月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

ホーム

通信速度やデータ通信量に制限をつけることで、月々の料金を大幅に抑えることのできる通信サービス「格安SIM」。最近になって、各種メディアでもよく取り上げられるようになってきた。

すでに多くの種類が登場している格安SIM。当サイトでは、それぞれの格安SIMのおすすめポイントや評判・評価の紹介や、料金や通信速度、機能などの比較を行い、あなたの格安SIM選びをサポートしていきたい。

格安SIMをタイプ別で比較!

私がおすすめする格安SIMはこれだ!

楽天モバイル

音声もネットもお得に使える、楽天のSIMカード!

楽天が運営するMVNOのモバイル通信サービス。通話SIM・データSIMの両方があり、選べるプランはそれぞれ、高速通信容量なしで料金を抑えた「ベーシックプラン」を始めとした4種類。機能的にも有名プロバイダのサービスに比べて遜色無いレベルに仕上がっている。「楽天スーパーポイント」がもらえるなどお得なキャンペーンが充実しているのも魅力だ

月額料金525円~
回線docomo
音声通話プランあり

mineo

docomo・auのキャリアを選べるMVNO。機能も充実!

光回線の「eo光」などを展開している関西のプロバイダ、ケイ・オプティコムが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。docomo回線・au回線の両方のプランが用意されている。データ容量を家族で共有できる「パケットシェア」、誰とでもデータ容量を送り合える「パケットギフト」、それに「複数回線割」「家族割」など、機能的にもとても充実しているのもメリット。サービス内容で選ぶ価値のある格安SIMといえよう

月額料金700円~
回線docomo・au
音声通話プランあり

IIJmio

優れたプランとサービス品質の高さで業界をリード!

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。読み方は「アイアイジェイ・ミオ」。音声通話機能のあるプランは「みおふぉん」という愛称で親しまれている。余ったデータ容量の翌月繰り越しやバースト転送機能など、かゆいところに手の届く機能をいち早く取り入れてきた。全プランが複数SIMに対応しているメリットもあるし、お得な2つの通話定額オプションも魅力的。柔軟性が持ち味の格安SIMだ。

月額料金900円~
回線docomo・au
音声通話プランあり

UQ mobile

KDDIグループの会社が運営する、注目の格安SIM!

WiMAXでも知られるUQコミュニケーションズが提供するMVNOのモバイル通信サービス。SIMサービスには大きく分けると月間3GBの高速通信が使えるプランと、低速だが無制限に使えるプランがあり、どちらも需要は高い。無料通話分や端末割引がセットになった「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」もある。他社の通信サービスに正面から対抗したサービスだ。通信品質の高さでも評価が高く、実効速度は格安SIMの中でもトップクラスと言われている。

月額料金980円~
回線au
音声通話プランあり

OCN モバイル ONE

格安SIMの本命。OCNブランドの安心感!

NTTコミュニケーションズが提供する、MVNOの通信サービス。高いシェアを誇る有名プロバイダだけあって、この格安SIMも優れたサービスとなっている。プランは高速通信ができるものを含めた5種類から選ぶことができ、光サービスの「OCN 光」やIP電話の「050 plus」との組み合わせもGOOD。容量追加やSIMカード追加など、多くのオプションがあるのも魅力。今後さらに利用者が増えそうな、格安SIMの本命の1つだ

月額料金900円~
回線docomo
音声通話プランあり

U-mobile

各種プランに強みあり。中にはLTE使い放題のSIMも!

U-mobileは、USENから分離独立する形で誕生した株式会社U-NEXTが提供するMVNOの通信サービス。一般的な月次プランや二段階定額プランに加えて、無制限プランの「LTE使い放題」や、大容量の「U-mobile MAX 25GB」、SoftBank回線を使った「U-mobile S」など、それぞれ仕様の異なるプランを次々とリリースしており、バリエーションで勝負する格安SIMとなっている

月額料金680円~
回線docomo・SoftBank
音声通話プランあり

nuroモバイル

新しくユニークなサービス。基本無料の「0 SIM」も!

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。1GBきざみのシンプルでわかりやすいプラン仕様の「nuroモバイル」がメイン。難しいことを考えずに使えるのは魅力。一定時間だけ無制限にデータ通信ができる「時間プラン」「深夜割」といったユニークなプランも用意されている。月に500MBまでなんと無料で使える「0 SIM」は登場した時、その斬新さで一躍話題となった。

月額料金0円~
回線docomo
音声通話プランあり

DMMモバイル

業界最安値水準に挑戦。機能も優れるイチオシのSIM!

DMMが提供するMVNOのモバイル通信サービス。MVNEがIIJであり機能的にもIIJmioによく似ている。低速通信時でも少しの間だけ高速通信になる「バースト機能」が強みの1つ。データSIM・通話SIMともに用意されており、データ容量に応じて細かく選べるプランはIIJmioを上回る豊富さがある。全プランで他社よりも安い月額料金に挑戦すると宣言し、業界を果敢に攻める格安SIMだ。

月額料金440円~
回線docomo
音声通話プランあり

期間限定キャンペーンの情報をチェック!

