月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

速度制限なしで使い放題の格安SIMカードを比較

多くのSIMではデータ通信量に上限が定められており、その上限を超えて使用してしまうと速度制限がかかってしまう。しかし少数ながら無制限に使えるSIMがあるので、このページで紹介したい。

スマートフォンの用途によっては、無制限のSIMが適している場合もあるだろう。無制限のSIMは最大通信速度が遅いものが多いが、中にはそこそこの速度が出せるものもある。料金も主に速度によって変わるため、そのあたりはお好みで選ぶのが良さそうだ。

通信量の上限があるSIMだと、ネットを使っているときに通信量がいつ上限に達してしまうのか常に気になってしまうものだ。これがちょっとしたストレスに感じることもあるはず。制限なしのSIMを選べば、上限を気にせずに使えるためストレスから解放されるだろう。

U-mobile

U-mobileのスクリーンショット

各種プランに強みあり。中にはLTE使い放題のSIMも!

U-mobileは、USENから分離独立する形で誕生した株式会社U-NEXTが提供するMVNOの通信サービス。一般的な月次プランや二段階定額プランに加えて、無制限プランの「LTE使い放題」や、ワイモバイル回線を使った「U-mobile SUPER」、SoftBank回線を使った「U-mobile S」など、それぞれ仕様の異なるプランを次々とリリースしており、バリエーションで勝負する格安SIMとなっている

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
U-mobile 通話プラス LTE使い放題 2,980円375Mbps無制限1枚docomo
U-mobile 通話プラス LTE使い放題2 2,730円375Mbps無制限1枚docomo
U-mobile データ専用 LTE使い放題2,480円375Mbps無制限1枚docomo
U-mobile USEN MUSIC SIM 2,980円375Mbps無制限1枚docomo
U-mobile PREMIUM 通話プラス 2,980円375Mbps無制限1枚docomo
U-mobile PREMIUM データ専用2,480円375Mbps無制限1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

一旦受付終了されていた「LTE使い放題」だが、最近になって復活。最大下り通信速度375Mbpsの高速通信を通信量の上限なしで利用することができるパワフルなプランである。MVNEはフリービット。

ただ混雑時には一時的に速度が制限されるとのこと(しきい値は非公開)。このためか、速度調査の結果をネットで探してみると、やはり昼や夕方の速度低下が目立っており、実効速度は1Mbps未満になることもある模様。頻繁に設備増強が行われてはいるが、なかなか改善には至っていないようだ。

「USEN MUSIC SIM」は、音声対応の「LTE使い放題」にUSENの音楽配信サービス「スマホでUSEN」がセットになったプラン。別々で契約するよりもお得に使うことができる。

「PREMIUM」は、MVNEがIIJであること以外は「LTE使い放題」とほぼ同じ。こちらは最近はあまりプッシュされていないようだ。

UQ mobile

UQ mobileのスクリーンショット

KDDIグループの会社が運営する、注目の格安SIM!

WiMAXでも知られるUQコミュニケーションズが提供するMVNOのモバイル通信サービス。SIMサービスには大きく分けると月間3GBの高速通信が使えるプランと、低速だが無制限に使えるプランがあり、どちらも需要は高い。無料通話分や端末割引がセットになった「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」もある。他社の通信サービスに正面から対抗したサービスだ。通信品質の高さでも評価が高く、実効速度は格安SIMの中でもトップクラスと言われている。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
データ無制限プラン1,980円500kbps不可1枚au
データ無制限+音声通話プラン 2,680円500kbps不可1枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

auの回線でデータ通信を無制限に使える格安SIM。

通信速度は元々300kbpsだったが、サービス拡充により500kbpsに上がった。これならそこそこ使える速度と言えるだろう。ただ通信制限があり、直近3日間で1GBを超えて利用すると通信速度が制限される場合があるので注意が必要だが、料金的にもそこそこ安く、バランスの取れたプランと言える。

SMSが基本料金無料で使える点や、音声通話ができるプランを選べる点もメリット。

他社の格安SIMに比べて、実効速度はとても優れていると評判が高いのは大きなポイントだ。最大通信速度は遅めでも、むしろこちらの方がぷららやU-mobileよりも使いやすいとの声も。

nuroモバイル

nuroモバイルのスクリーンショット

新しくシンプルなサービス。基本無料の「0 SIM」も!

