月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

通話定額プラン(かけ放題)を利用できる格安SIMを比較

ここで言う通話定額プランは、音声通話を月に一定以内の回数・一定以内の時間であれば、通話料がかかることなく月額料金のみの定額で利用できるプラン。無料通話分のあるプランだとイメージしても良いだろう。

営業の仕事をしている方や、ご家族と頻繁に連絡を取り合う方など、多くの電話をかける方に最適。

通話メインで利用している方の中には、スマートフォンでは高い料金の支払いがキツいので、ガラケーで今まで我慢してきた方も多数いらっしゃることと思う。そんな方にこそおすすめだ。通話定額プランのある格安SIMを使えば、いよいよスマートフォンに乗り換えることができるぞ。

BIGLOBE SIM

サービス内容、品質ともに十分。堅実なサービス内容!

BIGLOBE SIM(BIGLOBE LTE・3G)は、KDDIグループとなったビッグローブが運営するMVNOのモバイル通信サービス。ロゴマークのキャラクター「びっぷる」がかわいい。プランは音声通話あり・なしでそれぞれ5~6種類から選ぶことができる。通話サービス「BIGLOBEでんわ」の通話定額オプションや、YouTubeを始めとするエンタメ系アプリがカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」などが提供されているのが魅力。明確なターゲットで堅実なサービスが持ち味だ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声通話スタートプラン 1,400円1GB/月1枚docomo
3ギガプラン(音声SIM) 1,600円3GB/月1枚docomo
6ギガプラン(音声SIM) 2,150円~6GB/月最大5枚docomo
12ギガプラン(音声SIM) 3,400円~12GB/月最大5枚docomo
20ギガプラン(音声SIM) 5,200円~20GB/月最大5枚docomo
30ギガプラン(音声SIM) 7,450円~30GB/月最大5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

BIGLOBE SIMで使える通話サービス「BIGLOBEでんわ」には、選べる2つの通話オプションがある

1つ目の「通話パック60」は月額650円で、1,200円分(BIGLOBEでんわで通話した場合)の通話ができる。めいっぱい使えば60分間の電話をかけられて、1ヶ月あたり550円分お得になる計算だ。

2つ目の「3分かけ放題」も月額650円で、3分以内の国内通話なら何回でもかけることができる。

「音声通話スタートプラン」にこのいずれかを組み合わせれば、月額料金は2,050円となる。通話メインの方でも、この料金なら手軽にスマートフォンに乗り換えられるに違いない。

既定の通話時間を超えた場合は通話料がかかるが、それも通常の半分(10円/30秒)なのでお得。

IIJmio

優れたプランとサービス品質の高さで業界をリード!

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。読み方は「アイアイジェイ・ミオ」。音声通話機能のあるプランは「みおふぉん」という愛称で親しまれている。余ったデータ容量の翌月繰り越しやバースト転送機能など、かゆいところに手の届く機能をいち早く取り入れてきた。全プランが複数SIMに対応しているメリットもあるし、お得な2つの通話定額オプションも魅力的。柔軟性が持ち味の格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
タイプD ミニマムスタートプラン
(音声通話機能つき)
1,600円~3GB/月最大2枚docomo
タイプD ライトスタートプラン
(音声通話機能つき)
2,220円~6GB/月最大2枚docomo
タイプD ファミリーシェアプラン
(音声通話機能つき)
3,260円~10GB/月最大10枚docomo
タイプA ミニマムスタートプラン
(音声通話機能つき)
1,600円~3GB/月最大2枚au
タイプA ライトスタートプラン
(音声通話機能つき)
2,220円~6GB/月最大2枚au
タイプA ファミリーシェアプラン
(音声通話機能つき)
3,260円~10GB/月最大10枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

「誰とでも3分 家族と10分」「誰とでも10分 家族と30分」の2種類が用意されている。

「誰とでも3分 家族と10分」は月額600円で、3分以内の国内通話が無料、同一契約(mioID)間の通話であれば10分以内まで無料。そして「誰とでも10分 家族と30分」は月額830円で、10分以内の国内通話が無料、同一契約(mioID)間の通話であれば30分以内まで無料だ。

既定の時間を超過した場合の通話料は、30秒あたり10円。

IIJmioの通話定額サービスはメリットが多い。「誰とでも3分 家族と10分」は通話できる時間こそ短めだが、そのぶん料金が抑えられているのがGOOD。家族間であれば長い通話ができるというのもありがたいポイント。

OCN モバイル ONE

格安SIMの本命。OCNブランドの安心感!

