月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

音声通話に対応している格安SIMカードを比較

090/080から始まる電話番号で音声通話ができる格安SIMと、そのプランをまとめてみた。

LINEや050 plusといった通話アプリが登場しているとはいえ、まだまだ従来の電話がいいという方も多いだろう。音質もいいし、緊急通話もできるし、なにより扱いが簡単なのがメリット。キャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える方にもおすすめだ。

楽天モバイル

楽天モバイルのスクリーンショット

音声もネットもお得に使える、楽天のSIMカード!

楽天が運営するMVNOのモバイル通信サービス。通話SIM・データSIMの両方があり、選べるプランはそれぞれ、高速通信容量なしで料金を抑えた「ベーシックプラン」を始めとした4種類。機能的にも有名プロバイダのサービスに比べて遜色無いレベルに仕上がっている。「楽天スーパーポイント」がもらえるなどお得なキャンペーンが充実しているのも魅力だ

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
通話SIM ベーシックプラン 1,250円200kbps不可1枚docomo
通話SIM 3.1GBプラン 1,600円262.5Mbps3.1GB/月1枚docomo
通話SIM 5GBプラン 2,150円262.5Mbps5GB/月1枚docomo
通話SIM 10GBプラン 2,960円262.5Mbps10GB/月1枚docomo
通話SIM 20GBプラン 4,750円262.5Mbps20GB/月1枚docomo
通話SIM 30GBプラン 6,150円262.5Mbps30GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「ベーシックプラン」は、音声通話ができて、かつ高速通信は基本では使えないプラン。そのぶん安さはなかなかのものである。ちなみに100MB/300円の「容量追加パック」を購入すれば高速通信ができる。

その他のプランもコストパフォーマンスは優秀。「楽天スーパーポイント」がもらえるキャンペーンもよく行われているのでとってもお得。

また通話料を半額にできる通話サービスとして知名度の高い「楽天でんわ」と運営会社が同じであり、合わせて利用することで特典がもらえるキャンペーンが行われたりと、何かと相性が良いのもポイントだ。1回につき5分までの通話が定額でかけ放題になる「5分かけ放題オプション」もGOOD。

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMのスクリーンショット

上位プランにメリット多し。堅実なサービス内容!

BIGLOBE SIM(BIGLOBE LTE・3G)は、KDDIグループとなったビッグローブが運営するMVNOのモバイル通信サービス。ロゴマークのキャラクター「びっぷる」がかわいい。プランは音声通話あり・なしでそれぞれ5~6種類から選ぶことができ、その中でもデータ容量が多めのプランにおいて多くのメリットが見られる。また通話サービスの「BIGLOBEでんわ」には選べる通話オプションが提供されており、こちらも魅力。明確なターゲットで堅実なサービスが持ち味だ。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
音声通話スタートプラン 1,400円375Mbps1GB/月1枚docomo
3ギガプラン(音声SIM) 1,600円375Mbps3GB/月1枚docomo
6ギガプラン(音声SIM) 2,150円~375Mbps6GB/月最大5枚docomo
12ギガプラン(音声SIM) 3,400円~375Mbps12GB/月最大5枚docomo
20ギガプラン(音声SIM) 5,200円~375Mbps20GB/月最大5枚docomo
30ギガプラン(音声SIM) 7,450円~375Mbps30GB/月最大5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

音声通話機能に対応したBIGLOBE。月額1,600円からという優れた安さで利用することができる。

プランが6種類あり、それらの違いは高速通信のデータ量。基本的な1GB/月からたっぷり30GB/月まで選ぶことができる。特に6GB/月以上のプランにメリットが多い。複数枚のSIMカードが使えたり、公衆Wi-Fiスポットサービスが1ライセンス無料で使えたりと便利だ。

「楽天でんわ」等と同じような機能を持った「BIGLOBEでんわ」もあり、通話料を半分にできるほか、月額650円で1,200円分の通話ができる「BIGLOBEでんわ 通話パック60」も魅力。電話をよくかける方にとって、通話料の節約に適している。

端末とのセットに力を入れているのも特徴で、そちらは「BIGLOBEスマホ」と呼ばれている。まだ端末を持っていない方にとっては手軽な選択肢であり、おすすめだ。

IIJmio

IIJmioのスクリーンショット

優れたプランとサービス品質の高さで業界をリード!