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。1GBきざみのわかりやすいプラン仕様の「nuroモバイル」がメイン。とにかく難しいことを考えずに使えるのは魅力。そして月に500MBまでなんと無料で使える「0 SIM」は登場した時、その斬新さで一躍話題となった。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
nuroモバイル データ 時間プラン2,500円375Mbps無制限
(毎日5時間まで)
1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 時間プラン 3,200円375Mbps無制限
(毎日5時間まで)
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

2017年2月に登場した「時間プラン」は、毎日5時間までという時間制限の範囲内であれば、無制限に高速データ通信ができる。データ容量では無く利用時間で区切られているという点が面白く、ユニークなプランである。

データ通信の計測は5分単位で行われているとのこと。時間を空けて飛び飛びに通信を利用したとしても、1日の累計が5時間を超えなければOKというわけだ。

月額料金はぷららやU-mobileの無制限プランと大差ないが、nuroモバイルの方は時間制限の縛りがある分、混雑の緩和が期待できる…かも?

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEのスクリーンショット

定額無制限プランが強み。プロバイダの信頼性も高い!

NTTぷららが提供するMVNOの通信サービス。2種類の定額プランと、定額無制限プラン、二段階定額プランという計4種類の構成で、特に「定額無制限プラン」は登場した時から大人気。それ以外にも、セキュリティ機能が無料で利用できるほか、「ひかりTVエントリープラン」が追加料金なしで楽しむことができるのがメリット。ネットを楽しむのに適した格安SIMだ。信頼性も高い。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
定額無制限プラン【音声通話プラス】 3,460円3Mbps無制限1枚docomo
定額無制限プラン2,760円3Mbps無制限1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「定額無制限プラン」は、最大通信速度3Mbpsで無制限に通信ができる。どれだけ使っても月額2,760円の定額で、魅力的なプランだ。

100Mbps以上が出るような高速通信でなくても、この3Mbpsで十分だという方はきっと多いことだろう。3MbpsもあればWebの閲覧程度は全く問題なくできるレベル。プライベートにも仕事にも適しており使い勝手が良さそう。

通信制限も無いので、正真正銘の無制限プランであり、おすすめ。

ただ、人気が高まりユーザーが増えたためか、実効速度については1Mbps未満にまで低下しているとの声が最近多くなってきている。ここはNTTグループの品質を保って欲しいところである。

DTI SIM

DTI SIMのスクリーンショット

安さにこだわるMVNO。お得さではどこにも負けない!

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。他社にあるサービスを、少し遅れて料金を安くして提供開始してくることが多いが、時にはユニークなサービスをリリースしてくることも。主なプランは、シンプルな月次プランおよびデータ無制限プラン。通話定額が使えるオプション「でんわかけ放題」や、新規契約者向けに割引された「でんわ定額プラン」「半年お試しプラン」が用意されているところも特徴。お得なキャンペーンも要チェック。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
データプラン ネットつかい放題2,200円225Mbps無制限1枚docomo
音声プラン ネットつかい放題 2,900円225Mbps無制限1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

DTI SIMのデータ無制限プランは「ネットつかい放題」という名称。以前10GB/月のプランだったものがパワーアップして登場した。最大受信速度225Mbpsの高速通信に対応。月額料金もぷららやU-mobileよりも安く設定されている。

実効速度についてはあいにく評判の良い方では無いが、お手頃に無制限プランを使いたい場合は有力な候補だろう。

月額定額で5分以内の通話がかけ放題になる「でんわかけ放題」オプションと併用することもできる。いわば「ダブル放題」だ。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカードのスクリーンショット

Wi-Fiスポットも使える、一石二鳥のお得なサービス!

公衆無線Wi-Fiサービスで成長を続ける株式会社ワイヤレスゲートが提供する、MVNO方式のモバイル通信サービス。格安の月額料金でLTEデータ通信が使い放題のプランがあること、そして同社の強みでもあるWi-Fiスポット接続サービスがセットになっていることが特徴となっている。他社に無いサービスで注目を集める格安SIMだ

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
Fonプレミアムプラン1,556円
(税込1,680円)
3Mbps無制限1枚docomo
480円プラン445円
(税込480円)
250kbps不可1枚docomo
音声+Fonプレミアムプラン 2,760円
(税込2,980円)
3Mbps無制限1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

LTE通信速度が低速の250kbpsの「480円プラン」と、最大で3Mbpsの高速通信ができる「Fonプレミアムプラン」「音声+Fonプレミアムプラン」がある。

どのプランも格安さが魅力で、中でも「Fonプレミアムプラン」は月額1,556円という驚異の低価格。ぷららモバイルLTEで3Mbpsの「定額無制限プラン」に比べたら半額近く、安さがウリのb-mobileの「高速定額」をも上回っている。

ただLTE通信においては、アプリケーションごとに通信速度に制限が入っているとみられており、あるアプリでは高速に通信できるが別のアプリだと低速になる、といった状況のようである。

ここのSIMは同社のWi-Fiスポットサービスが使えるのがメリットで、むしろそちらをメインに使うことが想定されている模様。そこがこのSIMを選ぶポイントになるだろう。

@モバイルくん。

@モバイルくん。のスクリーンショット

3G使い放題プランにオートチャージ等、個性が光るSIM!

