月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

月額料金が最安クラスの格安SIMカードを比較

通信速度は遅くてもいい、とにかく安いのがいい! という方向けに、月額料金が特に安い格安SIMをピックアップして紹介しよう。

これまで、あまり使わないのに我慢して高いスマホを使っていた方は、乗り換えすることで月々の負担を大きく減らすことができるだろう。 また、初めてスマホを使う方にもおすすめ。ここからスタートするのは悪くない選択肢だ。

nuroモバイル

新しくユニークなサービス。基本無料の「0 SIM」も!

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。1GBきざみのシンプルでわかりやすいプラン仕様の「nuroモバイル」がメイン。難しいことを考えずに使えるのは魅力。一定時間だけ無制限にデータ通信ができる「時間プラン」「深夜割」といったユニークなプランも用意されている。月に500MBまでなんと無料で使える「0 SIM」は登場した時、その斬新さで一躍話題となった。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
0 SIM データ専用プラン0円~
1,600円
500MB/月~
5GB/月
1枚docomo
0 SIM データ+音声プラン 700円~
2,300円
500MB/月~
5GB/月
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「0 SIM データ専用プラン」は、月間の高速データ通信量が500MBまでなんと無料で使える画期的なプランだ

500MB以上になると、100MBにつき月額料金が100円ずつ上がっていき、2GBになると1,600円で打ち止め。そこから5GBまでは1,600円のまま使うことができる。

自宅での利用がほとんどで、たまに外に持ち出す程度のスマートフォンやタブレットに、とりあえず刺して使うといった利用シーンが考えられる。

3ヶ月間全くデータ通信を行わなかった場合、契約が自動的に解除となるので注意が必要。また最大受信速度は225Mbpsとなっているが、実効速度はかなり遅いようで、つながらなくなることも多いとの声も。料金が安いだけあってこれは仕方の無いところか。

また音声付きの「0 SIM データ+音声プラン」もあり、そちらを選ぶ場合は「0 SIM データ専用プラン」に月額料金700円がプラスされる。やはり格安さはピカイチ。こちらは3ヶ月間データ通信を行わなくても契約は解除されないので大丈夫。

ロケットモバイル

業界最安級で利用できるプランは、まさに「神」!

株式会社エコノミカルが運営するMVNOのモバイル通信サービス。月額298円からという格安さを誇る「神プラン」が人気だ。指定アプリのダウンロードや指定のサービスへの会員登録などを行うことで貯まる「ロケモバポイント」を月額料金の支払いに充てることができるのも特徴。利用中のプランをいつでもすぐに変更できる「今すぐプラン変更」もこのサービスならでは。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
神プラン データプラン298円不可1枚docomo
神プラン 通話プラン 948円不可1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「神プラン」は通信速度が最大200kbpsと遅いものの、月額料金がデータSIMなら298円、通話SIMでも948円という格安さ

ワイヤレスゲートやServersMan SIMは最大通信速度が250kbpsなので、それらより若干遅いものの、料金面ではそれらを上回る安さを実現している。

「ロケモバポイント」をうまく使えば、支払う料金を0円にできるかも?

FREETEL SIM

圧倒的な安さのプラン。独自のSIMフリー端末も!

安さで勝負するMVNOのモバイル通信サービス。プラスワン・マーケティングから楽天に事業承継された「使った分だけ安心プラン」は月額料金299円から使えるという素晴らしい格安さ。段階制でもあり、データ容量を使った分だけ料金が上がる便利なシステムになっている。一般的な月次プランの「定額プラン」もあり。独自ブランドのSIMフリー端末を提供しているのが強みでありファンも多い。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
使った分だけ安心プラン データ専用299円~
4,870円
100MB/月~
20GB/月
1枚docomo
使った分だけ安心プラン 音声通話付 999円~
5,570円
100MB/月~
20GB/月
1枚docomo
定額プラン データ専用 1GB499円1GB/月1枚docomo
定額プラン 音声通話付 1GB 1,199円1GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