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。読み方は「アイアイジェイ・ミオ」。音声通話機能のあるプランは「みおふぉん」という愛称で親しまれている。余ったデータ容量の翌月繰り越しやバースト転送機能など、かゆいところに手の届く機能をいち早く取り入れてきた。全プランが複数SIMに対応しているメリットもあるし、お得な2つの通話定額オプションも魅力的。柔軟性が持ち味の格安SIMだ。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
タイプD ミニマムスタートプラン
(音声通話機能つき)
1,600円~375Mbps3GB/月最大2枚docomo
タイプD ライトスタートプラン
(音声通話機能つき)
2,220円~375Mbps6GB/月最大2枚docomo
タイプD ファミリーシェアプラン
(音声通話機能つき)
3,260円~375Mbps10GB/月最大10枚docomo
タイプA ミニマムスタートプラン
(音声通話機能つき)
1,600円~370Mbps3GB/月最大2枚au
タイプA ライトスタートプラン
(音声通話機能つき)
2,220円~370Mbps6GB/月最大2枚au
タイプA ファミリーシェアプラン
(音声通話機能つき)
3,260円~370Mbps10GB/月最大10枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

早くから音声通話に対応したIIJmio。これらのプランは「みおふぉん」と呼ばれて親しまれており、評判も良い。月額料金は最も安いもので1,600円から使える。

音声通話がお得に利用できる専用アプリがIIJmioにも登場した。申し込み不要で使える専用アプリ「みおふぉんダイアル」を使って電話をかければ、誰とでも通話料が半額にできる

また「ファミリー通話割引」もある。「みおふぉんダイアル」と組み合われて使えば通話料が60%OFFになる。「ファミリーシェアプラン」で共有している端末にかけるか、または同一アカウント(mioID)で契約したSIMを刺した端末にかける場合が対象。家族みんなで使えばより一層お得になるというわけだ。

高速データ通信が使えて、かつ高速通信のON/OFFができるなど便利な機能もあり、コストパフォーマンスは高い。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEのスクリーンショット

格安SIMの本命。OCNブランドの安心感!

NTTコミュニケーションズが提供する、MVNOの通信サービス。高いシェアを誇る有名プロバイダだけあって、この格安SIMも優れたサービスとなっている。プランは高速通信ができるものを含めた5種類から選ぶことができ、光サービスの「OCN 光」やIP電話の「050 plus」との組み合わせもGOOD。容量追加やSIMカード追加など、多くのオプションがあるのも魅力。今後さらに利用者が増えそうな、格安SIMの本命の1つだ

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
音声対応 110MB/日コース 1,600円262.5Mbps110MB/日1枚~docomo
音声対応 170MB/日コース 2,080円262.5Mbps170MB/日1枚~docomo
音声対応 3GB/月コース 1,800円262.5Mbps3GB/月1枚~docomo
音声対応 6GB/月コース 2,150円262.5Mbps6GB/月1枚~docomo
音声対応 10GB/月コース 3,000円262.5Mbps10GB/月1枚~docomo
音声対応 20GB/月コース 4,850円262.5Mbps20GB/月1枚~docomo
音声対応 30GB/月コース 6,750円262.5Mbps30GB/月1枚~docomo
音声対応 500kbpsコース 2,500円500kbps15GB/月
(500kbps)
1枚~docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

最も安い110MB/日プランなら月額1,600円、3GB/月プランなら月額1,800円、そして500kbpsコースなら月額2,500円。

月次プランだけでなく、日次プランや低速のプランも選べる、そのバリエーションがナイス

複数SIMを使える「容量シェアSIM」にも対応している。ただSIMを1枚増やすごとに、利用料として月額料金が追加でかかるので、その点には注意。

また「050 plus」の基本料金が1番号まで無料になるというメリットもある。090/080番号と両方を使い分けたり、あるいはIP電話に移行するためのつなぎとして使うという手もあるだろう。

DMMモバイル

DMMモバイルのスクリーンショット

業界最安値水準に挑戦。機能も優れるイチオシのSIM!