NTTコミュニケーションズが提供する、MVNOの通信サービス。高いシェアを誇る有名プロバイダだけあって、この格安SIMも優れたサービスとなっている。プランは高速通信ができるものを含めた5種類から選ぶことができ、光サービスの「OCN 光」やIP電話の「050 plus」との組み合わせもGOOD。容量追加やSIMカード追加など、多くのオプションがあるのも魅力。今後さらに利用者が増えそうな、格安SIMの本命の1つだ

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声対応 110MB/日コース 1,600円110MB/日1枚~docomo
音声対応 170MB/日コース 2,080円170MB/日1枚~docomo
音声対応 3GB/月コース 1,800円3GB/月1枚~docomo
音声対応 6GB/月コース 2,150円6GB/月1枚~docomo
音声対応 10GB/月コース 3,000円10GB/月1枚~docomo
音声対応 20GB/月コース 4,850円20GB/月1枚~docomo
音声対応 30GB/月コース 6,750円30GB/月1枚~docomo
音声対応 500kbpsコース 2,500円15GB/月
(500kbps)
1枚~docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

OCN モバイル ONEは、通話定額オプションに特に力を入れている格安SIMの1つ。現在は「10分かけ放題オプション」と「トップ3かけ放題」の2つを提供している。

「10分かけ放題オプション」は月額850円で、1通話あたり10分以内であれば回数無制限でかけられる。10分を過ぎた場合の通話料は30秒あたり10円。元々は「5分かけ放題オプション」だったが料金そのままでパワーアップ。多くの格安SIMで通話定額サービスが登場している中で、いち早くサービス拡充を行い他社に差をつけている。

「トップ3かけ放題」は業界初の通話定額オプション。3人までの通話相手に回数・時間ともに無制限でかけ放題になるぞ。その仕組みは、月ごとに通話料の多かった上位3番号への通話料を無料にするというもの。こちらも月額850円。

これら2つを組み合わせた「かけ放題ダブル」もある。月額1,300円なので、両方を利用したい方はこれがお得。

OCN モバイル ONEは格安SIMとしての業界シェアも常にトップクラス。メインの端末に刺しても安心して使えるに違いない。

Y!mobile

通話無料サービスが特徴。キャンペーンも充実!

Y!mobile(ワイモバイル)は、イーモバイルとウィルコムが合併し、ヤフーと業務提携して誕生。現在はソフトバンク株式会社が運営している通信サービスである。SIMはその1つで、特に通話無料サービスが他社のSIMに無い大きなメリットとなっている。料金体系が少々ややこしいのがネックだが、キャンペーンや割引制度が充実していて、それを考慮すればコストパフォーマンスにも優れている。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
スマホプランS 1,980円~
(1年間のみ)
2GB/月
(2年間のみ)
最大3枚Y!mobile
スマホプランM 2,980円~
(1年間のみ)
6GB/月
(2年間のみ)
最大3枚Y!mobile
スマホプランL 4,980円
(1年間のみ)
14GB/月
(2年間のみ)
最大3枚Y!mobile
データSIMプラン
(Yahoo!携帯ショップ限定)
980円1GB/月1枚Y!mobile

※表は横スクロールしてご覧ください。

Y!mobileなら、1回あたり10分以内の国内通話を月に何回でも、通話料0円でかけることができる。他のMVNOのサービスと比べるとプランの月額料金はやや高めとなるが、そのぶん無料通話分の多さがGOOD。

対象はY!mobile同士はもちろん、他社スマホ・ケータイ、固定電話、IP電話でもOK。

スマホプランS・M・Lのどれを選んでも無料通話分の量は同じである。各プランの違いはデータ容量にあり、上位プランの方がデータ容量が多く、そのぶん月額料金が高いといった構成だ。データ容量は少なくて良いという方は下位プランを、データ容量もたっぷり欲しいという方は上位プランを選ぼう。

さらに通話完全定額サービスの「スーパーだれとでも定額」(月額1,000円)をつけておけば、通話回数だけでなく通話時間も無制限となる。通話を目的とした利用であれば、何分でも何時間でも、1日に何十回でも何百回でもかけ放題だ。

NifMo

付加サービスによる「おトクな仕組み」が魅力のSIM!

