月1,000円以下でスマートフォンを使える時代に!

料金や通信速度、機能などから比較し、格安SIM選びをサポート

au回線の格安SIMカードを比較

au回線の個人向け格安SIMとしては「mineo」「UQ mobile」に続いて「IIJmio」も参入し、競争がだんだんと活発になってきた。プラン構成や機能にはそれぞれ特徴があるので、ここで比較してみよう。

これまでauのスマホを使っていた方は、docomoのSIMよりもこちらの方が適している(auのスマホは例えSIMロック解除できたとしても、docomoの回線とは利用周波数が合わないなどの問題が起きる可能性があるため)。

docomoのSIMと料金的には変わらない。他にもSMSが基本料無料であること、またauの回線は建物の中でも電波が届きやすいと言われるプラチナバンドに強い、といった特徴もあるぞ。

UQ mobile

UQ mobileのスクリーンショット

KDDIグループの会社が運営する、注目の格安SIM!

WiMAXでも知られるUQコミュニケーションズが提供するMVNOのモバイル通信サービス。SIMサービスには大きく分けると月間3GBの高速通信が使えるプランと、低速だが無制限に使えるプランがあり、どちらも需要は高い。無料通話分や端末割引がセットになった「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」もある。他社の通信サービスに正面から対抗したサービスだ。通信品質の高さでも評価が高く、実効速度は格安SIMの中でもトップクラスと言われている。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数
おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランS
13ヶ月目まで:1,980円
14ヶ月目以降:2,980円
150Mbps13ヶ月目まで:2GB/月
14ヶ月目以降:1GB/月
1枚
おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランM
13ヶ月目まで:2,980円
14ヶ月目以降:3,980円
150Mbps13ヶ月目まで:6GB/月
14ヶ月目以降:3GB/月
1枚
おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランL
13ヶ月目まで:4,980円
14ヶ月目以降:5,980円
150Mbps13ヶ月目まで:14GB/月
14ヶ月目以降:7GB/月
1枚
データ高速プラン980円150Mbps3GB/月1枚
データ高速+音声通話プラン 1,680円150Mbps3GB/月1枚
データ無制限プラン1,980円500kbps不可1枚
データ無制限+音声通話プラン 2,680円500kbps不可1枚

※表は横スクロールしてご覧ください。

mineoより後に登場したUQ mobile。SIMカードはVoLTE対応/非対応を選択可能。

プランのバリエーションは少ないがいずれも魅力的。3GB/月のプランなら多くの方にとってちょうど良いデータ量を使えるだろう。

また「データ無制限プラン」なら割と安い料金でデータ量の上限無しに利用可能。通信速度が500kbpsで、軽めの通信であればさほど困らないくらいの速さである点もGOOD。このあたりがmineoには無いポイントと言えるだろう。

mineo

mineoのスクリーンショット

docomo・auのキャリアを選べるMVNO。機能も充実!

光回線の「eo光」などを展開している関西のプロバイダ、ケイ・オプティコムが提供する、MVNOのモバイル通信サービス。docomo回線・au回線の両方のプランが用意されている。データ容量を家族で共有できる「パケットシェア」、誰とでもデータ容量を送り合える「パケットギフト」、それに「複数回線割」「家族割」など、機能的にもとても充実しているのもメリット。サービス内容で選ぶ価値のある格安SIMといえよう

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数
auプラン シングルタイプ 500MB700円225Mbps500MB/月1枚
auプラン シングルタイプ 1GB800円225Mbps1GB/月1枚
auプラン シングルタイプ 3GB900円225Mbps3GB/月1枚
auプラン シングルタイプ 5GB1,580円225Mbps5GB/月1枚
auプラン シングルタイプ 10GB2,520円225Mbps10GB/月1枚
auプラン デュアルタイプ 500MB 1,310円225Mbps500MB/月1枚
auプラン デュアルタイプ 1GB 1,410円225Mbps1GB/月1枚
auプラン デュアルタイプ 3GB 1,510円225Mbps3GB/月1枚
auプラン デュアルタイプ 5GB 2,190円225Mbps5GB/月1枚
auプラン デュアルタイプ 10GB 3,130円225Mbps10GB/月1枚

※表は横スクロールしてご覧ください。

新プランや新料金を次々と打ち出し、人気が上昇しているmineo。今後au回線の格安SIMで主流になることが期待できる。

1GB/月で月額800円のプランが優秀。外出先での利用が少ない方はこれを選ぶのがおすすめだ。そして3GB/月のプランもUQ mobileよりも料金が安くなった。データ量多めの5GB/月や10GB/月のプランも用意されている。

当月中に使い残したデータ通信量を翌月に繰り越せるほか、「パケットシェア」や「パケットギフト」など多くの機能があるのもメリット。利便性に優れた格安SIMだ。

こちらもSIMカードはVoLTE対応/非対応を選べる。

IIJmio

IIJmioのスクリーンショット

優れたプランとサービス品質の高さで業界をリード!