DMMが提供するMVNOのモバイル通信サービス。MVNEがIIJであり機能的にもIIJmioによく似ている。低速通信時でも少しの間だけ高速通信になる「バースト機能」が強みの1つ。データSIM・通話SIMともに用意されており、データ容量に応じて細かく選べるプランはIIJmioを上回る豊富さがある。全プランで他社よりも安い月額料金に挑戦すると宣言し、業界を果敢に攻める格安SIMだ。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
通話SIMプラン ライト 1,140円200kbps不可1枚docomo
通話SIMプラン 1GB 1,260円~300Mbps1GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 2GB 1,380円~300Mbps2GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 3GB 1,500円~300Mbps3GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 5GB 1,910円~300Mbps5GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 7GB 2,560円~300Mbps7GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 8GB 2,680円~300Mbps8GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 10GB 2,890円~300Mbps10GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 15GB 3,980円~300Mbps15GB/月最大3枚docomo
通話SIMプラン 20GB 4,680円~300Mbps20GB/月最大3枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

充実したサービス内容で、料金的にも業界トップクラスの安さが光るDMMモバイル。今、勢いのあるDMMが運営していることもあって注目度も非常に高い。

プランは豊富で、高速通信無しの「ライト」、そして1GB/月から20GB/月まで揃った10種類から選ぶことができる。自分の利用状況に応じて決めよう。

音声通話だけでなくデータ通信の使い勝手も良い。高速通信の基本データ通信量は翌月に繰り越しができるし、追加チャージにも対応。8GB/月以上のプランでは「シェアコース」にすることで複数SIMで容量の共有もできる。

U-mobile

U-mobileのスクリーンショット

各種プランに強みあり。中にはLTE使い放題のSIMも!

U-mobileは、USENから分離独立する形で誕生した株式会社U-NEXTが提供するMVNOの通信サービス。一般的な月次プランや二段階定額プランに加えて、無制限プランの「LTE使い放題」や、ワイモバイル回線を使った「U-mobile SUPER」、SoftBank回線を使った「U-mobile S」など、それぞれ仕様の異なるプランを次々とリリースしており、バリエーションで勝負する格安SIMとなっている

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
U-mobile 通話プラス 3GB 1,580円375Mbps3GB/月1枚docomo
U-mobile 通話プラス 5GB 1,980円375Mbps5GB/月1枚docomo
U-mobile 通話プラス LTE使い放題 2,980円375Mbps無制限1枚docomo
U-mobile 通話プラス LTE使い放題2 2,730円375Mbps無制限1枚docomo
U-mobile 通話プラス ダブルフィックス 1,480円~
1,780円
375Mbps1GB/月~
3GB/月
1枚docomo
U-mobile USEN MUSIC SIM 2,980円375Mbps無制限1枚docomo
U-mobile PREMIUM 通話プラス 2,980円375Mbps無制限1枚docomo
U-mobile MAX 25GB 通話プラス 2,880円375Mbps25GB/月1枚docomo
U-mobile MAX 25GB エンタメプラス 3,980円375Mbps25GB/月1枚docomo
U-mobile SUPER Talk S 1,980円
(1年間のみ)
112.5Mbps2GB/月
(2年間のみ)
1枚Y!mobile
U-mobile SUPER Talk M 2,980円
(1年間のみ)
112.5Mbps6GB/月
(2年間のみ)
1枚Y!mobile
U-mobile SUPER Talk L 4,980円
(1年間のみ)
112.5Mbps14GB/月
(2年間のみ)
1枚Y!mobile

※表は横スクロールしてご覧ください。

3GB・5GBのプランの安さは十分だし、二段階定額の「ダブルフィックス」プランも面白いプラン。通話もするし、ある程度ネットも使う、という方に合っているだろう。

高速通信の利用量に上限が無い「LTE使い放題」プランがあるのも大きな特徴。月次プランに比べると通信の安定性では若干劣るようだが、音声通話もできてデータ通信もガンガン使えて料金もお手頃。力強いプランと言えるだろう。

通話サービス「U-CALL」を利用することで、半額の通話料で電話することができるのもポイントだ。

25GB/月という大容量を使える「U-mobile MAX 25GB」もある。

「U-mobile SUPER」はワイモバイルのMVNOであり、スペック的にも本家ワイモバイルとほぼ同じ。月額料金は他のプランに比べてやや高いが、1回につき10分以内の通話であれば月に何回でも定額でかけることができるぞ。

UQ mobile

UQ mobileのスクリーンショット

KDDIグループの会社が運営する、注目の格安SIM!