ノジマグループとなった老舗プロバイダ、ニフティ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。最近はコストパフォーマンスを重視したサービスを展開しており、特に7GB/月や13GB/月のプランの安さは素晴らしい。キャンペーンもよく行われているので要チェック。付加サービスも充実しており、中でも専用アプリ経由でショッピングをすると毎月の料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」が非常に特徴的。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声通話対応 1.1GBプラン 1,340円1.1GB/月1枚docomo
音声通話対応 3GBプラン 1,600円3GB/月1枚docomo
音声通話対応 7GBプラン 2,300円7GB/月1枚docomo
音声通話対応 13GBプラン 3,500円13GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

NifMoのかけ放題サービスは「NifMo 10分かけ放題」。10分以内の国内通話を何度でもかけることができる。月額料金は830円で、OCN モバイル ONEよりもちょっとだけ安い。

10分を超えた分も「NifMo 半額ダイアル」により、通話料は半額(30秒あたり10円)だ。

以前はIP電話によるかけ放題サービスも提供されていたが、そちらはすでに新規受付を終了している。

LINEモバイル

シンプルで実用的。LINEユーザーに最適の格安SIM!

LINEモバイル株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。LINEとの相性は抜群で、コミュニケーションアプリによる通信量がカウントフリーになるのが最大の特徴。LINEの年齢認証も可能で、ID検索も使えるようになる。月額500円から使えて安さも十分。格安SIM業界に新たな風が巻き起こりそうなサービスである。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
LINEフリープラン(データ+SMS+音声通話) 1,200円1GB/月1枚docomo
コミュニケーションフリープラン
3GB(データ+SMS+音声通話)
1,690円3GB/月1枚docomo
コミュニケーションフリープラン
5GB(データ+SMS+音声通話)
2,220円5GB/月1枚docomo
コミュニケーションフリープラン
7GB(データ+SMS+音声通話)
2,880円7GB/月1枚docomo
コミュニケーションフリープラン
10GB(データ+SMS+音声通話)
3,220円10GB/月1枚docomo
MUSIC+プラン
3GB(データ+SMS+音声通話)
2,390円3GB/月1枚docomo
MUSIC+プラン
5GB(データ+SMS+音声通話)
2,720円5GB/月1枚docomo
MUSIC+プラン
7GB(データ+SMS+音声通話)
3,280円7GB/月1枚docomo
MUSIC+プラン
10GB(データ+SMS+音声通話)
3,520円10GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

月額880円で「10分かけ放題オプション」をつけることが可能。「いつでも電話」アプリを使うことで、10分以内の国内通話なら何度でも定額でかけることができる。10分を超えた場合も通話料は半額(30秒あたり10円)になる。

無料通話よりも電話番号宛の通話が多い方はつけておくと、通話料の節約になるぞ。

楽天モバイル

音声もネットもお得に使える、楽天のSIMカード!

楽天が運営するMVNOのモバイル通信サービス。通話SIM・データSIMの両方があり、選べるプランはそれぞれ、高速通信容量なしで料金を抑えた「ベーシックプラン」を始めとした4種類。機能的にも有名プロバイダのサービスに比べて遜色無いレベルに仕上がっている。「楽天スーパーポイント」がもらえるなどお得なキャンペーンが充実しているのも魅力だ

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
通話SIM ベーシックプラン 1,250円不可1枚docomo
通話SIM 3.1GBプラン 1,600円3.1GB/月1枚docomo
通話SIM 5GBプラン 2,150円5GB/月1枚docomo
通話SIM 10GBプラン 2,960円10GB/月1枚docomo
通話SIM 20GBプラン 4,750円20GB/月1枚docomo
通話SIM 30GBプラン 6,150円30GB/月1枚docomo
スーパーホーダイ プランS 1年目まで:1,980円
2年目以降:2,980円
2GB/月1枚docomo
スーパーホーダイ プランM 1年目まで:2,980円
2年目以降:3,980円
6GB/月1枚docomo
スーパーホーダイ プランL 1年目まで:4,980円
2年目以降:5,980円
14GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

楽天モバイルユーザーなら、「楽天でんわ」の2種類のかけ放題オプションが利用できるぞ。

1つ目の「かけ放題」は、国内通話が回数、時間ともに制限無くかけられる、正真正銘のかけ放題オプションだ。月額料金は2,380円と結構かかるが、1回の通話が長い方におすすめ。

2つ目の「5分かけ放題」は、5分以内の国内通話であれば何回でもかけられる。月額料金は850円。5分を過ぎた場合も「楽天でんわ」の通話料(30秒あたり10円)でOK。

イオンモバイル

プラン数と低価格で勝負する、イオンの格安SIM!