FREETEL SIMも格安中の格安だ。「使った分だけ安心プラン」は段階制のプランで、スタートの料金はデータ専用なら月額299円、音声通話付なら月額999円という素晴らしい安さとなっている。

データ専用の場合、月に100MBを超えた後は1GBまでが499円、3GBまでが900円、といったように、データ容量を使った分だけ自動的に料金が上がるようになっている。1か月間の利用量が少ない時は安く、多い時はそれなりの料金で運用できるわけだ。料金の上がり幅も比較的少なめなので問題は無い。

「定額プラン」の方も、データ専用・音声通話付ともに非常にお得。特に音声通話付は1GB/月の高速通信も使えて月額1,199円で、他社を圧倒している。

かけ放題や通話料半額が利用できる「FREETELでんわ」アプリが用意されているところもGOOD。音声通話付のプランを選んだ方はぜひ利用しよう。

DMMモバイル

業界最安値水準に挑戦。機能も優れるイチオシのSIM!

DMMが提供するMVNOのモバイル通信サービス。MVNEがIIJであり機能的にもIIJmioによく似ている。低速通信時でも少しの間だけ高速通信になる「バースト機能」が強みの1つ。データSIM・通話SIMともに用意されており、データ容量に応じて細かく選べるプランはIIJmioを上回る豊富さがある。全プランで他社よりも安い月額料金に挑戦すると宣言し、業界を果敢に攻める格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
データSIMプラン ライト440円不可1枚docomo
データSIMプラン 1GB480円~1GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン ライト 1,140円不可1枚docomo
通話SIMプラン 1GB 1,260円~1GB/月最大3枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

高速通信を省いた「ライト」は月額440円と十分すぎる安さ。そして高速通信1GB/月を使えるプランも月額480円(SIMカードが1枚の場合)。他社がそれ以上に安いプランを出してくると対抗してさらに安くするという後出し戦略によって、ここまで安くなった。

音声SIMもお得だ。月額1,140円の「ライト」もあるし、それに1GB/月のプランは月額1,260円(SIMカードが1枚の場合)で、高速データ通信が使えるにもかかわらず強気な価格設定が光る。

バックボーンにIIJのものが使われており、高速通信データ容量を翌月に繰り越しができるなど機能的に似ている部分が多い。それに加えてDMMならではの特典もあり魅力的。

イオンモバイル

プラン数と低価格で勝負する、イオンの格安SIM!

イオンリテールが販売するMVNOのモバイル通信サービス。少ない容量から超大容量まで、幅広いプランの選択肢があり、安さも素晴らしい。最大5枚までSIMカードを使えるシェアプランも用意されているので、ご家族での利用も◎。店舗でもネットでも申し込みが可能で、イオンの全国200店舗以上でアフターサービスが受けられる安心感もある。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
音声500MBプラン 1,130円500MB/月1枚docomo
音声1GBプラン 1,280円1GB/月1枚docomo
データ1GBプラン480円1GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

かつては低速かつ割高のせいで第一印象がイマイチだったイオンモバイル(イオンスマホ)。しかしその後のサービス改定により、他の有名サービスに引けを取らないレベルにまで生まれ変わった

音声プランは1GB/月が非常にお得だし、データプランの1GB/月で月額480円も申し分ない。

b-mobile

MVNOの先駆け。SoftBank回線の格安SIMも登場!