WiMAXでも知られるUQコミュニケーションズが提供するMVNOのモバイル通信サービス。SIMサービスには大きく分けると月間3GBの高速通信が使えるプランと、低速だが無制限に使えるプランがあり、どちらも需要は高い。無料通話分や端末割引がセットになった「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」もある。他社の通信サービスに正面から対抗したサービスだ。通信品質の高さでも評価が高く、実効速度は格安SIMの中でもトップクラスと言われている。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランS
13ヶ月目まで:1,980円
14ヶ月目以降:2,980円
150Mbps13ヶ月目まで:2GB/月
14ヶ月目以降:1GB/月
1枚au
おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランM
13ヶ月目まで:2,980円
14ヶ月目以降:3,980円
150Mbps13ヶ月目まで:6GB/月
14ヶ月目以降:3GB/月
1枚au
おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランL
13ヶ月目まで:4,980円
14ヶ月目以降:5,980円
150Mbps13ヶ月目まで:14GB/月
14ヶ月目以降:7GB/月
1枚au
データ高速+音声通話プラン 1,680円150Mbps3GB/月1枚au
データ無制限+音声通話プラン 2,680円500kbps不可1枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

mineoに続いて登場したau回線のSIM。3GB/月のプランと、通信速度500kbpsで無制限に通信ができるプランの2つから選べる。

コストパフォーマンスはdocomoのSIMとだいたい同じ。auのAndroidスマホを持っている方なら、SIMロックを解除してこのSIMを刺して使うのも良いだろう。

mineo

mineoのスクリーンショット

docomo・auのキャリアを選べるMVNO。機能も充実!

光回線の「eo光」などを展開している関西のプロバイダ、ケイ・オプティコムが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。docomo回線・au回線の両方のプランが用意されている。データ容量を家族で共有できる「パケットシェア」、誰とでもデータ容量を送り合える「パケットギフト」、それに「複数回線割」「家族割」など、機能的にもとても充実しているのもメリット。サービス内容で選ぶ価値のある格安SIMといえよう

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
ドコモプラン デュアルタイプ 500MB 1,400円225Mbps500MB/月1枚docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 1GB 1,500円225Mbps1GB/月1枚docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 3GB 1,600円225Mbps3GB/月1枚docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 5GB 2,280円225Mbps5GB/月1枚docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 10GB 3,220円225Mbps10GB/月1枚docomo
auプラン デュアルタイプ 500MB 1,310円225Mbps500MB/月1枚au
auプラン デュアルタイプ 1GB 1,410円225Mbps1GB/月1枚au
auプラン デュアルタイプ 3GB 1,510円225Mbps3GB/月1枚au
auプラン デュアルタイプ 5GB 2,190円225Mbps5GB/月1枚au
auプラン デュアルタイプ 10GB 3,130円225Mbps10GB/月1枚au

※表は横スクロールしてご覧ください。

ドコモプラン、auプランの両方が選べるmineoで、音声通話が利用できる「デュアルプラン」は高速通信データ量に応じた各4種類のプランから選ぶことができる。

特にauプランは、データ専用SIMと比べて月額料金が610円しか違わないのがポイントで、お得に音声通話SIMを選べるのが魅力。

同社のIP電話サービス「LaLa Call」が月額基本料金無料で使えるようになるのもメリット。同じLaLa Call同士なら通話料がかからないので、ご家族との通話にはそちらを使い、それ以外の通話には090/080番号の音声通話を使う、といったように使い分けるのも良いだろう。

高速通信のON/OFF切り替えや翌月繰り越しなど、データ通信においてはIIJmioに似た多機能さがあり、その点もGOOD。

NifMo

NifMoのスクリーンショット

付加サービスによる「おトクな仕組み」が魅力のSIM!

@niftyのニフティ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。音声通話対応プランも選べる通信サービスもさることながら、割引制度や付加サービスが充実しており、中でも専用アプリ経由でショッピングをすると毎月の料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」が非常に特徴的。公衆Wi-Fiサービスが追加料金なしで利用できるメリットもある。老舗プロバイダによる確かな品質と安さを備えた格安SIMだ

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
音声通話対応 1.1GBプラン 1,340円375Mbps1.1GB/月1枚docomo
音声通話対応 3GBプラン 1,600円375Mbps3GB/月1枚docomo
音声通話対応 7GBプラン 2,300円375Mbps7GB/月1枚docomo
音声通話対応 13GBプラン 3,500円375Mbps13GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

3GB/月のプランだけでなく、7GB/月や13GB/月のプランも十分に安くなったほか、「@nifty接続サービス セット割」や「機器セット割」などさまざまな割引が実施されている

割引にはそれぞれ条件があるので、詳しくは当サイトの解説ページや公式サイトをしっかりチェックして欲しい。料金体系が若干複雑なことに抵抗が無い方であれば有力な候補となるだろう。

IP電話によるかけ放題サービス「NifMoでんわ」も魅力。国内宛であれば月額1,300円を追加することで利用することができる。そのため、通常の音声通話よりもこちらをメインに使うという手もある。

付加サービスも面白く、また老舗プロバイダの安心感も抜群。キャンペーンが行われていることがあり、その時は申し込みのチャンスだ。

DTI SIM

DTI SIMのスクリーンショット

安さにこだわるMVNO。お得さではどこにも負けない!