イオンリテールが販売するMVNOのモバイル通信サービス。少ない容量から超大容量まで、幅広いプランの選択肢があり、安さも素晴らしい。最大5枚までSIMカードを使えるシェアプランも用意されているので、ご家族での利用も◎。店舗でもネットでも申し込みが可能で、イオンの全国200店舗以上でアフターサービスが受けられる安心感もある。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声500MBプラン 1,130円500MB/月1枚docomo
音声1GBプラン 1,280円1GB/月1枚docomo
音声2GBプラン 1,380円2GB/月1枚docomo
音声4GBプラン 1,580円4GB/月1枚docomo
音声6GBプラン 1,980円6GB/月1枚docomo
音声8GBプラン 2,680円8GB/月1枚docomo
音声12GBプラン 3,280円12GB/月1枚docomo
音声20GBプラン 4,680円20GB/月1枚docomo
音声30GBプラン 6,080円30GB/月1枚docomo
音声40GBプラン 7,980円40GB/月1枚docomo
音声50GBプラン 10,800円50GB/月1枚docomo
シェア音声4GBプラン 1,780円~4GB/月最大5枚docomo
シェア音声6GBプラン 2,280円~6GB/月最大5枚docomo
シェア音声8GBプラン 2,980円~8GB/月最大5枚docomo
シェア音声12GBプラン 3,580円~12GB/月最大5枚docomo
シェア音声20GBプラン 4,980円~20GB/月最大5枚docomo
シェア音声30GBプラン 6,380円~30GB/月最大5枚docomo
シェア音声40GBプラン 8,280円~40GB/月最大5枚docomo
シェア音声50GBプラン 11,100円~50GB/月最大5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

イオンモバイルも、通常の電話回線によるかけ放題のほか、IP電話によるかけ放題が用意されている

通常の電話回線の方は「イオンでんわ 10分かけ放題」で、月額850円。通話1回につき10分以内の国内通話が定額で何度でもかけられる。10分超過後の通話料も半額、30秒あたり10円だ。

そしてIP電話の方は「050かけ放題」で、月額1,500円で国内通話が何回でも、何分でもかけられるようになるぞ。

イオンモバイルのプランは、データ容量が少ないものは500MB/月から、多いものは50GB/月までと非常に幅広い。外出先ではスマートフォンをほとんど通話専用で使う、といった方であればデータ容量が少ないプランにして料金を節約しよう。もちろん、通話もネットもたくさん使いたい方はデータ容量の多いプランも選べる。

U-mobile

各種プランに強みあり。中にはLTE使い放題のSIMも!

U-mobileは、USENから分離独立する形で誕生した株式会社U-NEXTが提供するMVNOの通信サービス。一般的な月次プランや二段階定額プランに加えて、無制限プランの「LTE使い放題」や、大容量の「U-mobile MAX 25GB」、SoftBank回線を使った「U-mobile S」など、それぞれ仕様の異なるプランを次々とリリースしており、バリエーションで勝負する格安SIMとなっている

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
U-mobile 通話プラス 3GB 1,580円3GB/月1枚docomo
U-mobile 通話プラス 5GB 1,980円5GB/月1枚docomo
U-mobile 通話プラス LTE使い放題 2,980円無制限1枚docomo
U-mobile 通話プラス LTE使い放題2 2,730円無制限1枚docomo
U-mobile 通話プラス ダブルフィックス 1,480円~
1,780円
1GB/月~
3GB/月
1枚docomo
U-mobile USEN MUSIC SIM 2,980円無制限1枚docomo
U-mobile MAX 25GB 通話プラス 2,880円25GB/月1枚docomo
U-mobile MAX 25GB エンタメプラス 3,980円25GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

かけ放題の利用方法が2通りあるU-mobile。

まず1つ目、「通話プラス」や「LTE使い放題」プランなどで使えるオプションの「でんわパック60」は、専用アプリ「U-CALL」を介して発信することで、月額800円で60分の通話ができる。60分超過後も通常の半額の通話料(30秒あたり10円)で利用可能だ。「U-CALL」はiOS、Androidの両方に対応しているので、どちらのユーザーでも大丈夫。

BIGLOBEの「通話パック60」は月額650円で同じ60分なので、それよりは少し高いものの、通話定額としては平均的な料金水準と言える。

2つ目、「U-mobile MAX」プラン限定で使える「3分50回かけ放題オプション」は、3分以内の通話であれば1日(1ヶ月では無く)に50回までかけられる頼もしいサービス。月額500円。b-mobileの「通話3分定額オプション」と同じだ。

もしもシークス

世界のHAPPYを目指す、SIM業界のチャレンジャー!