日本におけるMVNOの先駆け、日本通信が提供するモバイル通信サービス。SoftBank回線の格安SIMの提供も実現し、業界に新たな1歩を刻んでいる。docomo回線の格安SIMでもユニークな五段階定額プラン、それに携帯電話(ガラケー)用のプランなど、さまざまなものが用意されている。プラン構成が変わることの多いサービスではあるが、常に試行錯誤を続けている証と言えるだろう。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
b-mobile S 990ジャストフィットSIM 990円~
5,490円
1GB/月~
10GB/月
1枚SoftBank
b-mobile おかわりSIM
5段階定額
500円~
1,500円
1GB/月~
5GB/月
1枚docomo
b-mobile おかわりSIM
5段階定額 音声付
1,300円~
2,300円
1GB/月~
5GB/月
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」は音声通話付きながら、高速通信データ容量が月に1GBまでなら月額990円という素晴らしい安さ。しかもSoftBank回線の格安SIMである

月額料金は段階制、すなわち1ヶ月のうちに利用した高速通信データ容量に応じて段階的に料金が決まる。このプランの場合、月に1GBまでなら990円で、その後は月に2GBまでなら1,490円、3GBまでなら1,990円、といったように1GBにつき500円ずつ増えていく。最終的には10GBまで使えて5,490円。

料金の上がり幅がかなり大きいのが注意点。ネットを頻繁に使ってしまうと支払い金額が膨れてしまう。逆にネットをあまり使わない人にとっては非常にありがたいプランだろう。

もう1つの「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」はdocomo回線の格安SIM。音声通話はあり・なしの両方が用意されている。

こちらも高速通信データ容量は段階制で、月に1GBまでの利用であれば、データ専用なら月額500円、音声通話付きでも月額1,300円で済むのでお得。1GBごとに250円ずつ上がっていき、最終的には5GBまでがデータ専用なら月額1,500円、音声通話付きなら月額2,300円となる。「990ジャストフィットSIM」に比べれば料金の上がり幅が小さいので安心。

LINEモバイル

シンプルで実用的。LINEユーザーに最適の格安SIM!

LINEモバイル株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。LINEとの相性は抜群で、コミュニケーションアプリによる通信量がカウントフリーになるのが最大の特徴。LINEの年齢認証も可能で、ID検索も使えるようになる。月額500円から使えて安さも十分。格安SIM業界に新たな風が巻き起こりそうなサービスである。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
LINEフリープラン(データ)500円1GB/月1枚docomo
LINEフリープラン(データ+SMS)620円1GB/月1枚docomo
LINEフリープラン(データ+SMS+音声通話) 1,200円1GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「LINEフリープラン」もデータ専用で月額500円、音声対応で月額1,200円と、これもトップクラスに安い料金設定だ。高速データ容量は1GB/月を使える。

LINEの対象機能がカウントフリーになること、LINEの年齢認証が行えることなど、メリットも十分。

楽天モバイル

音声もネットもお得に使える、楽天のSIMカード!

楽天が運営するMVNOのモバイル通信サービス。通話SIM・データSIMの両方があり、選べるプランはそれぞれ、高速通信容量なしで料金を抑えた「ベーシックプラン」を始めとした4種類。機能的にも有名プロバイダのサービスに比べて遜色無いレベルに仕上がっている。「楽天スーパーポイント」がもらえるなどお得なキャンペーンが充実しているのも魅力だ

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
データSIM(SMSなし) ベーシックプラン525円不可1枚docomo
050データSIM(SMSあり) ベーシックプラン645円不可1枚docomo
通話SIM ベーシックプラン 1,250円不可1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「通話SIM ベーシック」プランが月額1,250円から利用することができる。高速通信はできないが、安く電話番号を維持したい方にはこれも悪くない。

データSIMの方も月額525円(SMSありなら月額645円)であり、十分な格安料金となっている。

ただ他社のサービスが次々と、高速通信ありでこれと同じくらいの月額料金を打ち出してきているので、比較するとだんだん見劣りしてきているのもまた事実。

さまざまなキャンペーンが行われていることが楽天モバイルの特徴で、ショッピングに使える「楽天スーパーポイント」がたくさんもらえる特典が非常にお得。端末とセットで購入したり、楽天の他のサービスと合わせて申し込んだりすればゲットできるポイント数が増えていく。

キャンペーン特典を含めて考えればトップクラスのお得度となるはずだ。通信速度よりもお得度を重視する方に。

エキサイトモバイル

細かい段階制プラン。SIMカード3枚コースも充実!