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。他社にあるサービスを、少し遅れて料金を安くして提供開始してくることが多いが、時にはユニークなサービスをリリースしてくることも。主なプランは、シンプルな月次プランおよびデータ無制限プラン。通話定額が使えるオプション「でんわかけ放題」や、新規契約者向けに割引された「でんわ定額プラン」「半年お試しプラン」が用意されているところも特徴。お得なキャンペーンも要チェック。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
音声プラン 1GB 1,200円225Mbps1GB/月1枚docomo
音声プラン 3GB 1,490円225Mbps3GB/月1枚docomo
音声プラン 5GB 1,920円225Mbps5GB/月1枚docomo
音声プラン 10GB 2,800円225Mbps10GB/月1枚docomo
音声プラン 15GB 4,300円225Mbps15GB/月1枚docomo
音声プラン 20GB 5,550円225Mbps20GB/月1枚docomo
音声プラン ネットつかい放題 2,900円225Mbps無制限1枚docomo
でんわ定額プラン 2,270円
最初の半年間は1,480円
225Mbps3GB/月1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

月次プランと「ネットつかい放題」のどちらでも音声プランが用意されており、月額料金の安さではピカイチ。DMMモバイルに追いつけ追い越せといった値下げ合戦が行われることも。

このままでもお得ではあるが、月額780円のオプション「でんわかけ放題」をつければ、1回につき5分以内の国内通話が何回でもかけ放題になり、電話を頻繁にかける方にとってはさらにお得に。

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEのスクリーンショット

定額無制限プランが強み。プロバイダの信頼性も高い!

NTTぷららが提供するMVNOの通信サービス。2種類の定額プランと、定額無制限プラン、二段階定額プランという計4種類の構成で、特に「定額無制限プラン」は登場した時から大人気。それ以外にも、セキュリティ機能が無料で利用できるほか、「ひかりTVエントリープラン」が追加料金なしで楽しむことができるのがメリット。ネットを楽しむのに適した格安SIMだ。信頼性も高い。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
定額無制限プラン【音声通話プラス】 3,460円3Mbps無制限1枚docomo
定額(7GB)プラン【音声通話プラス】 2,586円150Mbps7GB/月1枚docomo
定額ライトプラン【音声通話プラス】 1,600円150Mbps110MB/日1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

最大受信速度3Mbpsでネットを使い放題の「定額無制限プラン」、7GB/月の「定額(7GB)プラン」、そして110MB/日の「定額ライトプラン」の3つで音声通話に対応することができる。

特に1つ目の「定額無制限プラン」の人気が高い。月額料金は3,460円かかるが、ネットを安定して使えてかつ通話もできる強力なプランだ

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルのスクリーンショット

細かい段階制プラン。SIMカード3枚コースも充実!

ポータルサイトで有名なエキサイトが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。エキサイトは元々は米Excite Inc.の日本法人だったが、現在は伊藤忠商事の子会社となっている。エキサイトモバイルの良いところは、10段階以上にも細かく分けられた段階制プラン、そして1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えるコースにある。データ容量を無駄なく利用したい方、複数の端末を所有する方にはもってこいの格安SIMだ。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
最適料金プラン 1枚コース500円~
2,380円
300Mbps0MB/月~
10GB/月
1枚docomo
最適料金プラン 3枚コース1,050円~
3,980円
300Mbps100MB/月~
15GB/月
3枚~5枚docomo
定額プラン 1枚コース 1GB670円300Mbps1GB/月1枚docomo
定額プラン 1枚コース 2GB770円300Mbps2GB/月1枚docomo
定額プラン 1枚コース 3GB900円300Mbps3GB/月1枚docomo
定額プラン 1枚コース 9GB2,250円300Mbps9GB/月1枚docomo
定額プラン 1枚コース 20GB4,750円300Mbps20GB/月1枚docomo
定額プラン 1枚コース 30GB6,980円300Mbps30GB/月1枚docomo
定額プラン 1枚コース 40GB9,980円300Mbps40GB/月1枚docomo
定額プラン 1枚コース 50GB13,800円300Mbps50GB/月1枚docomo
定額プラン 3枚コース 1GB1,260円300Mbps1GB/月3枚~5枚docomo
定額プラン 3枚コース 2GB1,450円300Mbps2GB/月3枚~5枚docomo
定額プラン 3枚コース 3GB1,680円300Mbps3GB/月3枚~5枚docomo
定額プラン 3枚コース 9GB2,460円300Mbps9GB/月3枚~5枚docomo
定額プラン 3枚コース 20GB5,180円300Mbps20GB/月3枚~5枚docomo
定額プラン 3枚コース 30GB7,480円300Mbps30GB/月3枚~5枚docomo
定額プラン 3枚コース 40GB10,280円300Mbps40GB/月3枚~5枚docomo
定額プラン 3枚コース 50GB14,180円300Mbps50GB/月3枚~5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※SIM1枚につき月額700円で音声対応が可能