2013年10月に設立されたエックスモバイル株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。無料通話分を含むプランをMVNOとして国内で初めて提供。またSIMと合わせて、独自のルートで調達したというiPhoneを販売しており、そのことでネットユーザーを驚かせたことも。毎月の通信料金の1%を途上国に寄付する活動も行っている。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声プラン 980円~0.5GB/月~1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

もしもシークスの「音声プラン」には通話定額の機能を追加でつけることができる。

2種類が用意されており、1つ目の「かけたい放題ライト」は月額850円をプラスすることで、5分以内の通話であれば定額でかけ放題となる。サービス内容、料金ともに楽天モバイルの「5分かけ放題」と同じ。

そして2つ目の「かけたい放題フル」は月額1,800円をプラスすることで、基本的には何分でも何度でも無制限にかけ放題になる(ただし連続して1日50回以上の通話や、連続して60分以上の通話など大幅な利用には制限あり)。こちらはもしもシークスが他社に先駆けて提供してきたパワフルなオプションだ。楽天モバイルの「かけ放題」より安いのもポイント。

データ容量は標準では0.5GB/月しか無いが、これもオプションのように追加することができるようになっている。自分の好きなようにプランを組めるのが魅力。

FREETEL SIM

圧倒的な安さのプラン。独自のSIMフリー端末も!

プラスワン・マーケティング株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。自社ブランドのSIMフリー端末を提供しているのが強みであり、ファンも多い。通信サービスは安さで勝負するタイプで、唯一のプランである「使った分だけ安心プラン」は月額料金299円から使えるという素晴らしい格安さ。段階制でもあり、データ容量を使った分だけ料金が上がる便利なシステムになっている。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
使った分だけ安心プラン 音声通話付 999円~
5,570円
100MB/月~
20GB/月
1枚docomo
定額プラン 音声通話付 1GB 1,199円1GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 3GB 1,600円3GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 5GB 2,220円5GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 8GB 2,840円8GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 10GB 3,170円10GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 15GB 4,380円15GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 20GB 5,570円20GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 30GB 7,680円30GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 40GB 10,100円40GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 50GB 12,500円50GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「FREETELでんわ だれでもカケホーダイ」は、FREETELのSIMを使っている方に限らず、他社の格安SIMでも、docomo、au、SoftBankといったキャリアでも、誰でも利用できるかけ放題サービスだ。

かけ放題プランは「1分間かけ放題」「5分間かけ放題」「10分間かけ放題」の3つ。通話1回につき規定の時間まで定額で何度でもかけることが可能になる。月額料金は「1分間かけ放題」が299円、「5分間かけ放題」が840円、「10分間かけ放題」が1,499円だ。

通話時間が超過した場合は通話料がかかるが、それも「いつでも半額」により通常の半額(30秒あたり10円)となっておりお得。

「1分間かけ放題」は1回あたりの通話時間が短く設定されているかわりに月額料金がかなり抑えられているので、1分以内に用件を伝えられるのであればこれがベストだろう。

b-mobile

MVNOの先駆け。SoftBank回線の格安SIMも登場!

日本におけるMVNOの先駆け、日本通信が提供するモバイル通信サービス。SoftBank回線の格安SIMの提供も実現し、業界に新たな1歩を刻んでいる。docomo回線の格安SIMでもユニークな五段階定額プラン、それに携帯電話(ガラケー)用のプランなど、さまざまなものが用意されている。プラン構成が変わることの多いサービスではあるが、常に試行錯誤を続けている証と言えるだろう。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
b-mobile S スマホ電話SIM 2,450円~
3,850円
1GB/月~
5GB/月
1枚SoftBank
b-mobile おかわりSIM
5段階定額 音声付
1,300円~
2,300円
1GB/月~
5GB/月
1枚docomo
b-mobile SIM 25GB定額 音声付 3,180円25GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

b-mobileのかけ放題は「通話定額オプション」。通話料が半額になるサービス「b-mobile電話」のオプションという位置付け。docomo回線のSIMだけでなく、SoftBank回線のSIMでも利用することができるぞ

仕様はそれぞれの回線で異なり、docomo回線の場合は3分以内の通話を1日に50回まで定額でかけることができる。SoftBank回線の場合は5分以内の通話を何度でも定額でかけることができる。

1回あたりの通話時間こそ短いものの、オプション料金は月額500円とかなりの安さ。

nuroモバイル

新しくユニークなサービス。基本無料の「0 SIM」も!