ポータルサイトで有名なエキサイトが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。エキサイトは元々は米Excite Inc.の日本法人だったが、現在は伊藤忠商事の子会社となっている。エキサイトモバイルの良いところは、10段階以上にも細かく分けられた段階制プラン、そして1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるコースにある。データ容量を無駄なく利用したい方、複数の端末を所有する方にはもってこいの格安SIMだ。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
最適料金プラン 1枚コース500円~
2,380円
0MB/月~
10GB/月
1枚docomo
最適料金プラン 3枚コース1,050円~
3,980円
100MB/月~
15GB/月
3枚~5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※SIM1枚につき月額700円で音声対応が可能

「最適料金プラン」は段階制のプランで、SIMカードの枚数により「1枚コース」と「3枚コース」を選ぶことができる

「1枚コース」は月額料金が500円から利用できる。高速データ通信を全く使わなければ500円で、使うごとに料金が上がっていく。だいたい1GB使うごとに200円ずつ上昇する感じだ。

「3枚コース」はSIMカードを標準で3枚使うことができて、月額料金が1,050円からという珍しいコース。SIMカードを複数枚使えてこれだけの安さは他では見られない。こちらは高速データ通信が100MBまでは1,050円で、だいたい1GB使うごとに200円ずつ上昇していく。

スタート時の安さもさることながら、高速データ通信も使った分だけ支払いすれば良いのがうれしい。

DTI SIM

安さにこだわるMVNO。お得さではどこにも負けない!

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。他社にあるサービスを、少し遅れて料金を安くして提供開始してくることが多いが、時にはユニークなサービスをリリースしてくることも。主なプランは、シンプルな月次プランおよびデータ無制限プラン。通話定額が使えるオプション「おとくコール10」や、新規契約者向けに割引された「でんわ定額プラン」「半年お試しプラン」が用意されているところも特徴。お得なキャンペーンも要チェック。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
データプラン 1GB600円1GB/月1枚docomo
データSMSプラン 1GB750円1GB/月1枚docomo
音声プラン 1GB 1,200円1GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

データ専用のプランである「データプラン 1GB」が月額600円で、1GB/月のプランとしては(5段階定額のb-mobileを除けば)業界最安値級である。

音声通話ができる「音声プラン 1GB」も非常にお得。高速データ通信が1GB/月を利用できて、月額料金はわずか1,200円で登場し、お得度において他社を一気に追い抜いた。

通信サービスは余分な機能の無いシンプルさが特徴。お子さまやお年寄りの方などで初めてスマホを持つ方に薦めてみてはいかがだろうか。

mineo

docomo・auのキャリアを選べるMVNO。機能も充実!

光回線の「eo光」などを展開している関西のプロバイダ、ケイ・オプティコムが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。docomo回線・au回線の両方のプランが用意されている。データ容量を家族で共有できる「パケットシェア」、誰とでもデータ容量を送り合える「パケットギフト」、それに「複数回線割」「家族割」など、機能的にもとても充実しているのもメリット。サービス内容で選ぶ価値のある格安SIMといえよう

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
ドコモプラン シングルタイプ 500MB700円500MB/月1枚docomo
ドコモプラン シングルタイプ 1GB800円1GB/月1枚docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 500MB 1,400円500MB/月1枚docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 1GB 1,500円1GB/月1枚docomo
auプラン シングルタイプ 500MB700円500MB/月1枚au
auプラン シングルタイプ 1GB800円1GB/月1枚au
auプラン デュアルタイプ 500MB 1,310円500MB/月1枚au
auプラン デュアルタイプ 1GB 1,410円1GB/月1枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

docomo回線とau回線の両方のSIMを提供しているmineo。

au回線で安いSIMをお探しなら、このmineoが良いだろう。データ通信専用が「シングルタイプ」で、音声通話つきが「デュアルタイプ」。500MB/月と1GB/月の月額料金の差は100円しかないので、1GB/月の方がお得かも。

auプランは標準でSMSの利用が可能であるというところがポイント。つまりSMS基本料金込みでこの月額料金だと考えれば、docomo回線のプランに比べてコストパフォーマンスでは上回っていると言える

高速通信データ容量の翌月繰り越しやON/OFF切り替えなども利用できるため、使い勝手も高い。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE

Wi-Fiスポットも使える、一石二鳥のお得なサービス!