音声通話がオプションとなっており、SIM1枚につき月額料金に700円をプラスすれば使えるようになる。

エキサイトモバイルで注目なのは、段階制の「最適料金プラン」だ。1ヶ月のうちに使った高速データ通信量に応じて月額料金が決まるシステムになっており、データ通信も従量制のように使うことができる。

「最適料金プラン 1枚コース」なら音声通話付きで月額1,200円から利用することができるぞ。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカードのスクリーンショット

Wi-Fiスポットも使える、一石二鳥のお得なサービス!

公衆無線Wi-Fiサービスで成長を続ける株式会社ワイヤレスゲートが提供する、MVNO方式のモバイル通信サービス。格安の月額料金でLTEデータ通信が使い放題のプランがあること、そして同社の強みでもあるWi-Fiスポット接続サービスがセットになっていることが特徴となっている。他社に無いサービスで注目を集める格安SIMだ

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
音声+Fonプレミアムプラン 2,760円
(税込2,980円)
3Mbps無制限1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

LTEの通信速度が最大3Mbpsの「音声+Fonプレミアムプラン」がある。月間のデータ通信量に制限が無いことに加えて、Wi-Fiスポットが利用できることが大きな魅力。特にWi-Fiスポットの多い都市部で活動されている方は有効活用できることだろう。音声通話だけでなくネットの使いやすさを考慮するなら、これも有力な選択肢だ。

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」と比べて、料金的にも少し安くなっている。

なお、最低利用期間が無い(解約時の違約金が不要)代わりにMNP転出の際の転出料が11,000円(契約から12ヶ月間)と高く設定されている。長く利用する方であれば問題は無いだろうが、数ヶ月だけ利用してまた他のSIMに移る可能性がある方は気をつけておきたいポイントと言える。

b-mobile

b-mobileのスクリーンショット

MVNOの先駆け。SoftBank回線の格安SIMも登場!

日本におけるMVNOの先駆け、日本通信が提供するモバイル通信サービス。SoftBank回線の格安SIMの提供も実現し、業界に新たな1歩を刻んでいる。docomo回線の格安SIMでもユニークな五段階定額プラン、それに携帯電話(ガラケー)用のプランなど、さまざまなものが用意されている。プラン構成が変わることの多いサービスではあるが、常に試行錯誤を続けている証と言えるだろう。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
b-mobile おかわりSIM
5段階定額 音声付
1,300円~
2,300円
225Mbps1GB/月~
5GB/月
1枚docomo
b-mobile SIM 25GB定額 音声付 3,180円不明25GB/月1枚docomo
携帯電話SIM(無料通話1,300円分) 1,290円不可不可1枚docomo
携帯電話SIM(無料通話2,700円分) 2,290円不可不可1枚docomo
携帯電話SIM(無料通話5,000円分) 3,710円不可不可1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

段階制料金の「おかわりSIM 5段階定額」や、高速通信がたっぷりの「25GB定額」で音声通話プランが用意されているほか、なんとフィーチャーフォン(ガラケー)向けの「携帯電話SIM」がある

「携帯電話SIM」は3つのプランから選べるので、ご自身の利用頻度によって決めよう。音声通話とSMSに特化しており、データ通信は使えないが、そのぶん料金体系がシンプルなため、そこは大手キャリアのわかりにくい料金プランに比べれば安心できるポイントだろう。

「おかわりSIM 5段階定額」や「25GB定額」は十分な安さが魅力的ではあるが、データ通信については実効速度がイマイチであるとの声もあるので、そこは気をつけておきたいところ。

nuroモバイル

nuroモバイルのスクリーンショット

新しくシンプルなサービス。基本無料の「0 SIM」も!