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。1GBきざみのシンプルでわかりやすいプラン仕様の「nuroモバイル」がメイン。難しいことを考えずに使えるのは魅力。一定時間だけ無制限にデータ通信ができる「時間プラン」「深夜割」といったユニークなプランも用意されている。月に500MBまでなんと無料で使える「0 SIM」は登場した時、その斬新さで一躍話題となった。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
nuroモバイル 音声通話 2GB 1,400円2GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 3GB 1,600円3GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 4GB 1,800円4GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 5GB 2,000円5GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 6GB 2,200円6GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 7GB 2,400円7GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 8GB 2,600円8GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 9GB 2,800円9GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 10GB 3,000円10GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 時間プラン 5時間/日 3,200円無制限
(毎日5時間まで)
1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 時間プラン 深夜割 2,200円無制限
(AM1時~6時まで)
1枚docomo
0 SIM データ+音声プラン 700円~
2,300円
500MB/月~
5GB/月
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

シンプルさが売りのnuroモバイルも、通話定額オプションには対応している。

「5分かけ放題オプション」は月額800円。楽天モバイルやFREETELなどのものと同じ通話時間で、料金的にも悪くない。

「nuroモバイルでんわ」により通話料も通常の半額(30秒あたり10円)になる。

DTI SIM

安さにこだわるMVNO。お得さではどこにも負けない!

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。他社にあるサービスを、少し遅れて料金を安くして提供開始してくることが多いが、時にはユニークなサービスをリリースしてくることも。主なプランは、シンプルな月次プランおよびデータ無制限プラン。通話定額が使えるオプション「でんわかけ放題」や、新規契約者向けに割引された「でんわ定額プラン」「半年お試しプラン」が用意されているところも特徴。お得なキャンペーンも要チェック。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声プラン 1GB 1,200円1GB/月1枚docomo
音声プラン 3GB 1,490円3GB/月1枚docomo
音声プラン 5GB 1,920円5GB/月1枚docomo
音声プラン 10GB 2,800円10GB/月1枚docomo
音声プラン 15GB 4,300円15GB/月1枚docomo
音声プラン 20GB 5,550円20GB/月1枚docomo
音声プラン ネットつかい放題 2,900円無制限1枚docomo
でんわ定額プラン 2,270円
最初の半年間は1,480円
3GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

DTI SIMからも「でんわかけ放題」オプションが登場。5分間以内の国内通話なら定額で何回でもかけ放題だ。月額料金は780円で、楽天モバイルやFREETEL等よりも安く設定されているのが◎

「でんわ定額プラン」であればこのオプションはセットになっていて、標準で利用することができる。

専用アプリなどは必要無く、通常のスマートフォンの電話機能で普通に電話をかけるだけで自動的に適用されるため、手軽さがあって良い。

気をつけたいポイントが1つあり、それは通話時間が5分を過ぎた場合の通話料金が半額になっていないこと。楽天モバイルやFREETELには通話料が半額、すなわち30秒あたり10円になる機能がついているが、DTI SIMにはそれが無く、30秒あたり20円のままだ。

5分以上通話することが多いようだとお得感は薄れてしまう。もちろん通話を常に5分以内に収めていれば問題は無い。

DMMモバイル

業界最安値水準に挑戦。機能も優れるイチオシのSIM!

DMMが提供するMVNOのモバイル通信サービス。MVNEがIIJであり機能的にもIIJmioによく似ている。低速通信時でも少しの間だけ高速通信になる「バースト機能」が強みの1つ。データSIM・通話SIMともに用意されており、データ容量に応じて細かく選べるプランはIIJmioを上回る豊富さがある。全プランで他社よりも安い月額料金に挑戦すると宣言し、業界を果敢に攻める格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
通話SIMプラン ライト 1,140円不可1枚docomo
通話SIMプラン 1GB 1,260円~1GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 2GB 1,380円~2GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 3GB 1,500円~3GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 5GB 1,910円~5GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 7GB 2,560円~7GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 8GB 2,680円~8GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 10GB 2,890円~10GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 15GB 3,980円~15GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 20GB 4,680円~20GB/月最大3枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「5分かけ放題」で、1回につき5分以内の国内通話が何度でもかけ放題になる。月額850円。5分を超えた場合の通話料も30秒10円で、通常の半額だ。

業界最安値水準のプランは今でも健在。データ容量も10種類から選ぶことができ、特に5GBや10GBあたりのコストパフォーマンスが高い。

mineo

docomo・auのキャリアを選べるMVNO。機能も充実!

