月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

速度制限なしで使い放題の格安SIMカードを比較

多くのSIMではデータ通信量に上限が定められており、その上限を超えて使用してしまうと速度制限がかかってしまう。しかし少数ながら無制限に使えるSIMがあるので、このページで紹介したい。

スマートフォンの用途によっては、無制限のSIMが適している場合もあるだろう。無制限のSIMは最大通信速度が遅いものが多いが、中にはそこそこの速度が出せるものもある。料金も主に速度によって変わるため、そのあたりはお好みで選ぶのが良さそうだ。

通信量の上限があるSIMだと、ネットを使っているときに通信量がいつ上限に達してしまうのか常に気になってしまうものだ。これがちょっとしたストレスに感じることもあるはず。制限なしのSIMを選べば、上限を気にせずに使えるためストレスから解放されるだろう。

U-mobile

U-mobileのスクリーンショット

各種プランに強みあり。中には音楽聴き放題のSIMも!

U-mobileは、USENから分離独立する形で誕生した株式会社U-NEXTが提供するMVNOの通信サービス。U-mobileの魅力はその安さ。他社に先駆けて低価格なプランを提供する攻めの姿勢が見て取れる。音楽配信サービス「スマホでUSEN」がセットになったプランや、「LTE使い放題」プラン、二段階定額プランがあるのも特徴で、サービス内容にも強みを持つ格安SIMである。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数
通話プラス LTE使い放題 2,980円225Mbps無制限1枚
通話プラス LTE使い放題2 2,730円225Mbps無制限1枚
データ専用 LTE使い放題2,480円225Mbps無制限1枚
USEN MUSIC SIM 2,980円225Mbps無制限1枚

※表は横スクロールしてご覧ください。

「LTE使い放題」「LTE使い放題2」は、最大下り通信速度150Mbpsの高速通信を通信量の上限なしで利用することができるパワフルなプラン。なお2つのプランの違いは最低利用期間にあり、前者は6ヶ月、後者は12ヶ月となっている。

混雑時には一時的に速度が制限されるとのこと(しきい値は非公開)。またネット上の評判を見ると、実効速度にもややバラつきがあるようで、ぷららを上回ることもあれば下回ることもある模様。頻繁に設備増強を行っているがなかなか改善には至っていないようである。

とはいえ、ほどよい安さで利用できるのはメリット。注目したいサービスである。

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEのスクリーンショット

定額無制限プランが強み。プロバイダの信頼性も高い!

NTTぷららが提供するMVNOの通信サービス。2種類の定額プランと、定額無制限プラン、二段階定額プランという計4種類の構成で、特に「定額無制限プラン」は登場した時から大人気。それ以外にも、セキュリティ機能が無料で利用できるほか、「ひかりTVエントリープラン」が追加料金なしで楽しむことができるのがメリット。ネットを楽しむのに適した格安SIMだ。信頼性も高い。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数
定額無制限プラン【音声通話プラス】 3,460円3Mbps無制限1枚
定額無制限プラン2,760円3Mbps無制限1枚

※表は横スクロールしてご覧ください。

「定額無制限プラン」は、最大通信速度3Mbpsで無制限に通信ができる。どれだけ使っても月額2,760円の定額で、魅力的なプランだ。

100Mbps以上が出るような高速通信でなくても、この3Mbpsで十分だという方はきっと多いことだろう。3MbpsもあればWebの閲覧程度は全く問題なくできるレベル。プライベートにも仕事にも適しており使い勝手が良さそう。

通信制限も無いので、正真正銘の無制限プランであり、おすすめ。

ただ、人気が高まりユーザーが増えたためか、実効速度については低下しているとの声が最近多くなってきている。ここはNTTグループの品質を保って欲しいところである。

b-mobile

b-mobileのスクリーンショット

MVNOの先駆け。多種多様なプランを用意!