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。1GBきざみのわかりやすいプラン仕様の「nuroモバイル」がメイン。とにかく難しいことを考えずに使えるのは魅力。そして月に500MBまでなんと無料で使える「0 SIM」は登場した時、その斬新さで一躍話題となった。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
nuroモバイル 音声通話 2GB 1,400円375Mbps2GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 3GB 1,600円375Mbps3GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 4GB 1,800円375Mbps4GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 5GB 2,000円375Mbps5GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 6GB 2,200円375Mbps6GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 7GB 2,400円375Mbps7GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 8GB 2,600円375Mbps8GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 9GB 2,800円375Mbps9GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 10GB 3,000円375Mbps10GB/月1枚docomo
nuroモバイル 音声通話 時間プラン 3,200円375Mbps無制限
(毎日5時間まで)
1枚docomo
0 SIM データ+音声プラン 700円~
2,300円
225Mbps500MB/月~
5GB/月
1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

2GB/月から10GB/月まで、1GBきざみで200円ずつ上がるnuroモバイル。料金体系がとてもわかりやすくて好感が持てる。

5分かけ放題オプションも登場し、他社にしっかりと追従している。

話題の「0 SIM」にも音声対応プランがある。データ通信が月間500MB未満であれば月額料金はなんと700円。業界でもこれ以上無いぐらいの安さだ。

イオンモバイル

イオンモバイルのスクリーンショット

プラン数と低価格で勝負する、イオンの格安SIM!

イオンリテールが販売するMVNOのモバイル通信サービス。少ない容量から超大容量まで、幅広いプランの選択肢があり、安さも素晴らしい。最大5枚までSIMカードを使えるシェアプランも用意されているので、ご家族での利用も◎。店舗でもネットでも申し込みが可能で、イオンの全国200店舗以上でアフターサービスが受けられる安心感もある。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
音声500MBプラン 1,130円375Mbps500MB/月1枚docomo
音声1GBプラン 1,280円375Mbps1GB/月1枚docomo
音声2GBプラン 1,380円375Mbps2GB/月1枚docomo
音声4GBプラン 1,580円375Mbps4GB/月1枚docomo
音声6GBプラン 1,980円375Mbps6GB/月1枚docomo
音声8GBプラン 2,680円375Mbps8GB/月1枚docomo
音声12GBプラン 3,280円375Mbps12GB/月1枚docomo
音声20GBプラン 4,680円375Mbps20GB/月1枚docomo
音声30GBプラン 6,080円375Mbps30GB/月1枚docomo
音声40GBプラン 7,980円375Mbps40GB/月1枚docomo
音声50GBプラン 10,800円375Mbps50GB/月1枚docomo
シェア音声4GBプラン 1,780円~375Mbps4GB/月最大5枚docomo
シェア音声6GBプラン 2,280円~375Mbps6GB/月最大5枚docomo
シェア音声8GBプラン 2,980円~375Mbps8GB/月最大5枚docomo
シェア音声12GBプラン 3,580円~375Mbps12GB/月最大5枚docomo
シェア音声20GBプラン 4,980円~375Mbps20GB/月最大5枚docomo
シェア音声30GBプラン 6,380円~375Mbps30GB/月最大5枚docomo
シェア音声40GBプラン 8,280円~375Mbps40GB/月最大5枚docomo
シェア音声50GBプラン 11,100円~375Mbps50GB/月最大5枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

ご覧の通り、非常に多くのプランが揃っている。少ないものは500MB/月から、多いものでは50GB/月まで選び放題。しかも、どのプランを見ても業界トップクラスの安さだ。

最大5枚のSIMカードを使える「シェア音声プラン」もあり、こちらは4GB/月から50GB/月まで選ぶことができる。

hi-ho LTE typeD

hi-ho LTE typeDのスクリーンショット

3GB/月でSIM3枚を使えるプランが安い!

IIJグループに属する株式会社ハイホーが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。3GB/月でSIM3枚のプランや、より安い2GB/月のプランなどが用意されており、親会社のIIJにはない特徴を出している。データ容量の翌月繰り越しやバースト機能などにもばっちり対応。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
エントリー770円300Mbps2GB/月1枚docomo
ミニマムスタート933円300Mbps3GB/月1枚docomo
アソート1,409円300Mbps3GB/月最大3枚docomo
ファミリーシェア2,838円300Mbps10GB/月最大3枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

※SIM1枚につき月額700円で音声対応が可能

月額料金に700円をプラスすれば音声通話機能を使用可能。

「アソート」と「ファミリーシェア」でSIMカードを3枚まで使うことができる。特に3GB/月の「アソート」はなかなかお得

Y!mobile

Y!mobileのスクリーンショット

通話無料サービスが特徴。キャンペーンも充実!