SORAシム株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。親しみやすいネーミングが良い。オートチャージの機能を持った段階制の「もっと使ったぶ〜んだけプラン」や、無制限で3Gによるデータ通信ができ、旧世代の通信方式ながらそこそこの速度を出すことができる「3G使い放題プラン」など、特徴的なプランが光る格安SIMである

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
3G使い放題プラン4,000円14.4Mbps無制限1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「@モバイルくん。」の大きな特徴の1つである「3G使い放題プラン」なら、月額料金が4,000円かかるものの、3G接続で最大14.4Mbpsの通信が通信量の制限なしに使うことができる

ヘビーユーザーの方には候補の1つとなりそうだ。また、仕事で使う方、例えば出張先から大きなファイルをやりとりするにも適しているだろう。

もしもシークス

もしもシークスのスクリーンショット

世界のHAPPYを目指す、SIM業界のチャレンジャー!

2013年10月に設立されたエックスモバイル株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。無料通話分を含むプランをMVNOとして国内で初めて提供。またSIMと合わせて、独自のルートで調達したというiPhoneを販売しており、そのことでネットユーザーを驚かせたことも。毎月の通信料金の1%を途上国に寄付する活動も行っている。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
音声プラン 980円~不明0.5GB/月~1枚docomo
データプラン380円~不明0.5GB/月~1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

もしもシークスのサービスは、データ容量をカスタマイズできるのが特徴。その選択肢に「使い放題」があり、これを選べば無制限にデータ通信ができるようになる。

「使い放題」の料金は3,600円。基本料金と合わせると音声プランなら4,580円、データプランなら3,980円となる。

その他にも、かけ放題などのオプションを組み合わせることができる。自分好みのプランを作れるのが魅力だ。

まだまだあります

ピクセラモバイル

ピクセラモバイルのスクリーンショット

モバイルルーターとセットで無制限プランが安い!

AV(オーディオ・ビジュアル)のデジタル機器を主に扱っている株式会社ピクセラが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。「高速定額プラン」は高速データ通信を無制限に使えるプラン(ただし3GB/直近3日間の制限はあり)。データSIMのみで、音声対応SIMは無し。LTE対応USBドングルとセットになったプランも用意されているので、パソコンでいつでもどこでも、思いっきり通信したい方に。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
高速定額SIM1,980円262.5Mbps無制限1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

かつてb-mobileに存在した、月額1,980円の「高速定額」を思い出させるようなプランだ。無制限プランとしては破格の料金。ただし直近3日間で3GBまでという通信制限はあるので気をつけたい。

LTE対応USBドングル(パソコンにUSBで接続してLTE通信ができる端末)にも注目だ。これと同時に申し込むと「ずっと割」により、月額料金がずっと500円割引されて1,480円になる。仕事でパソコンを持ち運ぶ方にはうれしいサービス。

モバレコモバイル

モバレコモバイルのスクリーンショット

帯域独占か、激混みか、あなたはどっちを選ぶ?

スマートフォンやタブレットの情報メディアサイト「モバレコ」などを運営する株式会社ALL CONNECTが提供するMVNOのモバイル通信サービス。帯域を1人で独占できるが料金が非常に高額な「超高速独占プラン」と、混雑が激しいが料金が非常に安い「超激安激混みプラン」という、2種類の両極端なプランが大きな特徴。なお「超激安激混みプラン」の方は1,000人の申し込みがあり次第サービス開始となる。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
超高速独占プラン(iPhone 6セット) 298,000円1Mbps無制限1枚docomo
超激安激混みプラン(中古端末セット)298円1Mbps無制限1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

上の表に記載されている通り、月額料金の桁数の多さでひときわ目立つプラン。「超高速独占プラン」ならなんと、最大通信速度1Mbpsの帯域をたった1人で占有することができる。月々のデータ通信量に制限も無い。

他に利用者がいない環境となるので、ガラ空きの道路を車で走っているような感覚で、時間帯にかかわらずいつでも快適な速度で通信が可能になるだろう。

対照的なプランとして、月額わずか298円の「超激安激混みプラン」もある。こちらも最大通信速度は1Mbpsで、月々のデータ通信量に制限が無いのも同じ。確かに混雑するであろうことは目に見えているが、格安さでは注目に値する。