光回線の「eo光」などを展開している関西のプロバイダ、ケイ・オプティコムが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。docomo回線・au回線の両方のプランが用意されている。データ容量を家族で共有できる「パケットシェア」、誰とでもデータ容量を送り合える「パケットギフト」、それに「複数回線割」「家族割」など、機能的にもとても充実しているのもメリット。サービス内容で選ぶ価値のある格安SIMといえよう

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
ドコモプラン デュアルタイプ 500MB 1,400円500MB/月1枚docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 1GB 1,500円1GB/月1枚docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 3GB 1,600円3GB/月1枚docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 6GB 2,280円6GB/月1枚docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 10GB 3,220円10GB/月1枚docomo
auプラン デュアルタイプ 500MB 1,310円500MB/月1枚au
auプラン デュアルタイプ 1GB 1,410円1GB/月1枚au
auプラン デュアルタイプ 3GB 1,510円3GB/月1枚au
auプラン デュアルタイプ 6GB 2,190円6GB/月1枚au
auプラン デュアルタイプ 10GB 3,130円10GB/月1枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

mineoでは2種類が用意されている。

まず1つ目は「5分かけ放題サービス」。月額850円で、5分以内の国内通話が定額でかけ放題となる。これに加入していれば、5分超過後の通話料も通常の半額、つまり30秒あたり10円で済む。

そして2つ目は「通話定額」。「通話定額30」と「通話定額60」の2つがあり、「通話定額30」は月額840円で30分、「通話定額60」なら月額1,680円で60分の通話ができる。ただしこちらは規定の時間を超過しても通話料は半額にならず、30秒あたり20円の通話料がかかる。

「通話定額」は料金面では今ひとつ。「楽天でんわ」などの通話半額サービスを使えば通話料は30秒あたり10円になり、600円で30分、1,200円で60分の通話ができるわけで、比べてみると料金が割高になってしまうことがわかる。選ぶなら「5分かけ放題サービス」にしよう。

UQ mobile

KDDIグループの会社が運営する、注目の格安SIM!

WiMAXでも知られるUQコミュニケーションズが提供するMVNOのモバイル通信サービス。SIMサービスには大きく分けると月間3GBの高速通信が使えるプランと、低速だが無制限に使えるプランがあり、どちらも需要は高い。無料通話分や端末割引がセットになった「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」もある。他社の通信サービスに正面から対抗したサービスだ。通信品質の高さでも評価が高く、実効速度は格安SIMの中でもトップクラスと言われている。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランS
13ヶ月目まで:1,980円
14ヶ月目以降:2,980円
13ヶ月目まで:2GB/月
14ヶ月目以降:1GB/月
1枚au
おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランM
13ヶ月目まで:2,980円
14ヶ月目以降:3,980円
13ヶ月目まで:6GB/月
14ヶ月目以降:3GB/月
1枚au
おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランL
13ヶ月目まで:4,980円
14ヶ月目以降:5,980円
13ヶ月目まで:14GB/月
14ヶ月目以降:7GB/月
1枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」は無料通話もネットもコミコミのプラン。「おしゃべりプラン」か「ぴったりプラン」のどちらかを選択する方式となっている。

「おしゃべりプラン」を選んだ場合は、5分以内の国内通話が何度でも無料でかけられる。

「ぴったりプラン」を選んだ場合は、最初の2年間は「プランS」では月に60分まで、「プランM」では月に120分まで、「プランL」では月に180分までの無料通話分を使える。ただし2年を過ぎると月あたりの通話時間が半減する。

基本的にスマホ端末とのセットを前提としたプランである。SIM単体でも契約できるが、かなりの割高になってしまうのであまりおすすめはできない。

料金体系も複雑。各種割引期間が過ぎると月額料金が上がってしまう点、2年縛りがある点など、注意点が多いので契約の際には慎重な調査をするべし。