日本におけるMVNOの先駆け、日本通信が提供するモバイル通信サービス。順調にユーザー数を拡大しつつある格安SIMの1つで、格安で高速通信ができるプランはもちろん、無制限プラン、ユニークな五段階定額プラン、それに携帯電話(ガラケー)用のものなど、多種多様なプランが用意されている。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数
b-mobile SIM 高速定額 音声付 2,780円225Mbps無制限1枚
b-mobile SIM 高速定額1,980円225Mbps無制限1枚

※表は横スクロールしてご覧ください。

「b-mobile SIM 高速定額」は、高速通信ができて月額1,980円、音声付きなら月額2,780円。高速通信が無制限に使えるサービスとしてはダントツの安さだ。

ただネット上のレビューを見る限りでは実効速度はイマイチなようで、Amazonではそれが原因で星1つという低評価がついたことも。今後改善されることに期待したい。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカードのスクリーンショット

Wi-Fiスポットも使える、一石二鳥のお得なサービス!

公衆無線Wi-Fiサービスで成長を続ける株式会社ワイヤレスゲートが提供する、MVNO方式のモバイル通信サービス。格安の月額料金でLTEデータ通信が使い放題のプランがあること、そして同社の強みでもあるWi-Fiスポット接続サービスがセットになっていることが特徴となっている。他社に無いサービスで注目を集める格安SIMだ

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数
Fonプレミアムプラン1,556円
(税込1,680円)
3Mbps無制限1枚
480円プラン445円
(税込480円)
250kbps不可1枚
音声+Fonプレミアムプラン 2,760円
(税込2,980円)
3Mbps無制限1枚

※表は横スクロールしてご覧ください。

LTE通信速度が低速の250kbpsの「480円プラン」と、最大で3Mbpsの高速通信ができる「Fonプレミアムプラン」「音声+Fonプレミアムプラン」がある。

どのプランも格安さが魅力で、中でも「Fonプレミアムプラン」は月額1,556円という驚異の低価格。ぷららモバイルLTEで3Mbpsの「定額無制限プラン」に比べたら半額近く、安さがウリのb-mobileの「高速定額」をも上回っている。

ただLTE通信においては、アプリケーションごとに通信速度に制限が入っているとみられており、あるアプリでは高速に通信できるが別のアプリだと低速になる、といった状況のようである。

ここのSIMは同社のWi-Fiスポットサービスが使えるのがメリットで、むしろそちらをメインに使うことが想定されている模様。そこがこのSIMを選ぶポイントになるだろう。

UQ mobile

UQ mobileのスクリーンショット

KDDIグループの会社が運営する、注目の格安SIM!

WiMAXでも知られるUQコミュニケーションズが提供するMVNOのモバイル通信サービス。料金プランは厳選された4種類。大きく分けると月間3GBの高速通信が使えるプランと、低速だが無制限に使えるプランがあり、どちらも需要は高い。音声通話SIMを選ぶことも可能。docomoのMVNOに正面から対抗したサービスだ。通信品質の高さでも評価が高く、実効速度は格安SIMの中でもトップクラスと言われている。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数
データ無制限プラン1,980円500kbps不可1枚
データ無制限+音声通話プラン 2,680円500kbps不可1枚

※表は横スクロールしてご覧ください。

auの回線でデータ通信を無制限に使える格安SIMは、現状これが唯一の選択肢となっている。

通信速度は元々300kbpsだったが、サービス拡充により500kbpsに上がった。これならそこそこ使える速度と言えるだろう。ただ通信制限があり、直近3日間で1GBを超えて利用すると通信速度が制限される場合があるので注意が必要だが、料金的にもそこそこ安く、バランスの取れたプランと言える。

SMSが基本料金無料で使える点や、音声通話ができるプランを選べる点もメリット。

@モバイルくん。

@モバイルくん。のスクリーンショット

3G使い放題プランにオートチャージ等、個性が光るSIM!

株式会社ジェネスが提供するMVNOのモバイル通信サービス。親しみやすいネーミングが良い。オートチャージの機能を持ち月額料金も格安の「使ったぶ〜んだけプラン」や、無制限で3Gによるデータ通信ができ、旧世代の通信方式ながらそこそこの速度を出すことができる「3G使い放題プラン」など、特徴的なプランが光る格安SIMである

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数
3G使い放題プラン4,000円14.4Mbps無制限1枚

※表は横スクロールしてご覧ください。

「@モバイルくん。」の大きな特徴の1つである「3G使い放題プラン」なら、月額料金が4,000円かかるものの、3G接続で最大14.4Mbpsの通信が通信量の制限なしに使うことができる

ヘビーユーザーの方には候補の1つとなりそうだ。また、仕事で使う方、例えば出張先から大きなファイルをやりとりするにも適しているだろう。