Y!mobile(ワイモバイル)は、イーモバイルとウィルコムが合併し、ヤフーと業務提携して誕生。現在はソフトバンク株式会社が運営している通信サービスである。SIMはその1つで、特に通話無料サービスが他社のSIMに無い大きなメリットとなっている。料金体系が少々ややこしいのがネックだが、キャンペーンや割引制度が充実していて、それを考慮すればコストパフォーマンスにも優れている。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
スマホプランS 1,980円~
(1年間のみ)
112.5Mbps2GB/月
(2年間のみ)
最大3枚Y!mobile
スマホプランM 2,980円~
(1年間のみ)
112.5Mbps6GB/月
(2年間のみ)
最大3枚Y!mobile
スマホプランL 4,980円
(1年間のみ)
112.5Mbps14GB/月
(2年間のみ)
最大3枚Y!mobile

※表は横スクロールしてご覧ください。

※月額料金は「スマホプラン割引」適用後のもの

1回あたり10分以内の国内通話を月に何回でもかけることができる通話無料サービスが最大の魅力。

さらに月額1,000円の「スーパーだれとでも定額」オプションをつければ、10分以内という通話時間の制限もなくなり、文字通り「使い放題」になる。ご家族で使うにもよし、仕事で使うにもよし。

回線はY!mobileのものを使用する。SIMはmicroSIM・nanoSIMが選べる。SIMフリーのiPhone 6でも接続実績リストに入っており、利用が可能だ。

もしもシークス

もしもシークスのスクリーンショット

世界のHAPPYを目指す、SIM業界のチャレンジャー!

2013年10月に設立されたエックスモバイル株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。無料通話分を含むプランをMVNOとして国内で初めて提供。またSIMと合わせて、独自のルートで調達したというiPhoneを販売しており、そのことでネットユーザーを驚かせたことも。毎月の通信料金の1%を途上国に寄付する活動も行っている。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
音声プラン 980円~不明0.5GB/月~1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

MVNOとして初めて通話定額プランを提供開始した、もしもシークス。基本プランとなる「音声プラン」に「かけたい放題ライト」または「かけたい放題フル」を追加することができる。

「かけたい放題ライト」は月額850円で5分以内の通話が定額でかけ放題。「かけたい放題フル」は月額1,800円で基本的には回数・時間ともに定額で無制限にかけ放題となる(ただし短時間で大幅な利用には制限がかかる場合あり)。

「音声プラン」に「かけたい放題フル」をつけても月額料金は3,000円に満たない。この料金でいくらでも電話をかけられるのだから、営業の仕事などで頻繁に電話をかける方にはぴったり。

懸念点があるとすれば、大手のソフトバンクモバイルが運営するY!mobileに対して、こちらの運営会社は設立して間もない小さなベンチャー企業。もしもシークスを使う場合は、人柱になる覚悟が必要になるかも。

@モバイルくん。

@モバイルくん。のスクリーンショット

3G使い放題プランにオートチャージ等、個性が光るSIM!

SORAシム株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。親しみやすいネーミングが良い。オートチャージの機能を持った段階制の「もっと使ったぶ〜んだけプラン」や、無制限で3Gによるデータ通信ができ、旧世代の通信方式ながらそこそこの速度を出すことができる「3G使い放題プラン」など、特徴的なプランが光る格安SIMである

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数回線
もっと使ったぶ~んだけプラン 1,200円~300Mbps500MB/月~1枚docomo
通話もできる10GBプラン 5,000円~300Mbps10GB/月~1枚docomo

※表は横スクロールしてご覧ください。

「もっと使ったぶ〜んだけプラン」は月額料金が1,200円から使えるというプランである

高速通信を500MB/月から利用できるのもポイント。オートチャージの仕組みがあり、500MBを超えてデータ通信を使った時は自動的にデータ容量がチャージされ、1GBチャージまでは500MBごとに500円、2GBチャージまでは500MBごとに400円、それ以降は500MBごとに300円ずつ加算されていく。チャージ料金はあいにく安いとは言えないので、いざという時以外はできるだけ節約したいところ。

オートチャージの上限はユーザー側で設定できるので、使いすぎの心配は無く、そのあたりは安心。

利用に応じて「@ポイント」を獲得でき、そのポイントを月額料金の支払いやデータ容量の追加に充てることもできるお得な制度もある。