楽天モバイル

夏トクキャンペーン実施中! タイムセールも定期的に開催されるので要チェック! ご存じ楽天のSIM。楽天スーパーポイントも貯まってお得。

UQ mobile

【下記キャンペーンページから契約した方限定】「データ高速+音声プラン」を契約でJCBギフトカード5,000円分、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」なら最大13,000円分をプレゼント! au回線でも格安スマホにデビューしよう。

DMMモバイル

お得にスタートキャンペーン! 新規契約手数料が0円! 月額440円からの低価格と使い勝手の良さで人気のSIM。
(2017年8月31日まで)

イオンモバイル

新規契約で初期費用が3,000円→1円! 6GB/月以上のプランなら月額料金3ヶ月間割引も! 少ない容量から超大容量まで、幅広いプランの選択肢。
(2017年9月4日まで)

BIGLOBE SIM

3GB以上のプラン申し込みで、データSIMなら5,000円、音声SIMなら最大20,000円のキャッシュバック! 他社に劣らないサービス。プロバイダの信頼性が高くて安心。
(2017年9月3日まで)

Y!mobile

音声SIMを新規または他社から乗り換えで契約すると、スマホプランSで10,000円、スマホプランM/Lなら15,000円キャッシュバック! 通話無料サービスがあるため、たくさん電話をかける方におすすめ。

※キャンペーンは予告なく終了することがあります。

最近プラン追加・改定された格安SIMに注目!

8月1日

  • BIGLOBE SIM – 「エンタメフリー・オプション」対象サービスにU-NEXTを追加
  • nuroモバイル – 5分かけ放題オプションが10分かけ放題に改定、データ前借り機能を追加、午前1時~6時までデータ通信使い放題の「深夜割」プランを追加

7月1日

6月22日

  • BIGLOBE SIM – 「エンタメフリー・オプション」対象サービスにAmazon Musicを追加

6月19日

  • LINEモバイル – 通話料が半額になる「いつでも電話」および、「10分電話かけ放題オプション」を開始

6月1日

  • mineo – 5GBコースが6GBに増量、および長期利用特典「ファンとく」開始
  • IIJmio – 20GB・30GBのデータ容量を追加できる「データオプション」を提供開始
  • BIGLOBE SIM – 「シェアSIM」「エンタメフリー・オプション」が3GBプランでも利用可能に
  • NifMo – 「NifMo 半額ダイアル」「NifMo 10分かけ放題」を提供開始

過去の情報を見る

低価格でモバイル通信が利用できる格安SIM

月1,000円以下、中には500円を切るという圧倒的に安い料金で、スマートフォンやタブレットのデータ通信が利用できるようになる、それが格安SIMだ。

あまり使わないけれど、スマートフォンやタブレットをなんとなく契約している…そんな方にはぜひ乗り換えがおすすめだ。

家族、特にお子様にスマートフォンを持たせたいけれど、通信費がかかるから家計が心配…そういった方も格安SIMなら、料金をぐっと節約することができる。

格安SIMのサービスは、通信設備を自社で持つのではなく、他社から借りて通信サービスを行う事業者(MVNO、仮想移動体通信事業者)が提供している。特に最近になって多くのプロバイダが参入して種類が増え、差別化も進み、各社の競争が激しくなっている。そのため、利用したいユーザーにとっても、どの格安SIMが良いか迷ってしまうことだろう。

ぜひ当サイトでチェックして、自分に合った格安SIMを見つけて欲しい。

通常のスマホ利用と比較してどこが違う?

通信速度やデータ通信量の制限によって安さを実現

格安SIMは、通信速度やデータ通信量を制限することによって、その安さを実現している。

大手携帯電話会社が提供するLTEのようなサービスは、速度が高速で、データ容量も7GB/月と比較的余裕があった。一方、料金は安いプランでも月に数千円はかかるものであった。そのため「1ヶ月の間にそれほどLTEの通信を使うわけではない、だけど契約しないわけにはいかない…」そういった方のニーズに合うものではなかった。

そんな中、格安SIMは、そのようなニーズに応えられるサービスとして注目を集めている。

機能が削られている

多くの格安SIMでは、090/080の電話番号による音声通話機能がついたものか、あるいは音声通話機能の無いデータ通信専用のものを選ぶことができる。

しかし音声通話機能においては、いわゆる無料通話分を利用することはできない(一部の格安SIMを除く)。大手携帯電話会社とは違い、かけた分だけ通話料がかかる従量制となるため、電話のしすぎには気をつける必要がある。

ただ最近では、通話料を半額にできるサービス(スマートフォンアプリ)を合わせて提供している格安SIM事業者も増えてきたので、そちらを使うようにすれば通話料の節約になる。積極的に利用するようにしたい。

その他では、メールアドレスが付与されない格安SIMが多い。そのため代替手段を用意する必要がある。最近は「GMail」などが無料で利用できるため、そういったサービスを利用するのが良いだろう。

料金体系が比較的シンプルでわかりやすい

大手携帯電話会社の料金プランは、とにかく複雑だ。「○○割」などという割引制度が、いったいいくつあるのか。またその適用条件も複雑。利用者が気づかないうちに、不利な条件で契約させられてしまったという話もよく耳にする。

それに対して格安SIMの料金プランは非常にシンプルだ。このわかりやすさは実際に比べてみればわかる。契約条件も比較的クリアなところは、そのまま信用にもつながるだろう。

契約期間の縛りが無い/あっても短い

「1年縛り」「2年縛り」といった長い縛りもほとんどの格安SIMには無い。最低利用期間が設定されている格安SIMはあるが、多くは1~2ヶ月程度となっている。

音声通話が可能なSIMの場合は、短期間のうちに契約を解除すると解除調定金がかかるが、それでもその期間は半年~1年程度。それを過ぎれば解除調停金はかからなくなる。進化の速いスマートフォン業界。最新のサービスを追いかけてみるのも良さそうだ。