公衆無線Wi-Fiサービスで成長を続ける株式会社ワイヤレスゲートが提供する、MVNO方式のモバイル通信サービス。格安の月額料金でLTEデータ通信が使い放題のプランがあること、そして同社の強みでもあるWi-Fiスポット接続サービスがセットになっていることが特徴となっている。他社に無いサービスで注目を集める格安SIMだ

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
480円プラン445円
(税込480円)
不可1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

250kbpsの低速通信のみだが料金が抑えられた「480円プラン」が格安。

さらにWi-Fiスポットが利用できることも他社にはあまり見られない強み。「Wi-Fiスポットをよく利用するけど、それ以外の場所でもつながるようにしておきたい」といった方にはピッタリだろう。

月額料金はDMMモバイルの「ライトプラン」に次ぐ格安さを見せている。さらに最低利用期間が無いというメリットもある。ただMNP転出料が11,000円(契約から12ヶ月間)と高く設定されているので、短い期間でまた他社に乗り換える際には注意。

ServersMan SIM LTE

ワンコインで利用できる、低価格が売りのサービス!

ServersMan SIM LTEはMVNOの通信サービス。2015年10月に運営会社がDTIからトーンモバイルに移管され、新たな1歩を踏み出した。月額料金467円という、500円玉1枚でお釣りが来るほどの激安価格がウリで、通信費の節約には最も適したサービスの1つだろう。なお、標準の通信速度は遅めだが、追加料金を支払うことで一定量の高速通信が可能になる。

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
ServersMan SIM LTE467円不可1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

このServersMan SIM LTEもGOOD。月額料金は467円と低価格

標準では高速通信が利用できないことに加えて、通信量制限もある模様。月に一定量のデータ通信を行うと通信速度が大幅に制限されてしまうようなので、Web閲覧や地図閲覧など、たくさん通信が必要な用途にはあまり向かないが、それでもメールをしたり、外出先でちょっとパズドラしたりするぐらいなら十分使いものになる。

「とりあえずつながるスマホを持っておきたい」そういった要望に良く応えている格安SIMと言えるだろう。

@モバイルくん。

3G使い放題プランにオートチャージ等、個性が光るSIM!

SORAシム株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。親しみやすいネーミングが良い。オートチャージの機能を持った段階制の「もっと使ったぶ〜んだけプラン」や、無制限で3Gによるデータ通信ができ、旧世代の通信方式ながらそこそこの速度を出すことができる「3G使い放題プラン」など、特徴的なプランが光る格安SIMである

プラン名月額料金高速通信容量SIM枚数回線
もっと使ったぶ~んだけプラン 1,200円~500MB/月~1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「もっと使ったぶ〜んだけプラン」は音声通話ができて月額基本料金1,200円。その安さはここで紹介している音声通話SIMの中でもかなりのもの。

高速データ通信を500MB/月から使うことができるのもGOOD。超えた分はオートチャージされるがチャージ料金は割と高めなので、できるだけ高速データ通信は使わない方が良いかも知れない。

「@ポイント」という仕組みがあるのも特徴。毎月のデータ通信の利用に応じたポイントがもらえて、そのポイントは月額料金と相殺したりデータ容量の追加に使うことができる。

懸念点があるとすれば、それは運営会社の知名度の低さ。そのような無名な会社のSIMでもかまわないという方におすすめしたい。