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。読み方は「アイアイジェイ・ミオ」。音声通話機能のあるプランは「みおふぉん」という愛称で親しまれている。余ったデータ容量の翌月繰り越しやバースト転送機能など、かゆいところに手の届く機能をいち早く取り入れてきた。全プランが複数SIMに対応しているメリットもあるし、お得な2つの通話定額オプションも魅力的。柔軟性が持ち味の格安SIMだ。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数
タイプA ミニマムスタートプラン900円~370Mbps3GB/月最大2枚
タイプA ライトスタートプラン1,520円~370Mbps6GB/月最大2枚
タイプA ファミリーシェアプラン2,560円~370Mbps10GB/月最大10枚
タイプA ミニマムスタートプラン
(音声通話機能つき)
1,600円~370Mbps3GB/月最大2枚
タイプA ライトスタートプラン
(音声通話機能つき)
2,220円~370Mbps6GB/月最大2枚
タイプA ファミリーシェアプラン
(音声通話機能つき)
3,260円~370Mbps10GB/月最大10枚

※表は横スクロールしてご覧ください。

長らくmineoとUQ mobileの2強だったau回線の格安SIMだが、2016年10月よりIIJmioからもリリースされた。

どのプランも月額料金は同社のdocomo回線のプラン「タイプD」と同じ。またmineoと比べてもほぼ同じくらいとなっている。

MVNO業界をリードしているIIJmioだけにサービス内容のレベルは高い。全プランで複数SIMに対応しているほか、通話料を半額にできる「みおふぉんダイヤル」や、既定の時間/回数の音声通話がかけ放題になる「通話定額オプション」を利用することができるなど、メリットがたくさん。

ただSIMカードはVoLTE対応のみなので、VoLTE非対応の機種をお持ちの方は他のサービスを選ぼう。

まだまだあります

Fiimo

Fiimoのスクリーンショット

キャンペーン特典で選ぶ価値のある格安SIM!

四国電力の子会社、STNetが提供するMVNOのモバイル通信サービス。docomo回線(Dプラン)とau回線(Aプラン)を選択できるほか、余ったデータ容量を「パケット繰り越し」により翌月に繰り越したり、「パケットシェア」により家族で分け合えたりと、ケイ・オプティコムのmineoに近い特徴を持っている。時期によってはかなりお得なキャンペーンが行われることがある点も見どころ。

プラン名月額料金最大受信速度高速通信容量SIM枚数
Aプラン データ通信タイプ 3GB900円225Mbps3GB/月1枚
Aプラン データ通信タイプ 5GB1,600円225Mbps5GB/月1枚
Aプラン データ通信タイプ 10GB2,650円225Mbps10GB/月1枚
Aプラン 音声&データ通信タイプ 3GB 1,600円225Mbps3GB/月1枚
Aプラン 音声&データ通信タイプ 5GB 2,300円225Mbps5GB/月1枚
Aプラン 音声&データ通信タイプ 10GB 3,350円225Mbps10GB/月1枚

※表は横スクロールしてご覧ください。

知名度の低いSIMだが、mineoを上回る割引キャンペーンが行われたことにより、一部で話題となっている。

3GB/月、5GB/月、10GB/月の3種類があり、いずれもコストパフォーマンスは十分。

J:COM MOBILE

J:COM MOBILEのスクリーンショット

同社の動画配信サービス利用なら通信量カウント無し!

ジュピターテレコム(J:COM)が提供するMVNOのモバイル通信サービス。SIM単体としては3GB/月のdocomo回線プランがあり、この他に折りたたみ型Androidスマホ(いわゆるガラホ)とセットでau回線のプランもある。J:COM TV会員向けの動画配信サービス「J:COMオンデマンド」のアプリ利用時にデータ通信量がカウントされないというのが特徴(ただし直近3日間で3GBを超えると速度制限あり)。

スマホセットを選んだ場合のみau回線となる。SIM単体を選んだ場合はdocomo回線になるので注意。このように少々ややこしい点は今後改善してほしいところ。

同社の動画配信サービスを利用している方や、利用を検討している方には選択肢に入れても良さそう。

その他

Apple SIM
auの「LTEデータプリペイド」に対応。