。

データSIMの方の月額料金もキャンペーンで500円〜1,000円ぐらい安くなることがある。ただ最低利用期間があることはデメリットである。